二枚爪になる原因とは?貧血や病気のことも…!食生活やケアで改善を

二枚爪 原因
  • LINEで送る
長谷川佳子先生

監修者

小田原銀座クリニック

長谷川佳子 先生

北里大学医学部卒業
横浜市立大学臨床研修医を経て、横浜市立大学形成外科入局
横浜市立大学病院 形成外科、藤沢湘南台病院 形成外科
横浜市立大学附属市民総合医療センター 形成外科
を経て横浜栄共済病院 形成外科
平成26年よりKO CLINICに勤務
平成29年2月より小田原銀座クリニックに勤務

爪は、健康のバロメーターと言われ、爪の状態が健康状態を表しているといわれています。

健康な爪は半透明で、その下の皮膚の血流の色がうっすら見えます。しかし、病気や感染症になると、爪の厚みや色、形状も変化します。一度二枚爪になると繰り返しやすいため、日頃のケアが大切です。

この記事では、二枚爪を引き起こす生活習慣と、対処方法についてご紹介していきます。

二枚爪とは?原因となる生活習慣を解説!

1.二枚爪とは

爪 断面図

『二枚爪』は、爪の先が薄く剥がれてしまった状態です。

図のように爪は三層になっており、一番表面にある爪は「背爪」(トッププレート)、真ん中にある爪が「中爪」(ミドルプレート)、一番下にある爪が「腹爪」(アンダープレート)といい、通常はこの三層がしっかり重なっています。

しかし、乾燥や外からの刺激、生活習慣の乱れなどで爪の先端が薄く剥がれてしまうことがあります。

2.二枚爪の原因になる生活習慣

乾燥している

水仕事や洗剤、マニキュアを落とす際に使用する除光液などは、爪を乾燥させてしまいます。

乾燥することによって爪の水分が不足することが原因で、爪がもろくなったり、二枚爪になったりします。

外からの刺激

爪切り

爪を使ってものをつまむ、爪切りをするなど、爪に外からの刺激が加わることが原因で、二枚爪になりやすくなります。

特に、爪切りで爪を大きく切ると爪に対する負担は大きくなります。爪切りの刺激で、三層のプレート間に空気が入るため、二枚爪になりやすくなるのです。

爪切りで爪を切る場合は、大きく切るのではなく、少しずつ切ることで爪への負担を減らしてあげましょう。

栄養不足

タンパク質

爪の主成分は、皮膚と同じタンパク質です。

ですから、肉や魚介類、卵や大豆などに多く含まれているタンパク質が体内で不足すると、栄養素が爪にまで行き渡らず、二枚爪になりやすくなります。

過度なダイエットや偏食なども、二枚爪の原因となるので気をつけましょう。

血行の悪さ

女性に多い冷え症なども、二枚爪になる原因となります。

爪は、爪の根元にある「爪母」(そうぼ)という部分で作られています。

体が冷えることで血の巡りが悪くなると、爪が作られる爪母まで栄養分が行き届かず、もろい爪、二枚爪になりやすい爪が生えやすくなります。

貧血やバセドウ病など…病気の可能性も?

病気など体調不良が二枚爪の原因になる場合もあります。

例えば、貧血バセドウ病(甲状腺機能亢進症)などが挙げられます。

貧血は二枚爪に加え、スプーン爪とよばれる爪の中央が少しへこんだようになる症状が見られることもあります。

バセドウ病は爪の先が浮き上がり、白く見えるようになる爪甲剥離症が見られるケースもあります。

どうケアをする?二枚爪の対処法

二枚爪はそのままにしておいても治りません。

何もしなければ爪の先が薄い状態が続くだけでなく、どんどんひどくなってしまいます。二枚爪を悪化させないためにも、適切なケアをする必要があります。

1.爪切りに気をつける

爪切りは爪やすりを使う

爪やすり

爪切りは爪に負担がかかるため、爪を切る場合は、できる限り爪やすりで調えましょう。

爪やすりの正しい使い方ですが、横から見たときに斜め45度になるように爪に当て、一方向へ削るようにします。

爪切りを使う場合は?

