横浜市西区 横浜駅の糖尿病内科を案内!

横浜駅のベイサイドクリニックを案内 – 糖尿病内科の口コミ・おすすめポイント・予約情報など

横浜市西区にあるベイサイドクリニックには多数の専門スタッフが在籍していて、糖尿病内科、漢方科・内科などのさまざまな診療を行っています。横浜駅みなみ西口から徒歩5分の通いやすい立地にあるので、近隣地域からも通いやすいとの口コミや評判も多くなっています。土曜日や日曜日にも診療を行っている所もおすすめポイントです。診療時間は10時から12時半、14時から18時半です。月曜日と祝日は休診日です。この記事から予約も可能です。

ベイサイドクリニックの対応診療科目は?

漢方薬や西洋薬との併用を行う漢方内科や、糖尿病に特化した診療を行う糖尿病内科などの診療を行っています。

内科

内科、漢方内科、漢方婦人科、消化器内科、循環器内科、皮ふ科、漢方泌尿器科、アレルギー科、リウマチ科とさまざまな診療を提供されています。診察時に脈を測って体の状態を確認しています。症状が明らかな場合には有効な西洋薬と、病状や体質の改善に役立つ漢方薬の併用、もしくはどちらか一方を患者さんの症状に応じて処方しています。

ベイサイドクリニックの内科についてもっと詳しく

漢方薬を処方、あるいは西洋薬を併用して、1人ひとりの患者さんに合った治療をしていきたいと考えています

出典:http://fdoc.jp/clinic/detail/index/id/106990/tab/3/

糖尿病内科

糖尿病には、先天性のⅠ型と運動不足やストレス、肥満などが主な原因で発症するⅡ型があります。血糖値が高い状態が継続することで、糖尿病神経障害、糖尿病網膜症、糖尿病腎症などの合併症が起きるリスクも出てきます。糖尿病内科では、土曜日・日曜日も診療を行い、5分で結果がわかるワンコイン検診も対応しています。糖尿病と診断された患者さんには、血糖値をコントロールするための指導を行っています。

ベイサイドクリニックの糖尿病内科についてもっと詳しく

多くの方にお越しいただけるように、土曜日・日曜日も診療をしています

出典:http://fdoc.jp/clinic/detail/index/id/106990/tab/3/

ベイサイドクリニックの診療時間、休診日は?

診療時間

  • 10:00~12:30
  • 14:00~18:30
診療時間
10:00~12:30--
14:00~18:30---

休診日

  • 月:10:00~12:30
  • 月:14:00~18:30
  • 日:14:00~18:30
  • 祝:全休

備考

専門医 / 女性医師 / 土曜診療

ベイサイドクリニックは電話受付とネット受付対応!

ベイサイドクリニックは電話受付とネット受付に対応しています。

ベイサイドクリニックのここがおすすめ!

月経不順や不妊、消化器不調など患者さんに合わせた漢方の処方や、糖尿病への対応やワンコイン検診を行っています。

医師が複数在籍!漢方や糖尿病の知識と経験があります

漢方や糖尿病に関して、知識と経験の深い医師が複数在籍中です。院長先生は日本東洋医学会認定 漢方専門医、日本内科学会認定 総合内科専門医、日本消化器病学会認定 消化器病専門医、副院長先生は日本東洋医学会認定 漢方専門医、日本内科学会認定 総合内科専門医、日本リウマチ学会認定 リウマチ専門医です。そのため患者さんひとりひとりに合わせた漢方の処方と糖尿病の診療の提供ができます。糖尿病に関連する検査や、漢方と西洋薬を併用した処方もできるようです。

シンプルで分かりやすい!悩みを軽くするための説明

インターネットを使用して、誰でも簡単に情報を手に入れられる時代になったからこそ、間違った情報に振り回されてしまう患者さんも多くなりました。患者さんが持っている悩みや心配をなくすために、説明は分かりやすく、できるだけシンプルに伝えるように心がけています。説明を聞くことで、患者さんが落ち着いて診療を受けられるようにも配慮をしています。そして、患者さんの心配や悩みをなくし、ひとりひとりに合った対応方法を提案できる体制づくりを行っています。

糖尿病にも対応しています!栄養指導なども行います

糖尿病の対応として、運動療法と食事療法がありますが、体重、糖尿病の進行程度、心疾患合併の有無によって食事内容や運動内容には一人ひとりで差が出ます。糖尿病の患者さんひとりひとりの状態に合わせるために、管理栄養士による栄養相談を行っています。また、患者さんの糖尿病の状態に応じて経口血糖降下薬やインスリン抵抗改善薬も導入しています。インスリン導入を初めて行う時にも患者さんが心配なく導入できるように、患者さんに対して看護師から十分な指導を行っています。

ベイサイドクリニックの口コミ情報

40代から80代まで、幅広い患者さんから利用されています。説明が丁寧、家族で利用しているなどの口コミが多くなっています。

医師から丁寧な説明あり満足した。 また、患者にメリットのある今後の治療計画を提案いたいた。

リンク元:http://fdoc.jp/clinic/detail/index/id/106990/tab/8/

家族でお世話になっており、安心して先生にお話しが出来、受診して良かったです。

リンク元:http://fdoc.jp/clinic/detail/index/id/106990/tab/8/

・診療では先生に話しやすく、とても満足しています。患者にしてみたらとても重要なことだと思います。 ・カウンターに置いてあるファミリー茶もいつもホッとします。

リンク元:http://fdoc.jp/clinic/detail/index/id/106990/tab/8/

ベイサイドクリニックが注力している症状・検査・治療別の対応方針

月経不順・不妊症の患者さまに漢方薬を処方

漢方薬には体を冷やすもの、温めるもの、その中間のものがあります。月経不順や不妊症の患者さんへ漢方薬を処方する時には、漢方薬の特徴を把握した上で、患者さんの体質に合ったものを処方しています。インターネットなどの情報のみで体質に合わない漢方薬を希望される患者さんに対しては、納得してもらえるように説明を行っています。

