がん化する?胃や大腸のポリープの原因や症状。切除する必要性について

胃腸 ポリープ
  • LINEで送る

【職務経歴】
平塚共済病院
小田原銀座クリニック
久野銀座クリニック

健康診断などで、胃や腸に「ポリープがある」と指摘を受けたことはありませんか?

この記事では、胃と腸のポリープそれぞれができる原因や治療法、症状について解説します。

胃・腸にできるポリープについて

1.そもそも、「ポリープ」って何?

はてな

細胞の一部が、異常に増殖してポリープになる

『ポリープ』は、皮膚や粘膜をおおう『上皮細胞』の一部が、異常に増殖してできた腫れ物のことです。

大きさは、米粒ほどのものから、直径3cmを超えるものまでさまざまです。形はこぶ状や、キノコ状のものがあります。

胃や腸のポリープは、どんな人にできやすい?

胃ポリープは30歳以上の人にできやすく、大腸ポリープは40歳以上の人にできやすいです。

どちらも、小さければ自覚症状はないため、健康診断などをきっかけとして見つかることが多いです。

自覚症状がなくても、詳しく検査する必要がある

しかし、自覚症状がなくても、5mm以上の大きさの大腸ポリープや、一部の胃ポリープはがん化する恐れがあります。

そのため、ポリープが発見されたら、詳しい検査や治療を受ける必要があります。

2.胃ポリープの原因やがん化の可能性

胃

胃ポリープって?

『胃ポリープ』は、胃の粘膜の表面にできるポリープのことです。

胃ポリープは、『過形成性ポリープ』、『胃底腺ポリープ』などいくつかの種類に分けられます。

大半は良性で、がん化することはほぼない

胃のポリープの大半は、良性の『過形成ポリープ』です。過形成ポリープは、切除する必要のない、良性の腫瘍です。

胃ポリープは、がん化することはほとんどありません

しかし、胃ポリープだと思っていても、区別が難しい『早期がん』である可能性もあります。

胃ポリープができた場合の自覚症状

胃ポリープができても、自覚症状はほとんどありません。

慢性胃炎をともなう場合は、『むかつき』や『食欲不振』といった症状があらわれることもあります。

胃ポリープのできる原因

胃ポリープができる原因は、明らかになっていません。

しかし、粘膜が炎症を起こして『びらん(ただれ)』ができ、それを修復するために細胞増殖が過剰になることが原因だと考えられています。

胃の粘膜が炎症を起こす原因は、『細菌』や『ウイルスの感染』、『薬剤』、『たばこ』、『アルコール』などが考えられます。

3.大腸ポリープの原因やがん化について

大腸

大腸ポリープって?

『大腸ポリープ』は、大腸の粘膜の表面にできるポリープのことです。

大腸ポリープの多くは、『直腸』と『S状結腸』にできます。

大腸ポリープの8割は、がん化の可能性がある

大腸ポリープには、『過誤腫性ポリープ』、『炎症性ポリープ』、『過形成性ポリープ』など良性のものもあります。

しかし、大腸ポリープの8割は、がん化する危険性のある『腺腫』です。

大腸ポリープの症状

小さな大腸ポリープの場合、ほとんど自覚症状はありません。大きくなってくると、便に血が混じる、腹痛や下痢を起こすなどの症状があらわれます。

大腸ポリープができる原因

大腸ポリープができる原因も、はっきりとは分かっていません。

しかし、食生活が欧米化して、動物性脂肪の摂取量が増えたことや、食物線維の摂取量が少ないことが一因だと考えられています。

4.ポリープが100個以上できる病気も…

注意 ポリープ

大腸や小腸、胃などにポリープが100個異常できる病気があります。『消化管ポリポーシス』といい、通常のポリープとは区別されています。

消化管ポリポーシスは、放っておくと高い確率でがんになります

また、遺伝性の病気でもあります。家族でこの病気にかかった人がいたら、20代のうちから欠かさず検査を受けるようにしましょう。

胃・腸のポリープの治療について

「ポリープがある」と診断されたら、次のような治療をおこないます。

1.胃ポリープの治療

医師 治療

小さければ、検査を続けながら経過観察

小さな胃ポリープであれば、半年か1年に1回は検査をし、経過観察をおこないます。

切除が必要なケースについて

過形成ポリープの場合や、2cm以上の腺腫の場合、がんとはっきりしないポリープは、『内視鏡』をつかって切除します。

内視鏡治療とは?

内視鏡治療でもっとも一般的なのは、『スネア・ポリペクトミー』という方法です。

スネア・ポリペクトミーは、キノコ状や、それに近い形のポリープの茎の部分に内視鏡の管をとおし、先端から出したループ状のワイヤーを引っかけて、高周波電流を流して焼き切る治療法です。

茎のないポリープの場合は、まず病巣の下の部分に、生理食塩水を注入してポリープを隆起させてから、ワイヤーを引っかけて焼き切ります。

2.大腸ポリープの治療

小さければ、検査をしながら経過観察

良性のごく小さな大腸ポリープであれば、半年もしくは1年に1回検査をし、経過観察をおこないます。

5mm以上の場合は、内視鏡を使って切除

大腸ポリープが5mm以上であれば、胃ポリープの場合と同様に、内視鏡を使って切除します。

胃・腸のポリープを予防するために

1.日常生活で気をつけること

食事 気をつけること

胃・腸のポリープともに、予防には次のことに気をつけましょう。

  • 1日3食を決まった時間に食べる
  • 動物性脂肪や油分を摂りすぎないよう心がける
  • 野菜など食物繊維が多く含まれたものを食べる
  • 喫煙を控える
  • 適度な運動をする

加えて、胃ポリープの予防には、『香辛料』や『アルコール』など、胃を刺激するものを控えることも大切です。また、ストレスをためないように気をつけましょう。

大腸ポリープの予防には、腸内環境を整える『ビフィズス菌』や『乳酸菌』をとり、きちんと『排便習慣』をつけるようにしてください。

2.ポリープの早期発見のため、年に1回は健康診断を

30歳以上の人は、特に注意!

胃腸のポリープも、ほかの病気と同様に早期発見・早期治療が大切です。30歳以上の人は、年に1回は健康診断を受け、胃腸を調べましょう。

胃ポリープの場合は、胃の『X線検査』や『内視鏡検査』で診断が可能です。

便潜血反応検査で陽性が出たら…

また、健康診断で、『便潜血反応検査』に陽性反応が出たら、大腸ポリープや大腸がんの疑いがあります。

消化器内科を受診し、『注腸造影検査』や『大腸内視鏡』を受けましょう。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
コメント(オプション):

関連記事

  • LINEで送る

お近くの消化器内科を検索!

ネット受付・予約もできる

病院検索サイト

ご自宅や職場の近くで消化器内科を探したいときは、検索サイト『EPARKクリニック・病院』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を確認することができます。

EPARK
  • 科目をしぼって簡単検索♪
  • 充実の医院情報満載!
  • 待ち時間を削減!Web受付にも対応!

消化器内科一覧へ!