赤ちゃんは重症化することも!RSウイルスの症状や潜伏期間、後遺症について

RSウイルス 赤ちゃん
武井智昭先生

監修者

なごみクリニック

院長:武井智昭 先生

平成14年に慶應義塾大学医学部卒業

RSウイルスは、赤ちゃんに感染することの多い病気のひとつです。

2歳になるまでに、ほぼ全員に感染するともいわれています。

この記事では、赤ちゃんがRSウイルスに感染した場合の症状や治療法、後遺症について解説します。

風邪と勘違いしやすいRSウイルスの症状

1.RSウイルスとは

呼吸器に感染するウイルス!

秋から冬にかけて流行するRSウイルス

RSウイルスは『呼吸器感染症』の原因となる、数百種類のウイルスのひとつです。

おもな症状は、かぜや咽頭炎と似ていますが、重症化しやすく『細気管支炎』『肺炎』を引き起こすことがあります。

毎年冬に流行しますが、近年では夏に感染したという報告もある感染症です。

2歳になるまでに、ほぼ100%の子どもに感染する

RSウイルスは、乳幼児が感染する代表的な『呼吸器感染症』です。

乳幼児の半分以上が1歳までに感染し、ほぼ100%が2歳までに感染するといわれています。

赤ちゃんは重症化する可能性があるため注意!

赤ちゃんは重症化する可能性も!

乳児期の早期に感染すると重症化する可能性が高く、要注意です。

重症化して、『細気管支炎』や『肺炎』にかかると入院が必要になるケースもあります。

しかし、RSウイルスの認知度は高いとはいえないため、症状に気づいていても受診や治療が送れることが

2.赤ちゃんのRSウイルスの症状

赤ちゃんがRSウイルスに感染すると、鼻水・せき・発熱など、かぜに似た症状があらわれます。

また、感染した赤ちゃんの1割前後が、『気管支炎』や『肺炎』を発症します。

せきが多い、ぜいぜいと呼吸音がするといった症状があらわれたら、気管支炎や肺炎を疑いましょう。

3.重症化した場合について

重症化すると、呼吸困難や無呼吸状態になる

呼吸が苦しいようであればすぐに救急車で病院へ!

RSウイルス感染症が重症化すると、呼吸困難無呼吸状態になります。

このような症状がみられたら、救急車を呼ぶなどして、すぐに病院を受診してください。

とくに注意!重症化しやすい赤ちゃんは?

早産の赤ちゃんは、早く生まれてきたぶん、呼吸器など器官の免疫力が低いことがあります。

そのためとくに、RSウイルスの重症化に注意が必要です。

また、ダウン症候群・もともと肺や心臓に病気がある・免疫不全の病気があるという赤ちゃんも、重症化しやすいため注意しましょう。

重症化を予防する注射がある!

重症化しやすい赤ちゃんには、『RSウイルス抗体』の筋肉注射を打って、早めに予防するという方法があります。

感染を完全に防げるというわけではありませんが、ある程度は重症化を予防することができます。

4.感染経路と潜伏期間について

RSウイルスは『飛沫感染』や『接触感染』によって感染

感染の経路や潜伏期間は?

・飛沫感染…「くしゃみ」や「せき」、話をしているときなどに飛んだツバによる感染。

・接触感染…手指など皮膚の接触や、病原体がついているものに触れたことによる感染。

潜伏期間は一般的に、2〜5日

大人が感染した場合は、軽いかぜの症状でおさまることがほとんどです。

そのため、RSウイルスに感染したとは気づかず、子どもにうつしてしまうこともあります。

赤ちゃんのRSウイルスの治療と、後遺症について

1.RSウイルスの検査について

保険適応で検査が受けられる場合は?

RSウイルスに感染しているかは、『抗原検出キット』によって調べることができます。

ただし、この検査を保険適応で受けられるのは、1歳未満の赤ちゃんか、入院が必要な赤ちゃんのみです。

2.赤ちゃんのRSウイルスの治療

RSウイルスに感染すると、多くの場合発熱をともないます。

そのため、まずは『解熱剤』を用いて熱を下げます。ぜいぜいとした呼吸音も、薬で和らげます。

自宅では脱水症状を防ぐため、こまめな水分補給を心がけましょう。

経口補水液やノンカフェインの麦茶を薄めたものがおすすめです。

3. RSウイルスにかかると、後遺症が残る可能性がある?

重症化した場合、気管支の粘膜が過敏になり、『喘息症状』を引き起こしやすい傾向があります。

しかし、後遺症が残ることはほとんどありません。

4.RSウイルスは、重症化を防ぐことが大切!

感染時に重症化する可能性があれば予防注射を!が

RSウイルスは、ほとんどの赤ちゃんが感染する、感染力の強いウイルスです。

そのため、感染したときに重症化しないよう、十分注意する必要があります。

早産や病気にかかっているなど感染時の重症化が危惧される場合は、事前に医師に相談して予防注射をしておきましょう。

また、少しの体調の変化でも、早めに病院を受診することが大切です。

まとめ

「赤ちゃんがRSウイルスに感染した場合」のまとめ

RSウイルスは、2歳までにほぼ100%の赤ちゃんに感染します。

かぜと似た症状が多く、『発熱』や『鼻水』、『せき』などの症状があらわれます。

悪化すると、『呼吸困難』に見舞われることもあるため、注意が必要です。

早産の赤ちゃんや病気がある赤ちゃんは感染した場合に、重症化するリスクが高いといえます。不安がある場合は、事前に医師と相談しておくとよいでしょう。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):

関連記事

お近くの小児科を検索!

ネット受付・予約もできる

病院検索サイト

ご自宅や職場の近くで小児科を探したいときは、検索サイト『EPARKクリニック・病院』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を確認することができます。

EPARK
  • 科目をしぼって簡単検索♪
  • 充実の医院情報満載!
  • 待ち時間を削減!Web受付にも対応!

小児科一覧へ!