横浜市都筑区 センター南駅の眼科を案内!

センター南駅から徒歩1分!アキコルミエール眼科の口コミや診療時間など

アキコルミエール眼科

横浜市都筑区にあるアキコルミエール眼科を特集!

こちらの記事は診療時間や口コミの評判などを紹介しており、予約もすることができます。

アキコルミエール眼科の特徴

  • 白内障や緑内障などの手術に対応
  • 専門医が在籍
  • 女性医師が在籍
  • お子さんの斜視にも対応
  • キッズスペースあり
  • センター南駅から徒歩1分

アキコルミエール眼科の対応診療科目は?

眼科

白内障・緑内障・糖尿病網膜症・麦粒腫(ものもらい)・ウイルス性結膜炎・アレルギー性結膜炎など、幅広い症状を診てくれます。
また、PCやスマホの使いすぎによるドライアイや眼精疲労の症状には内服薬・手術・レーザー治療で対応してくれます。

アキコルミエール眼科の眼科についてもっと詳しく

眼科

出典:http://fdoc.jp/clinic/detail/index/id/132856/tab/3/

アキコルミエール眼科の診療時間、休診日は?

診療時間

  • 08:45~12:30
  • 15:00~18:30
診療時間
08:45~12:30---
15:00~18:30----

備考

専門医 / 女性医師 / 駐車場 / 駅近 / 土曜診療

アキコルミエール眼科は電話受付対応!

アキコルミエール眼科は電話受付に対応しています。

アキコルミエール眼科のここがおすすめ!

患者さんとの意思疎通を重視!女性のスタッフによる気配り

患者さんとの意思疎通を重視しています。治療方法を提案した理由、薬の内容や処方した理由など、患者さんの立場に立った説明がおこなわれます。
また、院長や女性のスタッフが気配りに長けており、小さなお子さんから高齢の方まで幅広く対応してくれます。

さまざまな眼の症状に対応!機器のラインナップを充実

多種多様な眼の症状に対応できるように、検査機器や治療器具がそろえられています。眼の内側にある網膜や血管の異常を検査できる3次元眼底画像撮影装置や、眼の中の圧力を測る眼圧計測機器があり、緑内障や糖尿病黄斑浮腫などを特定するために用いられます。
また、レーザー機器は2種類を使い分けており、光を送り込むのを目的とするタイプと、熱を利用して作業するのを目的とするタイプがあります。
さまざまな眼の疾患を検査できる環境の医院さんです。

お子さんの視力を守る!弱視予防に努めてくれる

お子さんの視力が低下する原因として斜視(しゃし)が挙げられます。斜視は簡単にいえば両目の目線がバラバラになっている状態です。この斜視の原因は脳の異常や片眼の視力が弱いことなどがあります。治療法としては視力の改善や眼鏡の使用、手術になります。
視力を守るためには早めの診断が必要になるため、周りの大人が気づいてあげることが大切です。受診して、さらに検査が必要ならばほかの医療機関に案内してくれます。

アキコルミエール眼科の口コミ情報

口コミ

先生が優しく、親身になってくれるので通院しています。

リンク元:http://fdoc.jp/clinic/detail/index/id/132856/tab/8/

病院は怖いなという雰囲気はなく先生はとても話がしやすい。

リンク元:http://fdoc.jp/clinic/detail/index/id/132856/tab/8/

院内も清潔感がありスタッフさんも先生も対応がいい

リンク元:http://fdoc.jp/clinic/detail/index/id/132856/tab/8/

アキコルミエール眼科が注力している症状・検査・治療別の対応方針

白内障

水晶体が濁り、目の中に光が入りづらくなる疾患を白内障と呼びます。濁った水晶体を手術で取り除き、眼内レンズを挿入する治療がおこなわれます。
そして、白内障の手術後、挿入した眼内レンズを収めた袋が濁ることで発症するのが後発白内障です。レーザーで濁った水晶体の袋に穴を開け、目の中に光が入るようにすることで視力の改善を目指します。

