胃のむかつきが続くと危険?考えられる病気や原因、病院へ行くべき場合

胃 むかつき
  • LINEで送る

【職務経歴】
平塚共済病院
小田原銀座クリニック
久野銀座クリニック

日常生活の中でふとしたときに、胃のむかつきをおぼえたことがある人は多いのではないでしょうか?これは、胃の異常を知らせるサインかもしれません!

胃はとてもデリケートな臓器なので、食事が不規則になってしまったり、過度のストレスを抱え込んだりすると大きな負担をかけてしまい、予期せぬ病気を引き起こすこともあります。

この記事では、胃のむかつきの原因や発症する可能性がある病気についてとその予防方法についてご紹介します。

胃のむかつきを引き起こす9つの病気と原因

胃のむかつき

1.急性胃炎

胃酸過多になることで、胃の粘膜が一時的に荒れてしまい、胃のむかつきや吐き気等の症状が出現します。

原因

食べ過ぎ、飲みすぎ、喫煙、過度のストレス 等

2.胃潰瘍、十二指腸潰瘍

ストレスや過労等で自律神経の働きが低下すると、胃酸と胃粘膜のバランスが崩れてしまい胃酸過多の状態になり、胃酸が胃粘膜に傷を付けてしまうことが原因と考えられています。

原因

ピロリ菌の感染 等

3.逆流性食道炎

逆流性食道炎は、食道の機能が衰えてしまい、強酸の胃液や胃の中の食べ物が食道に逆流して炎症をおこし、びらんや潰瘍ができてしまう病気です。

原因

胃酸の増加、食道の運動機能低下 等

4.つわり

女性の場合は、妊娠初期につわりにより胃がむかつくことがあります。

つわりは、妊娠すると女性ホルモンが分泌され、その影響で胃が弱まり食欲不振になります。

そして空腹感を感じ、胃酸が出てその胃酸により胃がむかむかするという症状が出現します。

5.狭心症、心筋梗塞

胃の不調によるむかつきと思っていても、本当は心臓疾患が原因だったということもあります。

狭心症・心筋梗塞は、冠動脈の血液の流れが悪化して、心臓が酸欠状態となり激しい胸痛をひきおこす病気です。血流が不十分な場合は狭心症、ほとんど血液が流れなくなると心筋梗塞となります。

狭心症の場合は数十分、心筋梗塞の場合は30分以上発作が続きます。

6.感染性胃腸炎、ノロウイルス

生ものを食べた後に胃のむかつきを感じたら、感染性胃腸炎、ノロウイルスの可能性があります。

感染性胃腸炎とは、細菌やウイルス、寄生虫などが原因で胃腸に炎症が起こります。ノロウイルスは感染性胃腸炎の1つで、ノロウイルスが経口感染によってヒトの腸管で増殖し、嘔吐、下痢、腹痛などを起こします。

7.胃がん

胃がんは、胃の内側にある粘膜の細胞が何らかの理由でがん細胞に変化する病気です。

原因

不摂生な食事、飲みすぎ、喫煙、過度のストレス、ピロリ菌感染 等

8.虫垂炎(盲腸)

虫垂炎が原因で胃のむかつきを感じることがあります。

虫垂炎は、盲腸とも言われ、大腸の盲腸部分が炎症を起こし、右下腹部の痛みを訴える病気です。

9.機能性ディスペプシア

検査をしても異常が発見されないのに、胃のむかつき等の不快感があるとき機能性ディスペプシアを疑います。

慢性的に胃の痛みや胃もたれなどの症状があるにもかかわらず、検査しても原因がわからない病気が機能性ディスペプシアです。

原因

胃の機能が低下することで、食べた物が胃から排泄されづらくなり、胃のむかつき等の症状が現れます。

また胃酸過多になったり、胃が過敏になり、刺激に過剰反応したりすることも原因といわれています。

10.その他

病気以外にも、前日の夕飯を食べた時間が遅かったことで、食べた物が消化されず胃の中に留まってしまいむかつきを感じることがあります。

胃がむかつく時、すぐに病院へ行くべき場合とは?

