「9月1日問題」――夏休み明けの子どもの命を救うには?

9月1日問題
  • LINEで送る
杉山教授写真1

監修者

杉山崇 教授

神奈川大学人間科学部 教授
心理相談センター 所長
臨床心理士(公益法人認定)
1級キャリアコンサルティング技能士(国家認定)

学習院大学大学院修了
精神科、教育、福祉、産業など各領域の心理職を経て日本学術振興会特別研究員に。
神経(脳)活動・心理過程・社会的関係の相互作用を考慮したうつ病研究を行う。
「心理学で幸せを増やす」をテーマに教育研究および心理・キャリア相談に従事する一方でテレビや雑誌などメディアを通じた啓発活動の実績も多数。

2015年の自殺対策白書によると、1972年から2013年までに自殺でなくなった18歳以下の子どもは1万8048人とされています。

この42年間の累計で一日平均50人弱の子どもが自ら命を絶っているのです。少子化で子どもが減っている昨今でも毎年300人前後と言われています。子どもたちに「あったはずの未来」を思うと、このような現実は受け入れがたいものです。

特に夏休みが終わると子どもの自殺が増えるといわれています。数字で語りきれるものではありませんが、学校の新学期が始まる9月1日は131人と突出して多く、9月2日が94人、8月31日が92人と9月1日前後に集中していることが分かります。

このことは子どもを案じる大人たちの間では「9月1日問題」と呼ばれ、各方面から対策が検討されています。

夏休みの終わりは“永遠の地獄のはじまり”

自殺したくなる子どもの心には9月1日がどのように見えているのでしょうか。実は自殺する子どもには9月1日が永遠に続く地獄の始まりのように感じられているのです。

学校は子どもが暮らし、育つ場でもありますが、ストレスフルな場でもあります。特に学校の人間関係をストレスに感じる子どもは少なくありません。

そして子どもと大人では体感時間の長さが違います。子どもの頃は一日を長く感じた…という思いがみなさんにもないでしょうか。体感時間は体の大きさに応じて遅くなります。体の小さい子ども時代は時間の感じ方がとても長いのです。

また、不快な気分も体感時間を長くすることが知られています。学校の人間関係をストレスに感じている子どもには9月から冬休み、春休みまでの数ヶ月が永遠のように感じられてしまうのです。

悪いことしか考えられなくなる「気分一致効果」

また、高いストレス状態では私達の心には気分一致効果と言われる現象が起こります。これは不快な気分に引きずられて、悪いこと、嫌なことしか考えられなくなる現象です。

大人には「学校の人間関係なんて続いたとしてもたった数年のこと」と思えるかもしれませんが、子どもの心には永遠のように感じられるだけでなく、学校が終わった後の自分の人生についても嫌なことしかない地獄ように思えてしまうのです。こうして永遠の地獄を生きるくらいなら…と楽になれる方法を選ぶのです。

気分一致効果

 

リスクを察知して子どもを守ろう

では、自殺のリスクはどのように知ることができるのでしょうか。自殺する子どもの多くはその前に予告していることがほとんどです。ですが、周りが「何を言ってる?」という態度で取り合わないことが多いようです。

また、何か紙にメッセージを残すこともあります。机やテーブルに向かって誰にも見せないように何かを書いているとしたら、それだけでも要注意です。本人が見せたがらないことが多いのですが、必ず確認するように心がけましょう。

自殺のリスク

意外と多い子どものうつ病

自殺につながりやすい心の問題としてはうつ病が有名ですが、実は子どものうつ病は大人が思っているよりずっと多いことが知られています。大人の有病率と変わらないというデータもあります。

そういう子どもたちの多くは、「誰も自分を大切に思っていない」「みんな自分のことを嫌っている」と思い込んで心の痛みに孤独に耐えています。なので、この世から消えたい苦しみを誰にも相談せずに自殺してしまうのです。

うつ病の兆候としては元気がなくなることがよく知られていますが、子どもの場合は家族に当たり散らすこともその兆候の一つです。へりくつを付けて人に変なツッコミを入れるなど、大人にはうつ病に思えないことが多いので要注意です。

また、家族によそよそしくなるのもその兆候になる場合もあります。うつ病と気づかれないままに自殺してしまう子どもが多いという事実は知っておきましょう。

子どものうつ病

9月1日を前に、改めて子どものことを考える

学校でいじめに遭っている場合もリスクが高いと言われています。ただ、いじめと悪ふざけは境界線が曖昧で、いじめが認知されにくい現実もあります。子どもが一方的に殴られても防御姿勢をとる被害者を見て教師は「つつきあっていた」といじめを放置してしまう例も多いです。

また、子どもも自分から言いたがりません。同級生とも交流しなくなったら、いじめられている可能性があると思って注意深く見守ることが重要です。

家族や親しい人との死別を経験した後もリスクです。死が身近になってしまうことで自殺へのハードルが下がるからです。

9月1日を前に、改めて子どもについて考え、見守るようにしましょう。

この記事は役に立った!

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):

関連記事

  • LINEで送る

お近くの心療内科を検索!

ネット受付・予約もできる

病院検索サイト

ご自宅や職場の近くで心療内科を探したいときは、検索サイト『EPARKクリニック・病院』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を確認することができます。

EPARK
  • 科目をしぼって簡単検索♪
  • 充実の医院情報満載!
  • 待ち時間を削減!Web受付にも対応!

心療内科一覧へ!