おりものの色が違う!病気?白や黄色、ピンクの場合は?病院受診の流れ

おりもの 色
  • LINEで送る
  • すごく役に立った
  • 役に立った
  • 普通に役に立った
  • あんまり役に立たなかった
  • ぜんぜん役に立たなかった
石野博嗣先生

監修者

医療法人社団 石野医院

副院長:石野博嗣 先生

1999年 日本医科大学産婦人科教室入局
日本医科大学付属病院
産婦人科研修医
2001年 国立横須賀病院
(現 横須賀市立うわまち病院)
産婦人科
2002年 東京都保健医療公社
東部地域病院 婦人科
2003年 日本医科大学付属病院
女性診療科・産科 助手代理
2004年 日本医科大学付属第二病院
女性診療科・産科 助手
現在は石野医院の副院長

 

専門は漢方(東洋医学)、産婦人科

 

患者さん一人ひとりに合った薬を作るため、自由にさじ加減ができる煎じ薬を第一と考える。
診療では一人ひとり丁寧に症状の診断を行い、情報の発信を行う。

目次

もっと見る

おりものは、女性ホルモンの影響を受けて、粘り気や色なども変化します。

しかし、いつもと違う色やにおい、量などの場合、もしかすると病気が隠れているかもしれません。

この記事では健康なおりものの状態や、おりものの色から考えられる病気について解説します。

健康なおりものの色は?

排卵期

1.排卵日前後2~3日

排卵期は、精子を卵子に送り届けるように体が作用するため、おりものの量も増え、透明なゼリー状の糸を引くような状態になります。

その時、まれに少量の出血が見られることもありますが、ほとんどの場合問題はありません。

2.排卵後の黄体期

排卵後は、透明だったおりものがだんだん白っぽく変化し、粘り気も増していきます。

下着について乾いた状態では、黄色っぽく見えることもあります。

3.生理前

生理前は、再びおりものの量が増え、白っぽく白濁したり、黄色っぽくなったり、少量の出血が見られるために茶色っぽい色になることもあります。

痛みがある、大量であるなどの症状がなければ、特に問題はありません。

おりものの色や量からみる、可能性のある病気

おりもの 色

おりものの量、色、においは、性感染症や性器の炎症などのトラブルのサインとして変化することがあります。

また、膣の中の衛生状態や菌の状態が変化することで、人間の体にとって有益な菌である内因性の『正常菌叢(せいじょうさいきんそう)』が乱れてしまいます。

それにより病原菌が異常増殖したり、感染や免疫力の低下、ホルモンの低下などを理由とする自浄作用の低下によって病原菌が増殖して、おりものに変化がみられることもあります。

1.クラミジア頸管炎

おりものの量が多く、ピンクまたは茶褐色のおりもの

クラミジア

クラミジア頸管炎は、おりものの量が多く、水っぽい、ピンク色や茶褐色のおりものがみられます。

寄生性の細菌であるクラミジアが子宮頚管に増殖して発症する病気で、日本での感染者数の多い性感染症です。

感染力が非常に強いために、性交渉を通じてパートナーに感染させることもあります。自覚症状がない場合から、下腹部に痛みを感じる場合、将来の不妊症の原因になる場合もあります。

2.カンジダ膣炎

白っぽいヨーグルト状のおりものと、かゆみ

カンジダはカビの一種ですが、普段から皮膚や口、内臓にあり、膣にもあります。

健康であれば、数も少なく問題ありませんが、抵抗力が落ちたり、ホルモンバランスが崩れると増殖します。

ヨーグルト状のぼそぼそしたおりものが多く出て、かゆみを伴うことが多いです。自然に治ることもありますが、再発する頻度も高い疾患です。

3.淋菌感染症

くすんだ黄色っぽい鼻水のようなおりもの

淋菌による感染症で、潜伏期間が2~5日あります。排尿時に痛みがあり、くすんだ黄色っぽい、鼻水のようなおりものが症状ですが、無症状である場合も多くあります。

自然に治ることは少なく、医療機関で抗生物質の点滴を行います。

治療をしないと、子宮内膜症や不妊、子宮外妊娠の原因にもなります。また、男性が感染すると、尿道口からの膿や激しい痛みが出ることもあります。パートナーの症状があれば一緒に通院をうけましょう。

4.細菌性膣炎

においが強く、黄色味を帯びたおりもの

雑菌による細菌性膣炎の場合、自然に治ることもあります。おりものの量が多くなり、においが強くなり、おりものが黄色味を帯びてきます。

5.子宮膣部びらん

おりものの量が多い

子宮びらん

子宮びらんは成人女性の約8割にみられ、ほとんどの女性は痛みなどの症状がなく、特に治療の必要もないのですが、びらん面は分泌物が多く、おりものの量が増えます。

また、刺激に弱いため、性交渉の際に出血しやすくなります。

子宮頸がんの初期段階と非常に似ています。

おりものの色が気になる時の対処法

1.何科にかかればいい?

おりものが気になる時は、「婦人科」へ

何科にかかるか

婦人科は、おりもの以外にも、生理痛、生理不順、外陰部や膣のかゆみ、不正出血など病気やホルモン、避妊、更年期と、あらゆる女性の体をサポートし、治療を行っています。

婦人科は、妊娠、出産の際にかかるイメージから、内診が恥ずかしいと受診をためらう方も多いですが、気になることがあれば受診するようにしましょう。

2.婦人科の選び方

婦人科

婦人科は、総合病院から個人病院まで、いろいろな種類があります。

ただ、医師との相性もあるため、まずは通いやすいところで受診してみて、信頼できる医師かどうか見極めるとよいでしょう。

3.婦人科受診の流れ

婦人科で診察を行うときは、以下の点を聞かれることが多いです。

  • いつから異常があるか
  • 普段の生理の状態
  • 妊娠、中絶の回数や時期
  • これまでの既往歴
  • 基礎体温や生理の記録

4.内診の方法

内診

下着を脱ぎ、内診台に上がり、下半身をカーテンで遮ります。

医師はカーテンの向こう側で診察します。

内診では、まず視診で、外陰部や膣の様子を見ます。

必要に応じて、『膣分泌物培養検査』や『膣分泌鏡検』を行い診断します。疑われる病気によっても、必要な検査は異なってきます。

まとめ

おりものは、女性ホルモンや体のリズムとともに変化していきます。

基本的には、白色から黄色っぽいものですが、生理前などに茶色っぽくなることもあります。

いつもと違う色やにおいに気付いたら、病気が隠れている可能性があるので、婦人科を受診して医師に相談することをおすすめします。

この記事は役にたちましたか?

  • すごく
  • いいね
  • ふつう
  • あまり
  • ぜんぜん
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):