広島市南区 広島駅の肛門外科を案内!

専門医が在籍!川堀病院(広島)の医院特集

医療法人三渓会 川堀病院

医療法人三渓会 川堀病院の特徴

  • 毎週木曜日には女性のみ診療
  • 女性医師による診療が可能
  • わかりやすい説明を心がけてくれる!
  • プライバシーに配慮した診療

医療法人三渓会 川堀病院の基本情報

広島市南区にある医療法人三渓会 川堀病院は、肛門外科に対応している医院さんで、広島駅から車で7分ほどでアクセスできます。

診療時間は9時から18時、休診日は日曜日・祝日となっており、土曜日は13時までの診療をおこなっています。大学病院と連携した医院さんであることが特徴で、痔の治療を主に扱っています。木曜日の午後に女性の患者さんに対する診療をしていることがおすすめポイントで、口コミでも評判です。

この記事からは予約も可能ですので、ぜひ参考にしてください。

医療法人三渓会 川堀病院の診療時間、休診日は?

診療時間

  • 09:00~12:30
  • 14:00~17:30
診療時間
09:00~12:30--
14:00~17:30---

備考

専門医 / 女性医師 / キッズスペース / 駐輪場 / 駐車場 / 駅近 / 土曜診療

医療法人三渓会 川堀病院は電話受付とネット受付に対応しています。

まずは、お医者さんにご相談ください

お電話での受付(お問い合わせ)は診療時間内にどうぞ。ネット受付は24時間対応しています。

最寄り駅は?駐車場はある?医療法人三渓会 川堀病院のアクセス情報

最寄り駅

広島駅車7分

住所

広島県広島市南区松川町3-8

駐車場

駐車場有り(7台)

医療法人三渓会 川堀病院の写真

医療法人三渓会 川堀病院の画像医療法人三渓会 川堀病院の画像医療法人三渓会 川堀病院の画像医療法人三渓会 川堀病院の画像医療法人三渓会 川堀病院の画像医療法人三渓会 川堀病院の画像

医療法人三渓会 川堀病院の口コミ情報

口コミ

院長先生をはじめ、女性の医師も早く丁寧で、優しく、痛くないようにして下さり、説明も写真や図を使われ、とても分かりやすい言葉でして下さりました。
恥ずかしい気持ちになる病気ではありますが、こちらの病院であれば、必ず行って良かった!早く行けば良かった!恥ずかしいことではないな!と、思えると思います。

レディースデーがある事がとてもありがたかったです。
担当してくださった女性医師の方はテキパキ元気でとても感じが良く、安心してお任せすることができました。

女性専用の受信日に、予約を入れて初めて診て頂きました。 先生の説明も丁寧で分かりやすく、また画像を見ながら話を聞く事が出来るので、安心ですし納得出来ました。
先生をはじめ、スタッフの皆さんが笑顔で対応して下さった事が印象に残っています。

医療法人三渓会 川堀病院のここがおすすめ!

わかりやすい説明に配慮!大腸・肛門の専門医が在籍!

日本大腸肛門病学会認定の大腸肛門病専門医の資格を持つ、2名の医師が在籍しています。それぞれの知識と技術を生かした診療をおこなっており、患者さんの症状に合わせた治療をこころがけてくれます。
肛門の疾患は患者さん自身が確認できないため、絵や画像を使ったできるだけわかりやすい説明をしてくれるのが特徴です。
治療方針だけでなく、日常生活についてもアドバイスしてくれます。
また、「恥ずかしくて相談できない」という患者さんに配慮した診療もおこなわれています。

入院中の患者さんへの配慮!食事に注目した治療

便秘や下痢の改善は、痔の予防法のひとつです。そのために重要なのが食生活と考え、治療の一環として取り入れられています。
また、入院が必要な患者さんには、排便を助ける食物繊維が多い食材を取り入れる、水分が取れるよう汁物をつけるといった食事への工夫が凝らされています。
退院後、患者さん自身が実践できるよう、レシピやパンフレットなどを持ち帰れるコーナーも設けられています。
週に1度、「イベント食」の日を設けていることも特徴といえ、入院中も楽しく過ごせるよう配慮されています。