ベイサイドクリニックの月経不順・不妊症の患者さまに漢方薬を処方についてもっと詳しく

月経不順・不妊症の患者さまに漢方薬を処方

出典:http://fdoc.jp/clinic/detail/index/id/106990/tab/3/

糖尿病が進行すると、心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こします

糖尿病は最初は自覚症状がありません。進行すると喉の渇きや身体のだるさ、急激な体重減少、尿の量の変化、手足の痺れなどの目立った症状が現れます。糖尿病は進行すると心筋梗塞や脳梗塞などの重篤な合併症を引き起こすリスクがありますので、初期の段階で血糖値をコントロールし、糖尿病を抑えていくことが重要です。食事療法や指導も行っています。

ベイサイドクリニックの糖尿病が進行すると、心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こしますについてもっと詳しく

糖尿病が進行すると、心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こします

出典:http://fdoc.jp/clinic/detail/index/id/106990/tab/3/

ベイサイドクリニックの理事長(院長)はどんな人?

医師プロフィール紹介

理事長(院長)

萬谷 直樹

患者様へのメッセージ

漢方薬は長く服用していると、徐々に効き目が現れてくる場合も多く、身体への負担や副作用が少ないという特徴があります。 また、ほとんどの漢方薬は健康保険の適用です。当院では、漢方薬と西洋薬を組み合わせ、患者さま1人ひとりの症状やご要望に合った医療のご提供を目指しています。 漢方による内側からの体質改善にご興味をお持ちの方は、どうぞお気軽にご来院ください。

経歴

1990年 富山医科薬科大学医学部 卒業
1991年~97年 富山医科薬科大学付属病院(和漢診療学講座・寺澤教授)等で漢方医、内科医として研究、実地医療に従事
2000年 医学博士
2001年 富山医科薬科大学和漢診療部・助手
2002年 群馬大学医学部統合和漢診療学講座・講師
2004年 ベイサイドクリニック院長
2006~11年 東京慈恵医大 総合診療部 非常勤講師
2012年 東京女子医大 東洋医学研究所 非常勤講師
2014年~ 横浜労災病院漢方外来

最寄り駅は?駐車場はある?ベイサイドクリニックのアクセス情報

最寄り駅

横浜駅みなみ西口徒歩5分

住所

神奈川県横浜市西区南幸2丁目20-11NSビル6階

駐車場

駐車場無し

ベイサイドクリニックの写真

【まとめ】横浜市西区 横浜駅近くの糖尿病内科「ベイサイドクリニック」は予約も可能!

ベイサイドクリニックには多くの医師が在籍しており、糖尿病内科、内科、消化器内科、 循環器内科、皮膚科、アレルギー科といった様々な診療を提供しています。横浜市西区にあり、横浜駅から徒歩5分の立地にあるので、通院もしやすいという患者さんからの口コミも多数です。家族で利用している、いつも対応が親切という点もおすすめポイントです。患者さんの状態や体質に合わせた漢方薬の処方や糖尿病への対応を行っています。気になった方は、こちらの記事から予約可能です。

ベイサイドクリニック

ベイサイドクリニック

■漢方科・内科総合診療科 (内科、漢方内科、消化器内科、循環器内科、漢方婦人科、皮ふ科、アレルギー科、リウマチ科、漢方泌尿器科) 漢方の診療では、横浜で歴史のある医療機関のひとつです。 日本東洋医学会漢方専門医の資格と日本内科学会総合内科専門医や、日本皮膚科学会皮膚科専門医、日本リウマチ学会リウマチ専門医などの専門医の資格を併せもった医師など、経験豊富な専門の医師が担当し、9つの診療科を標ぼうし診療しております。患者さまの症状により、漢方薬のみ、西洋薬のみ、あるいは漢方薬と西洋薬を併用しております。 日本東洋医学会より、漢方の研修を行う施設とされています。■糖尿病診療(内科、糖尿病内科) 「国民健康・栄養調査」によると、20才以上で糖尿病が強く疑われるもの(糖尿病有病者)と糖尿病の可能性が否定できないひとは約2000万人いると推測されています。 この数は成人の4人に1人に相当します。 高齢者ほど有病率が高い割合になっています。 糖尿病は、かなり病状が悪化するまで自覚症状がありません。生活習慣などで糖尿病が気になる人は、すぐにでも検査を受けましょう。悪化すると目が見えなくなったり、人工透析になったりします。 日本糖尿病学会糖尿病専門医など専門の医師が担当し、血液検査の結果はおよそ5分で出ます。 早期の治療が重要です。病状が進行してインスリン注射が必要となった場合には、通院で導入します。

その他 横浜駅周辺の病院一覧

      もっとみる
      不正確な情報を報告

      不正確な情報を報告

      医院名を入力してください
      メールアドレス:任意
      ※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
      コメント(オプション):

      関連記事

      横浜駅周辺の糖尿病内科を検索!

      ネット受付・予約もできる

      病院検索サイト

      横浜駅周辺には、まだまだたくさんの糖尿病内科があります。
      ご自宅や職場の近くで糖尿病内科を探したいときは、検索サイト『EPARKクリニック・病院』を使ってみてください。

      EPARK
      • お探しのエリアで病院をかんたん検索♪
      • 24時間ネット予約ができる病院を探せる!
      • 病院の特徴が一目でわかる情報を多数掲載!

      横浜駅の糖尿病内科一覧へ!