爪やすりを使い慣れていない人、爪切りで爪を切りたい人は以下のことを注意をしてください。

・入浴後や手洗い後など、爪を柔らかくしてから切る
・端から中央に向かって切る
・少しずつ切る
・切れ味の良い爪切りで切る

2.爪への保湿対策はしっかりと

乾燥するとなりやすい二枚爪ですが、爪が乾燥しているかどうかはわかりにくいものです。

手が乾燥しているタイミングで一緒にケアしてあげましょう。

二枚爪を防ぐネイルケア

ネイルオイル

ドラッグストアなどでは、ネイルオイルや爪用美容液が売られています。まず、それらで爪にうるおいを与えてからハンドクリームをつけ、爪によくすり込むように塗ります。

ネイルオイルや爪用美容液は、爪に水分や美容成分を与えてくれます。

ハンドクリームは爪を保湿することはできますが、爪の中に十分な美容成分が行き届かないこともあります。

紫外線のダメージを防ぐ

紫外線手袋

紫外線のダメージも乾燥の原因になります。UV手袋を着用し、指先を保護することは二枚爪の予防にもなります。

爪も日焼けしますので、日焼け止めを使う際には、手や爪にも塗ることも日焼けによる乾燥を防ぐためには有効です。

3.爪への血行促進を促す

お風呂上がりなど血行が良くなっている時に、手先の血流を良くする以下のようなマッサージを取り入れてみましょう。

・手をグー・パーにして手先まで血流を行き渡らせる
・指の腹で、左右の爪の横をゆっくりと圧迫する

ちょっとした隙間時間に行えるので、冷えが気になる時は特に試してみると良いでしょう。

4.バランスのとれた食生活

過度なダイエットや、コンビニ弁当ばかりという食生活では、必要な栄養素が不足してしまいます。

三食しっかり食べる

健康 食事

健康な爪のためには、三食しっかり食べることが大切です。何でも良いということではなく、彩りのよい一汁三菜を目指すことは、必要な栄養素をしっかり摂ることにつながります。

タンパク質はビタミンやミネラルと一緒に摂る

ビタミン ミネラル

爪の主成分はタンパク質です。タンパク質は肉、魚、卵、大豆製品などに含まれます。

これらに合わせて、緑黄色野菜や海藻類、貝類など、ビタミンやミネラルを多く含む食品を一緒に摂ることで、タンパク質をより効果的に摂取することができます。

夜にしっかりとタンパク質をとる

毎食しっかり摂ることが望ましいといえますが、睡眠時に細胞の新生、修復がされるため、特に夜しっかり摂ることを意識してみましょう。

5.マニキュアについて

マニキュアは控える

マニキュアを落とす除光液は、爪の油分を取り除いてしまうため、爪に負担をかけてしまいます。

二枚爪になっていたり、爪がもろくなっていたりする時は、マニキュアはできる限り控えた方が良いでしょう。マニキュアは、爪を硬くするわけではなく、爪の補強にはなりません。

ジェルネイルはネイリストと相談

ジェルネイルは一時的にい表面ができるため爪の補強としてはリットとなる場合があります。ネイリストと相談してみても良いでしょう。

まとめ

二枚爪はちょっとしたきっかけで起こりますが、一度二枚爪になると繰り返しやすくなります。

ですが、手や爪の保湿やマッサージ、生活習慣を見直すことで二枚爪になる間隔が空くようになり、健康で強い爪に変わります。まずはできるところから始めて、健康できれいな手元を手に入れましょう。

この記事は役に立った!

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):

関連記事

  • LINEで送る

お近くの形成外科を検索!

ネット受付・予約もできる

病院検索サイト

ご自宅や職場の近くで形成外科を探したいときは、検索サイト『EPARKクリニック・病院』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を確認することができます。

EPARK
  • 科目をしぼって簡単検索♪
  • 充実の医院情報満載!
  • 待ち時間を削減!Web受付にも対応!

形成外科一覧へ!