【咳が止まらないときの対処法】医師が教える咳をおさえるコツとは?

咳 長引く
  • LINEで送る
  • すごく役に立った
  • 役に立った
  • 普通に役に立った
  • あんまり役に立たなかった
  • ぜんぜん役に立たなかった
荒牧竜太郎先生

取材協力

荒牧内科

院長:荒牧竜太郎 先生

荒牧内科 院長
【職務経験】
福岡大学病院
西田厚徳病院

 

1998年 埼玉医科大学 卒業
1998年 福岡大学病院 臨床研修
2000年 福岡大学病院 呼吸器科入局
2012年 荒牧内科開業

 

地域密着型で、内科全般を診療。早期発見、早期治療が病気の予後を変えるため、患者さんに有益な情報発信を行っていく。

コンコンと咳が出て、なかなか止まらなくなって困ったということはありませんか? 人が多い場所や静かな場所で、咳を控えたいときに限って出てしまうこともありますよね。

長い期間咳をしていると、体力の低下や疲れだけでなく、ひどい場合には肋骨を疲労骨折する場合もあります。風邪などをきっかけに咳が出ているとしても、いつまでも続くようであれば風邪以外の感染症の可能性を考えなければなりません。

そこで、長引く咳の原因や対処法について詳しく解説していきます。

目次

もっと見る

咳が長引く原因は?

風邪

風邪を引くと発熱や鼻水、くしゃみなどのさまざまな症状がありますが、その症状の一つに咳があります。風邪の場合、原因の多くはウイルス感染といわれています。風邪によって気道が通常より狭くなり、刺激されやすくなってしまうと咳が続くことがあります。

アトピー性咳嗽

乾いた咳が特徴のアトピー性咳嗽(がいそう)は就寝時や早朝に多く、温度差や会話中、受動喫煙、香水の香り、運動など日常生活の中にさまざまな引き起こされる要因が含まれています。これらのちょっとした行動によって咳が誘発され、それが人より感度が高いためにちょっとしたことで咳が続いてしまいます。

肺炎

風邪などをきっかけに免疫力が低下することで、肺まで細菌やウイルスが侵入し、肺炎を引き起こすことがあります。肺炎の症状は咳や発熱などを伴い、風邪と似ているためかなり病気が進行しないと気づかないことがあります。

喘息

喘息は「ヒューヒュー」と息苦しさを感じるタイプと、咳喘息といって咳症状だけが続くものがあり、環境変化によって咳が誘発されます。

COPD(慢性閉塞性肺疾患)

慢性気管支炎や肺気腫と呼ばれてきた病気の総称である「COPD」は、主にタバコの煙が原因となって発症します。COPDの症状は、少し動いただけで息切れし、慢性的に咳や痰などの症状が起こります。

長引く咳が特徴のそのほかの病気

百日咳

風邪の症状に似た症状の後に、咳だけが残りいつまでも咳をしている場合、百日咳菌による感染症によって咳が長引いている可能性があります。

薬による影響

血圧降下剤が咳を引き起こすことがあります。これは薬による副作用で、すべての人に起こるわけではありませんが、まれに降圧薬による咳で受診をされる患者さんもいます。

咳がつらいとき…自分でできる対処法

咳が続くのは、本当につらいものです。特に、咳を控えたい場所や人の集まる場所では、咳を止めたいと我慢するとますます出ることもあります。

また咳のし過ぎで、肋骨を疲労骨折するということもあります。そこで、咳が続くつらい症状を和らげる方法をご紹介します。

基本は気道の乾燥を防ぎ免疫力を高めることが大切になります。

水分をとる

水、または殺菌作用のあるはちみつでレモンを漬けた「はちみつレモン」のお湯割り、生姜湯など

飴を舐める

のど飴などは、はちみつや生姜入りのものもおすすめです。

マスクをつける

マスクをつけ、人への感染を防ぐと同時に喉が加湿されるため、乾燥による咳を防ぎます。

エアコンの設定温度を調整し、加湿する

特に夏場は暑くてヒンヤリするまで設定温度を下げることが多いと思いますが、冷えると喉や気道も冷え咳が出やすくなります。

冬場は特に乾燥しやすくなりますので、加湿して、湿度が50~60%になるように保ちましょう。

就寝時は枕を高くする、または、横向きになる

枕を高くしたり、横を向いたりすることで呼吸が楽になり、就寝時の咳で眠りが妨げられることが減ります。

栄養をしっかりとり身体を休める

免疫力が低下していると感染症にかかりやすくなります。身体を温め、体温を上げ、栄養をとることで細菌やウイルスの侵入を防ぎ、身体の防御力を高めることができます。

一汁三菜を中心に季節の野菜や海藻、きのこなどを食事に取り入れ、よく噛んで腹八分程度にとどめておくようにしましょう。また、しっかりと睡眠をとるようにしましょう。

どのくらい咳が続いたら病院に行くべき?行くときは何科へ?

どのくらいで病院に行った方がいい?

どのくらい咳が続いた場合病院へ行くべきでしょうか。咳が続く期間の目安は、約2週間です。

2週間以上咳が続く場合は、肺炎や喘息、COPDなど風邪ではない病気を患っている可能性があるため、早めに診察してもらいましょう。

受診はどの科?

内科や耳鼻咽喉科、呼吸器科を受診するのが良いでしょう。かかりつけの医師に相談して、より詳しく診てもらった方が良いと医師が判断した場合は、紹介状を書いてもらい専門医へ診てもらう形になると思います。

まとめ

長引く咳は本当につらいものです。風邪などを引き、咳が続く場合は早めに医師の診察を受け、咳止めを処方してもらいましょう。

風邪などの感染症にかからない身体づくりを日ごろから行うことを心がけましょう。ちょっとくらいと夜更かしなどをすると、免疫力が低下し感染症にかかりやすくなってしまうということもあります。風邪などを引きやすい方は特に注意が必要です。

また、咳が出た場合には、咳を和らげる方法を行ってみてください。

あまりにも続くようであれば、かかりつけの医師に早めに診察してもらい、重症化する前に対処するようにしましょう。

 

執筆者:荒牧内科 荒牧竜太郎 先生

この記事は役にたちましたか?

  • すごく
  • いいね
  • ふつう
  • あまり
  • ぜんぜん
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):