アキコルミエール眼科の白内障についてもっと詳しく

白内障

出典:http://fdoc.jp/clinic/detail/index/id/132856/tab/3/

ドライアイ

涙が減ったり、眼の表面の潤いが低下したりしている状態をドライアイといいます。眼が乾いてしまい、傷つきやすくなるのが怖い疾患です。
治療としては人工涙液や自己血清の点眼や涙点プラグの挿入をしてくれます。涙点プラグは涙の出口に栓をして、眼に涙をとどめておく治療法です。

アキコルミエール眼科のドライアイについてもっと詳しく

ドライアイ

出典:http://fdoc.jp/clinic/detail/index/id/132856/tab/3/

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症とは、色や明るさを感じ取っている網膜部分の細い血管がダメージを受け、血管内が詰まってしまう状態を指します。
治療には光凝固術というレーザーを使用した治療がおこなわれます。病状が進行し、網膜剥離や硝子体出血がある場合、眼球に穴を開ける手術がおこなわれます。

アキコルミエール眼科の糖尿病網膜症についてもっと詳しく

糖尿病網膜症

出典:http://fdoc.jp/clinic/detail/index/id/132856/tab/3/

アキコルミエール眼科の院長はどんな人?

医師プロフィール紹介

院長

山口 暁子

患者様へのメッセージ

はじめまして。アキコルミエール眼科の院長、山口暁子です。フランス語で光、知識、解明を意味するルミエールという言葉は眼科の医院の目指すべき方向を指し示す名称としてピッタリだと自負しております。患者さまの不安な気持ちを払拭して差し上げて、元気にお帰りになる姿を拝見する度に、この上無い充実感と幸福感を味わうことができるのです。医師として、又、娘を育てながら働く一人の母親として、常に光る存在でありたいと願っています。

経歴

東京女子医科大学卒業 
慶応義塾大学病院眼科学教室 入局 
国立小児病院(現 成育医療センター)勤務 
けいゆう病院 勤務 
深作眼科 副院長を経て2005年11月に開業

最寄り駅は?駐車場はある?アキコルミエール眼科のアクセス情報

最寄り駅

センター南駅5番出口よりエスカレータを下って徒歩約1分。分

住所

神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎中央51-1ベルウ゛ィル茅ケ崎3F

駐車場

駐車場有り

アキコルミエール眼科の写真

【まとめ】横浜市都筑区 センター南駅近くの「アキコルミエール眼科」は予約も可能!

アキコルミエール眼科

アキコルミエール眼科

アキコルミエール眼科は横浜市都筑区茅ケ崎中央にある眼科の医院です。 横浜駅より4号線(グリーンライン)を経てセンター南駅5番出口を降りて徒歩約1分の場所にございます。

山口暁子院長は1985年に東京女子医科大学を卒業し、慶応義塾大学病院眼科学教室に入局し、その後、国立小児病院(現 成育医療センター)などでの勤務を経て、2003年に開業しました。

医師であった両親の影響で医療の道を志しました。緑内障や糖尿病網膜症などの手術も手掛けてまいりましたが、眼科の医師としての守備範囲の広さを志向致しております。そのことは対応できる眼科疾患の豊富さに現れています。

それと同時に、3次元眼底像撮影装置や蛍光眼底造影検査装置などの検査機器や治療器具のラインアップにも高次元の医療の提供を目指す医院の姿勢を表現しています。小さなお子さまもご年配の方も、当医院からお帰りになる時には元気になって帰って頂きたいと思っています。

その他 センター南駅周辺の病院一覧

      もっとみる
      2018-07-11
      不正確な情報を報告

      不正確な情報を報告

      医院名を入力してください
      メールアドレス:任意
      ※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
      コメント(オプション):

      関連記事

        関連記事が見つかりませんでした。
      • LINEで送る

      センター南駅周辺の眼科を検索!

      ネット受付・予約もできる

      病院検索サイト

      センター南駅周辺には、まだまだたくさんの眼科があります。
      ご自宅や職場の近くで眼科を探したいときは、検索サイト『EPARKクリニック・病院』を使ってみてください。

      EPARK
      • お探しのエリアで病院をかんたん検索♪
      • 24時間ネット予約ができる病院を探せる!
      • 病院の特徴が一目でわかる情報を多数掲載!

      センター南駅の眼科一覧へ!