デリケートな悩みをフォロー!女性が相談しやすい環境

肛門疾患はデリケートな問題のため、特に女性はなかなか相談できないという方も少なくありません。そのため毎週木曜日には、女性専門の受診日を設けているのが特徴で、待合室に男性がいません。また、患者さんのプライバシーに配慮して、名前を呼ばず番号で呼び出しするといった工夫が凝らされています。
小さなお子さん連れの方も気軽に通院できるよう、細やかな気配りがみられます。手術や検査などで衣服を脱ぐ必要があるときにも、看護師が隠すといったフォローをしてくれます。

医療法人三渓会 川堀病院の対応診療科目は?

肛門外科

三大肛門疾患といわれる、いぼ痔や切れ痔、あな痔(痔ろう)に対応している医院さんです。主な治療法は生活習慣の見直しや投薬、手術といったものになります。
診療時には便秘や下痢の有無、アレルギー、既往歴などを尋ね、おしりから直腸までの検査をおこなってくれます。
検査後は、どのような治療法になるか説明してくれます。たとえば、生活療法の場合は食事面や仕事、ライフスタイルなどについて尋ね、「肉を中心とした食事になっていないか」「刺激物を摂りすぎていないか」といった問題点を見つけてくれます。
そのうえで、便のリズムをコントロールする方法やきちんと睡眠をとるといった、患者さん一人ひとりに合ったアドバイスをおこなってくれます。

主に対応している症状・検査・治療方針

切れ痔

切れ痔とは、肛門の出口付近の皮膚が切れている状態を指し、便秘や冷え、下痢などが原因となります。
女性に多い症状で、その理由には無理な食事制限や冷え性といった背景も考えられます。
そのため、まずは患者さんから話を聞いたうえで、生活療法や薬物療法からそれぞれに合った治療法を提案してくれます。ただし、肛門狭窄を引き起こしている場合には、外科的手術がおこなわれるケースもあります。

あな痔

あな痔は痔ろうとも呼ばれる症状で、肛門周辺に膿がたまり、直腸と肛門周辺に空洞ができてしまいます。
下痢によって肛門周辺の組織に細菌が入ってしまうことが主な原因といわれており、免疫力が低下しているときに起きやすい症状です。
根治には10~20日の入院が必要となりますが、我慢すると症状が進行し、入院期間もその分長くなってしまいます。このような患者さんの負担が軽減できるよう、早期受診を呼びかけています。

生活療法

生活療法では、便のリズムの乱れや食生活、ライフスタイルなどに着目した治療をおこなってくれます。
たとえば、便秘がちでいきんでしまう、下痢が多いといったことが痔の原因である場合、脂っこいものや辛いものなどの嗜好品がないかといった食生活も確認してくれます。こういった背景を確認したうえで、患者さん一人ひとりに合った具体的なアドバイスをおこなってくれます。

医療法人三渓会 川堀病院の院長はどんな人?

医師プロフィール紹介

医療法人三渓会 川堀病院医師画像

院長

川堀 勝史

経歴

1979年 愛知医科大学 卒業
1980年 広島大学医学部 第二外科 入局
1991年 広島大学病院 第二外科 消化器外科 大腸肛門外科
     (金曜日午前 大腸肛門外科で診療)
1991年 医療法人三渓会 川堀病院 勤務

医療法人三渓会 川堀病院は電話受付とネット受付に対応しています。

まずは、お医者さんにご相談ください

お電話での受付(お問い合わせ)は診療時間内にどうぞ。ネット受付は24時間対応しています。

その他 広島駅周辺の病院一覧

      もっとみる
      2019-02-21
      不正確な情報を報告

      不正確な情報を報告

      医院名を入力してください
      メールアドレス:任意
      ※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
      コメント(オプション):