胃潰瘍の時に摂るべき食事。食べて良い食品と避けるべきメニューは?

胃潰瘍 食事
  • LINEで送る
林高太郎

監修者

医療法人社団さくらライフ

林高太郎 先生

埼玉医科大学 卒業
医師国家試験予備校講師、麻酔科フリーランスなどを経て、
現在は総合診療をおこなっている。

胃潰瘍がある時は、食事に気をつけなくてはなりません。

胃の負担になるものは避け、胃にやさしく消化の良いものを食べるようにしましょう。

この記事では、具体的に食べて良い食品と避けるべきメニューについて紹介します。

治療中の過ごし方や注意点についても、併せて解説していきます。

胃潰瘍のときに避けるべき食品

ハンバーガー

基本的に、胃潰瘍がある時は消化の悪いものや胃に刺激を与える食品は避けます。

1.消化の悪い食品

食物繊維の多い海藻類やキノコ類は、消化に時間がかかるのでおすすめしません。

揚げ物のような脂っこいものやお菓子類も、胃の負担になるので控えてください。

また、肉や魚なども消化しにくいので避けるようにしましょう。

2.刺激の強い食品

スパイス

香辛料(カレーなど)や香味野菜(ニラやニンニクなど)は刺激が強いので、控えめにしてください。

食品以外にも次の飲み物は胃に刺激を与えるので、摂りすぎないよう注意が必要です。

  • カフェインを含むもの(コーヒーや紅茶など)
  • 炭酸飲料
  • アルコール類

特にアルコールは胃粘膜をただれさせる作用があり、胃潰瘍を悪化させる原因となります。

治癒期に入ればそこまで制限しなくても良いですが、体調によっては控えるようにしましょう。

3.酸味や塩分の多い食品

漬物や干物といった胃の粘膜を刺激する塩分が多い食品やお酢など酸味のあるものは控えましょう。

中でも梅干しは、塩分と酸味のどちらも含まれていて胃に負担をかけやすいのでおすすめできません。

また、酢飯を使用したお寿司も避けるようにしてください。

4.冷たいもの、熱すぎるもの

かき氷

食品だけでなくその温度にも注意が必要です。

冷たいものや、逆に熱すぎるものは胃の刺激となるので控えるべきです。

胃潰瘍のときに食べても良い食品

暴飲暴食や食習慣の乱れは胃を過剰に刺激するだけでなく、胃酸過多を招く恐れがあるので、一度に食べる量が多くならないよう気をつけましょう。

1.たんぱく質

ささみ

たんぱく質は潰瘍を治療する上で必要なので、脂肪分の少ない良質なたんぱく質をなるべく毎日摂ってください。次の食品がおすすめです。

  • ささみや鶏もも肉などの柔らかい肉
  • すけとうだらやクロカジキなどの脂身の少ない魚

2.炭水化物

炭水化物は、とくに柔らかくて消化にも良いおかゆ・うどん・そうめんなどがおすすめです。

硬めのものや油を多く使った料理は胃の停滞時間も長く消化に悪いため避けた方は良いでしょう。

3.野菜

大根

生野菜より柔らかく煮た野菜の方が、消化しやすく胃にやさしいと言えます。

特におでんの大根は、食べやすく胃に負担をかけないのでおすすめです。

4.ビタミン・ミネラル

野菜類・果物類・海藻類に多く含まれているビタミンとミネラルは、潰瘍面からの出血を阻止する効果があるためしっかり摂取する必要があります。

治療中の過ごし方と注意点

注意点

1.食欲がなくてもきちんと食べる

胃潰瘍の時は、胃の粘膜を正常にもどすためにも良質なたんぱく質を含む高エネルギーの食事が望ましいとされています。

また、食べて栄養補給をしっかりと行うことで粘膜を強くします。

食欲がないからと何も食べないでいると、回復に時間がかかります。

どうしてもお腹が空かないときは、少しでも良いので胃にやさしいものを口にしましょう。

2.日頃から健康的な食生活を!

胃潰瘍は、治療の進歩によって大幅に治癒率が向上したものの、再発率が高い病気と言われています。

そのため治療期間だけ食事内容を改善するのではなく、治ってからも健康的な食生活を続けて再発を防ぎましょう。

3.ストレスをためない

ストレスは胃粘膜を刺激し、胃潰瘍の進行を助長します。またストレスが暴飲暴食を引き起こすと、胃に負担がかかってしまいます。

日頃からストレスを発散できる環境をつくって、ためない工夫をしましょう。

胃潰瘍治療中の食生活がストレスとなる場合もあるので、無理に食事を制限しすぎないことも大切です。

4.タバコはできるだけ吸わない

タバコは胃潰瘍の治癒を遅らせるだけでなく再発の原因にもなります。

ちなみにこんなデータもあるので、禁煙のきっかけにしてもらえたらと思います。

  • 喫煙を続けた人の約半数は胃潰瘍を再発
  • 禁煙をすることで再発率は16%まで低下
  • 市販薬の使用に注意

市販薬には潰瘍の原因となる成分が含まれていることがあり、例えば風邪薬に含まれる『非ステロイド性抗炎症薬』がこれに当たります。

そのため、胃潰瘍の疑いがある場合は自己判断で市販薬を使用せず、医師や薬剤師によく相談しましょう。

まとめ

カエル

この記事では胃潰瘍のときの食事について解説しましたが、実は現在、食生活の改善は胃潰瘍の治癒において重要性が低いとされています。

その理由としては、胃潰瘍の原因が“ヘリコバクターピロリ菌への感染”や“非ステロイド系鎮痛薬の服用による粘膜防御機能の低下”であると判明したためです。

これまでは、ストレスや喫煙、食習慣による胃酸過多などが主な原因と考えられていたため、生活習慣や食生活の改善が有効とされていました。

しかし本当の原因が判明した今は、薬物療法や原因菌除去の方が治療としては有効だとされています。

胃潰瘍になったら食事に気を遣うことは大切ですが、それ以上に病院で適切な治療を受けることが重要と言えるでしょう。

この記事は役に立った!

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):