胃のむかつきの原因が、明らかな食べ過ぎや、軽い疲労からくるストレスなど、ご自身で原因が想定できる場合は、市販薬やセルフケアで対応することもできます。しかし、中には注意しなければならない場合もあります。

1.胃のむかつき、みぞおちの痛みが続く場合

胃のむかつきやみぞおち周辺の痛み等の症状が続いている場合は「胃潰瘍」「十二指腸潰瘍」の可能性があり、放置すると危険です。胃の中で出血してしまうなどの合併症を引き起こす可能性があります。

2.右下腹部の痛みがある場合

胃のむかつきとともに、右下腹部の痛みがある場合は「虫垂炎」の可能性があります。気付かず我慢して放置してしまうと、腹部全体に炎症が広がり重篤な状態になることがあります。

4.急激に胸痛や胸に圧痛がある場合

急激な胸の痛みが起こった場合、「狭心症」や「心筋梗塞」のこともあります。心臓の病気なので胃がむかつく症状は出ないだろうと勘違いして見過ごすと、症状が悪化してしまうことがあります。

5.吐き気等がある場合

胃がんは初期症状に気付きにくいといわれていますが、その中でも胃のむかつきが続くことや吐き気等の症状は胃がんの症状で出やすいので、少しでも気になる症状がある場合は受診することをおすすめします。

6.喉の渇き、体重減少、血糖値が高めの場合

喉の渇き、体重減少、血糖値が高めなど、糖尿病のリスクがあります。

糖尿病の自律神経障害の合併症として胃のむかつきを感じることがあります。

胃のむかつきの対処方法

胃のむかつきの対処法は、原因によりまったく異なります。場合によっては、対処法を間違えると逆効果のこともあるので注意が必要です。

また、薬に頼りすぎると、逆に胃への負担を増やしてしまうことにもなりかねないので、毎日の食事内容の見直し、改善をしていくことも重要です。

1.胃の機能低下には、消化を促進する薬

胃の運動機能が低下して、消化がとどこおることで起こる胃のむかつき感は、「ぜん動運動」という、消化するときの胃の伸縮運動をうながします。胃の機能を活性化する「消化機能調整剤」や、「健胃剤」を使用します。

2.食べ過ぎには、「消化酵素剤」

食べ過ぎが原因で消化不良になり、胃のむかつきを起こしている場合は、消化酵素剤を使用すると、消化が促進されて消化不良が解消されるでの胃のむかつきを解消するために使われます。

3.疲労やストレスには、胃酸を抑える薬

疲労やストレスが原因で胃酸が過剰に分泌され、胃の粘膜が刺激を受けているような状況であれば、胃酸をおさえる「制酸剤」が配合されている薬をつかうと効果的です。

まとめ

胃の不調が続いているのに、「我慢できない程の痛みではないし、まさか病気ではないだろう」と放置していると、取り返しがつかない状態に陥る可能性があります。

また胃に不快感があることで不安をおぼえ、それが日々積もり大きなストレスとなり、さらに胃が不調になるという悪循環が生じることも考えられます。

胃から送られた「SOS」を見逃さずに、小さな異変にもしっかり対応することや、毎日の食生活、生活習慣を見直し改善することで早期に回復することも可能なので、ご自分の体調を把握し、無理や我慢をしないように気を付けることも大切ですね。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
コメント(オプション):

関連記事

  • LINEで送る

お近くの胃腸内科を検索!

ネット受付・予約もできる

病院検索サイト

ご自宅や職場の近くで胃腸内科を探したいときは、検索サイト『EPARKクリニック・病院』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を確認することができます。

EPARK
  • 科目をしぼって簡単検索♪
  • 充実の医院情報満載!
  • 待ち時間を削減!Web受付にも対応!

胃腸内科一覧へ!