風疹の抗体検査の方法と結果の見方を解説!費用は?どこで受けられる?

風疹 抗体検査
  • LINEで送る
岡村長門先生

監修者

岡村クリニック

院長:岡村長門 先生

【職務経歴】
戸田中央総合病院
埼玉医科大学
公立昭和病院
岡村医院
岡村クリニック

風疹は、子供の病気と思われがちですが、近年は大人の患者が増えています。

一般的には風疹は一度かかれば二度とかかることはないといわれています。

しかし、予防接種を受けていても、まれに抗体ができていない場合や、風疹のワクチンを一度しか受けていない場合、一度感染していても、体質や加齢によって抗体が低くなることで再感染の可能性が高くなることもあります。この記事では、風疹の抗体検査についてご紹介します。

風疹の抗体検査について

1.風疹の抗体検査って何?

抗体検査

風疹抗体検査とは、血液検査(HI法、EIA法)で風疹ウイルスの抗体の有無と抗体価を調べる検査です。

2.HI法とは

HI法(Hemagglutination Inhibition test)は、『赤血球凝集抑制法』とも呼ばれる風疹抗体検査の一つです。ガチョウ血球を使用していますが、供給不足のため風疹抗体検査は、今後EIA法に移行していくと考えられます。

HI法の検査結果は、8の倍数で示され、8倍未満の場合、免疫を保有していないため、風疹含有ワクチンの接種が勧められます。

8倍~16倍

過去に感染や予防接種により風疹の免疫はありますが、不十分であるため感染によってお腹の赤ちゃんへの影響がある可能性があります。妊娠を希望する人は、風疹ワクチンの接種が勧められます。

32~126倍

32倍以上あれば、風疹感染の予防に十分な免疫を保有していると考えられ、風疹ワクチンの接種は基本的に必要ない状態です。

256倍~

最近風疹に感染した可能性があると判断されます。

3.EIA法

EIA法(Enzyme Immunoassay)は『酵素抗体法』とも呼ばれる風疹抗体検査の一つで血清を使用しています。EIA法の検査では、使用するキットによって異なりますが、日本で多く使用されているものでは、以下のような基準で抗体があるかどうかの判断を行います。

8未満

抗体がないか、十分な抗体がない。妊婦が感染することによって、お腹の赤ちゃんに影響がある可能性があるため、妊娠を希望する女性の場合はワクチン接種が勧められます。

45以上

十分な抗体をもっているか、最近風疹に感染した可能性があります。

なぜ抗体検査を受ける必要があるの?

1.予防接種を受けても、抗体がない場合も!

予防接種 子供

風疹ワクチンの予防接種は、1回の予防接種で約95%の人が免疫を獲得し、2回の予防接種を受けることによって、ようやく99%の免疫を獲得し、より確実なることがわかっています。

しかし、2回接種してもなお、100%の効果が期待できるものではないために、まれに予防接種を受けていても抗体がない場合があります。

2.男性も抗体検査を受けるべき?

妊婦と夫

風疹は、接触感染や飛沫感染で拡がります。1人でも多くの人がワクチンを接種することで感染の予防につながり、家族や周りの人に移すことを防ぎます。

配偶者が妊娠を希望している場合は、必ず抗体検査を受けて、免疫がなければ予防接種を受けるようにしましょう。

3.年代によって十分な免疫を持たない人も

1990年以前に生まれている人

かつては、子供のころに風疹に感染し、自然に免疫を獲得するのが一般的でした。

しかし風疹ワクチンの接種率の上昇により、自然感染する人が少なくなっています。

1990年(平成2年)4月2日以降に生まれた人は、ワクチンを2回接種する機会がありましたが、それより年齢が高い人は、受けていても1回です。

1979年以前に生まれている男性

さらに昭和54年4月1日以前に生まれた男性は、予防接種の機会が一回もなく、十分な免疫を持たない人が多いと考えられています。

4.風疹は、妊婦にかかると赤ちゃんへの影響も

胎盤を通じて赤ちゃんに感染

赤ちゃん胎盤

妊婦が風疹に感染すると、お腹の赤ちゃんも胎盤を通じてウイルスに感染し、先天性風疹症候群となる可能性があります。特に妊娠12週未満は、赤ちゃんの器官が作られる時期であるため、風疹に感染してしまうと赤ちゃんが障害を起こす危険性も高いです。

赤ちゃんの命を守るためにも、妊娠前に予防接種を受け、風疹の感染を予防することが大切です。

妊婦は予防接種を受けることができない

禁止

また、妊婦の場合、産婦人科で妊娠初期に風疹の免疫があるかどうかの検査が行われますが、妊娠中に免疫が不十分であることがわかっても、予防接種を打つことはできません。

風疹ワクチンは生ワクチンになるため、赤ちゃんへの感染がないとは言いきれないからです。

ですから妊娠する前に、風疹抗体検査を受けるようにしましょう。詳しくはお住まいの地域の自治体や保健所に問い合わせるとよいでしょう。

風疹の抗体検査を受ける流れ

1.抗体検査はどこで受けられる?

自治体や保健所で受ける

風疹抗体検査は、先天性風疹症候群を予防するために、主に妊娠を希望する女性を対象に、自治体や保健所で行われています。

2抗体検査の方法

検査方法は、採血のみで行われるため、時間もかからず簡単に終わります。

検査結果は2~3日で判明するものから、長いものだと2週間程度期間を要するものまであります。検査に要する日数などは、受診される各施設に問い合わせてみてください。

3.抗体検査にかかる費用や時間、数値の見方

妊娠を希望する女性は無料または一部助成も

無料

費用は自治体によって異なりますが、妊娠を希望する女性には、無料もしくは一部助成がされます。

検査方法は主に、HI法とEIA法があり、HI法に助成が出ていることが多いです。検査方法によって費用が異なる場合もあります。

しかし受診される施設によっては、EIA法しか検査が受けられないこともあるため、受診する医療機関や、自治体に確認してから受診するようにしましょう。

4.検査の結果、風疹の抗体価が低かったら?

早めに風疹ワクチンの接種を!

ワクチン

検査の結果、風疹の抗体価が低いことがわかれば、早めに風疹ワクチンの接種を行うようにしましょう。風疹ワクチン接種を行っている医療機関、各自治体や保健所に問い合わせてみるとよいでしょう。

ワクチンの費用を公費助成する自治体も

十分な免疫がないことがわかれば、風疹ワクチンの接種が勧められますが、ワクチンの費用について公費助成をしている自治体もあります。一度確認されるとよいでしょう。

まとめ

風疹の抗体検査は血液検査のみで行うことができるので、簡単で時間もかかりません。

検査費用は無料、または公費助成がある場合もあります。お住まいの自治体や保健所に問い合わせるようにしましょう。

風疹の抗体価が低いことがわかれば早めに風疹ワクチンの予防接種を受けることをおすすめします。

この記事は役に立った!

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):