なぜ起きる?「喉のつかえ」は病気や精神的な疲れのサインかも…

喉 つかえ
  • LINEで送る
  • すごく役に立った
  • 役に立った
  • 普通に役に立った
  • あんまり役に立たなかった
  • ぜんぜん役に立たなかった
加賀康宏先生

監修者

加賀 康宏 先生

2010年 昭和大学医学部卒業
2010年 昭和大学横浜市北部病院初期研修医
2012年 昭和大学横浜市北部病院総合内科
2014年 帰陽会丹羽病院
2015年 昭和大学横浜市北部病院総合内科助教
2017年 霞ヶ関診療所

目次

もっと見る

喉の違和感は、ちょっとしたことでも気になりますよね。

喉のつかえたような感じが数日続く、うがいをしても治らない…というときは、裏に大きな病気が潜んでいることもあります。

喉のつかえが起きる原因や、それをもたらす病気について解説します。

喉のつかえにかかわる病気とその他の原因

喉のつかえは、『食べ物が食道をうまく通過しない感じ」がしたり、『食べ物をうまく飲み込めなかったりする感覚』があることをいいます。

一時的なものであれば、特に問題ありません。しかし、慢性的に起こる場合は、何らかの病気や精神的な原因がある可能性が高くなります。

これらの症状をまとめて『嚥下困難(えんげこんなん)』とよび、物理的な原因だけでなく、精神的な原因でも起こることがあります。

1.逆流性食道炎

逆流性食道炎とは?

逆流性食道炎は、胃に入った食べ物が逆流し、食道や喉に炎症を起こす病気です。

私たちが食べたものは口から食道を通り、胃の中に入ります。胃の入り口は横隔膜の力で閉まっており、胃に入った食べ物や胃酸が食道を逆戻りするのを防いでいます。

しかし、喫煙や、暴飲暴食で胃に負担をかけると、胃の入り口がゆるんでしまいます。

そこから胃酸や飲食物が食道に逆流し、炎症を起こすことで、喉のつかえを感じることがあります。

逆流性食道炎にかかりやすい人

次のような人は、逆流性食道炎にかかりやすい傾向にあります。

加齢によって横隔膜の力が落ちている
ストレスによる胃酸過多
便秘、肥満によって胃が圧迫を受けている
夜遅くの飲食が習慣化している

ストレスや肥満など、生活習慣の見直しで改善できることもあります。健康な生活を心がけましょう。

2.ウイルス・細菌感染

ウイルスや細菌によって、喉の粘膜や扁桃腺が炎症を起こし、喉につかえを感じることもあります。

口の奥や、鼻から喉にかけて腫れ、喉の奥が赤くなります。高熱や気持ち悪さ、倦怠感なども、喉のつかえと同時に感じることが多いです。

3.食道がん・咽頭・喉頭がんなどの腫瘍

食道に悪性腫瘍ができ、進行して大きくなると、食道の通り道が狭くなって喉がつかえやすくなります。

液体や柔らかいものは問題なく食べられても、硬いお肉やご飯を一気に食べるなど、ある程度の大きさのものを飲み込むと、つかえを強く感じます。

4. 気管支喘息(ぜんそく)

気管支喘息でも、喉のつかえを感じることがあります。

気管支が炎症を起こして気道の内側が狭くなったり、粘りのある痰がでたりすることで、つかえを感じます。
それとともに、喉のイガイガやむず痒さを感じることもあります。

5.甲状腺に原因があることも

また、喉ぼとけのすぐ下の、甲状腺に異常があることも考えられます。喉のつかえに加えて、首筋にしこりのようなものがあったら、甲状腺が原因の可能性もあります。病院で診療を受けましょう。

6.精神的原因

喜怒哀楽を激しく感じたときに起きる「球感覚」

不安や怒りなど喜怒哀楽を激しく感じたときに、食道の筋肉や感受性の異常から、喉に不快感が生じることがあります。これを「球感覚」といいます。

食べ物が実際につかえることはほとんどありませんが、喉のあたりになんとなく違和感を覚えます。

精神的な理由が大きい「咽喉頭異常感症」

病気など物理的要因がなくとも、喉に違和感がある状態を咽喉頭異常感症とよびます。

自律神経失調症やうつ病など精神的な要素が強く、喉のつかえ以外にも、喉が締め付けられる感じや、異物感を感じることもあります。

喉のつかえがあったら病院へ行くべき?

病院へいくべき?

1.他の病気が原因の場合

逆流性食道炎などその他の病気が原因であれば、症状の広がりを防ぐためにも早めに病院へ行き、治療を受ける必要があります。

2.精神的な原因の場合

精神的な要因の場合も、喉のつかえによって、ストレスや不眠、食欲の低下などが起きることがあります。続くようであれば病院でしっかりと診てもらいましょう。

3.継続的に違和感があれば病院へ

原因がどこにあるかを正確に自己判断することは難しいため、継続的に違和感があれば、早めに内科や耳鼻咽喉科を受診しましょう。

喉のつかえの治療や予防方法

喉の治療

1.治療方法

病気など物理的に原因があれば、その治療が第一です。内科や耳鼻咽喉科などの医療機関で相談しましょう。

例えば、ウイルスや細菌に感染していたら抗菌薬や症状緩和の薬などを投与し、逆流性食道炎の場合は胃酸を抑える薬を投与し、食生活を改善してもらいます。

心因的な場合は、カウンセリングを受けるとともに、ストレス解消やリラックスを心がけてもらいますが、必要があれば薬も飲んでもらうことがあります。

2.予防方法

喉は汚れた空気やウイルスを体内に入れないための、フィルターの役割も果たしています。喉がダメージを受けないように、普段から次のことを心がけ、予防につとめましょう。

予防のために心がけること

①人込みに行くときにマスクを着用する
②そうじをするときなど、ごみやハウスダストを吸う恐れがあるときはマスクを着用する
③こまめに水を飲んで喉を潤す
④刺激物や脂っこい食事を避け、食べ過ぎ、早食いにも注意する
⑤ストレスをためない
⑥睡眠時間をきちんと確保する

喉のダメージを防ぐとともに生活習慣にも気を配り、心身ともに健康な状態を保ちましょう。

まとめ

喉はデリケートな器官です。病気などの物理的な要因だけでなく、精神的な要因でもダメージを受けてしまいます。普段から、ストレスをためない生活を心がけることも大切ですね。

解説したように、喉に違和感を覚える病気はたくさんあります。少しでも「いつもと違う」と感じたら、早めに内科や耳鼻咽喉科などで診療を受けましょう。

この記事は役にたちましたか?

  • すごく
  • いいね
  • ふつう
  • あまり
  • ぜんぜん
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):