胃痛の時の食べ物は?コンビニでは豆腐やうどんを!おにぎりの具にも注意

胃痛 食べ物
  • LINEで送る

【職務経歴】
平塚共済病院
小田原銀座クリニック
久野銀座クリニック

胃が痛いときは食欲も減退しがちです。しかし、食事を摂らないでいるのもよくありません。

そこでこの記事では、胃に痛みがある時の食事で気をつけたいポイントなどをご紹介いたします。

胃が痛いときにおすすめの食べ物

1.胃が痛いときは、負担のかからない消化の良いものを

胃痛

胃に痛みを感じるときは、できるだけ胃に負担がかからない消化の良い食べ物を選ぶようにしましょう。

消化のしにくい食べ物を食べると、胃酸の分泌が活発になるので、胃の痛みが増す原因となります。

胃酸はとても強力なので、この量が増加すると胃粘液は胃を守りきれなくなり、胃がダメージを受けることで痛みが引き起こされます。

そうなると症状もなかなか改善されません。

2.消化が良いのはこれ!おすすめの食べ物

消化の良い食べ物は、胃痛の改善や予防につながります。

特におすすめなのが、卵や牛乳、大豆製品です。

高い栄養価を誇る卵

たまご

卵は栄養価も高く、食べやすい食品です。

しかし、加熱するほど胃にとどまる時間が長くなると言われているので、胃痛の時はできるだけ半熟の状態で食べるほうが望ましいといえます。生卵はあまり消化が良くありません。

胃酸を抑え、胃粘膜を保護する牛乳

牛乳

また、牛乳は、胃液の酸性度を抑えたり、胃壁の粘膜を保護したりする作用があるので、胃に痛みを感じている時は特におすすめです。

特に食欲がない時などは、温めた牛乳をゆっくりと飲み、胃の粘膜を保護してからゆっくりと食事を摂るようにしましょう。

大豆は胃の回復を高める

大豆

植物性たんぱく質である大豆は、胃の回復力を高めてくれます。

3.調理法もポイント。煮物やおひたしを選んで

煮物

食事の時は、調理法も気をつけましょう。特に食物繊維の多い野菜は、生で食べたり硬いまま食べたりすると消化に時間がかかり胃に負担をかけてしまいます。

胃に痛みがある場合は、生野菜は避けてできるだけやわらかい煮物やおひたしなどを選ぶようにしましょう。

4.コンビニでも買える胃にやさしい食べ物

コンビニ

コンビニで選ぶ場合は、カップスープやレトルトパウチのおかゆ、豆腐などが手軽に食べられるでしょう。

ゼリーも胃に負担がかかりにくくおすすめです。繊維質の多い果物や糖分があまり入ってないものを選ぶと良いです。

麺類を選ぶ場合でも、カップラーメンやパスタなどは、胃に負担をかけるのでそばやうどんを選びましょう。

おにぎりの場合、具によっては胃に負担をかけることがあります。

鮭や梅干、昆布などシンプルなものを選び、消化の悪いマヨネーズなどを使用した具は避けましょう。

5.胃が痛い時は避けて!負担をかけるコーヒーやアルコール

カフェインアルコール

消化しにくい食べ物は避ける

揚げ物など脂肪分が多い食べ物は胃に負担をかけます。

空腹時のブラックコーヒーは控えて

飲み物で気をつけたいのがコーヒーです。

空腹時にブラックコーヒーを飲むと、胃酸が大量に分泌された状態になります

大量のアルコール摂取も胃痛を悪化させる

大量のアルコール摂取も胃の粘膜にダメージを与えてしまいますが、適量のアルコールは胃の働きを活発にさせます。

1日平均20gほどが適量とされており、これは実際にお酒で表すとこのようになります。

  • ビール中ビン1本
  • 日本酒1合
  • チュウハイ(7%)350mL缶1本
  • ウィスキーダブル1杯

お酒を飲む方はこのくらいの量を目安にすると良いでしょう。

胃痛を予防するための食習慣

胃痛を予防するために、次のような食習慣を心がけましょう。

1.規則正しく食事をする

食事

胃痛を予防するためには、規則正しく食事を摂るようにしましょう。

朝食を抜くなどして長時間食事を摂らないと、胃酸の分泌が活発になるため、胃に負担をかけてしまいます。

胃に何も入っていない状態が12時間以上続くと胃酸の分泌が過剰になり、胃の粘膜を傷つける恐れがあります。

2.腹八分目を心がける

腹八分

また、満腹になるまで食べ過ぎるのも良くありません。消化するために胃酸が大量に分泌され、胸やけなどの原因にもつながります。

腹八分目を心がけましょう。

3.よく噛んで食べる

食事

よく噛んで食べることは、胃痛を予防するためにも重要です。噛むことで口の中で消化されやすい状態になります。

消化されやすい状態で胃の中に入ると、胃酸の分泌が過剰にならずに済むため、胃痛を予防することができるのです。

4.空腹になってから食事をする

空腹

規則正しく食事をすることは大切ですが、かといって空腹感がないのに無理して食べてしまうと、胃の中にまだ食べものが残っている状態でさらに食べ物を追加することになります。

一般的には、食べてから4~7時間ほどたつと、胃の中の食べ物が消化されると言われています。

しかし時間はあくまでも目安であり、その日の体調なども考えて、空腹になってから食事を摂る方が望ましいといえます。

しかし長時間、空腹状態でいることや食事を抜くことはあまり良いことではないので気をつけてください。

喫煙・運動・ストレスにも注意して胃痛予防を!

食事以外で日常生活において気を付けたいポイントは喫煙、運動、そしてストレスです。

1.喫煙

タバコ

煙草に含まれているニコチンは、胃酸の分泌を促進する作用があるため注意が必要です。

喫煙習慣のない人も受動喫煙により、ニコチンを接種してしまう可能性があります。

2.運動

運動

運動すること自体は、胃痛につながることはありません。

しかし、食後すぐに運動する場合は、胃の煽動運動を妨げる恐れがあります。なるべく食後すぐには動か

ず、30分以上してから行うようにしましょう

3.ストレス

ストレス

ストレスは最も胃痛の原因となりやすいと考えられています。

過度のストレスにより、食欲が減退した人も少なくないのではないでしょうか。

過度のストレスは、胃の働きをコントロールしている自律神経の働きを乱すことがあります

ストレスは溜めこみすぎず発散させるようにしましょう。

まとめ

胃に痛みを感じるときは、食べ物に気をつけるだけで胃にかかるダメージが違います。

規則正しい食事により、胃痛を予防することも可能です。ぜひさまざまな方法を試して自分に合った方法を探してみてください。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):

関連記事

  • LINEで送る

お近くの消化器内科を検索!

ネット受付・予約もできる

病院検索サイト

ご自宅や職場の近くで消化器内科を探したいときは、検索サイト『EPARKクリニック・病院』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を確認することができます。

EPARK
  • 科目をしぼって簡単検索♪
  • 充実の医院情報満載!
  • 待ち時間を削減!Web受付にも対応!

消化器内科一覧へ!