呑気症の治し方と原因を解説。早食いはNG!胃腸の病気との関係も

呑気症 治し方
  • LINEで送る
荒牧竜太郎先生

監修者

荒牧内科

院長:荒牧竜太郎 先生

荒牧内科 院長
職務経験
福岡大学病院
西田厚徳病院
平成10年 埼玉医科大学 卒業
平成10年 福岡大学病院 臨床研修
平成12年 福岡大学病院 呼吸器科入局
平成24年 荒牧内科開業

生活している中で、息を飲みこむことが多々あります。

少量なら問題ありませんが、飲み込む空気の量が多いと体に負担がかかってしまいます。

この記事では自分でできる呑気症の治し方と、発症の原因、病気の可能性について解説していきます。

呑気症(どんきしょう)とは?

腹痛

呑気症は読んで字のごとく、無意識に飲み込んだ空気がおなかにたまって、腹痛などの症状を引き起こす状態です。

別名「空気嚥下症(くうきえんげしょう)」とも呼ばれます。

誰でも食事中などは少なからず空気を飲み込むものですが、少量であれば食べ物の消化や吸収の過程でなくなるため、体に支障をきたすことはありません。

しかし飲み込む空気の量が多いとお腹にたまっていき、お腹が張ることで腹痛の原因となります。

1.腹痛以外の症状も

肩こり

緊張などで奥歯を噛みしめる癖があると空気を飲み込みやすく、この場合はほかに肩こり・顎周囲の痛み・頭痛などの症状も出ます。

また腸にたくさん空気がたまると、横隔膜を押し上げて心臓に負担をかけたり、息苦しさなどがみられたりする場合もあります。

2.原因

早食い

原因は主に次のような生活習慣です。

  • 早食い
  • ストレス
  • 緊張
  • 奥歯を噛みしめる癖
  • 炭酸飲料をよく飲む

特に奥歯を噛みしめる癖は、自然と力が入るため唾液を飲み込む機会が増え、空気を飲み込みやすくなります。

男性よりも女性に多い

呑気症は男性よりも女性に多い傾向があります。

これは女性の方が、ホルモンバランスの影響などでストレスを感じやすいためです。

胃腸の病気が関係していることも

おなかが張るなどの症状は、胃腸の病気が関係していることもあります。

異変がみられたら病院で消化器系の病気がないか、診断してもらうことが大切です。

自分でできる呑気症の治し方

1.ストレスを減らす

ストレス

呑気症はストレスや緊張の機会が多いと起こりやすくなるため、次のようなストレスを減らす工夫をしてみましょう。

  • 好きなことや趣味に打ち込む時間をつくる
  • 軽い運動する
  • 睡眠をしっかりとる
  • 買い物をする
  • 友人と会う

ストレス発散の方法は人によって違うので、自分に合う方法をみつけてうまく気分転換をしてみてくださいね。

2.早食いの癖をなくす

食事

もともと食事のときは、食べ物と一緒に空気を飲み込んでしまうものです。

しかし早食いをするとより多くの空気を飲み込んでしまい、呑気症の原因となります。

食事のときは慌てたり急いだりせず、よく噛んでゆっくり飲み込みましょう。

飲み物を飲むときは音を立てない

飲料やスープなどは音をたてず少しずつ飲むことで、空気を飲み込む量が減らせます。

3.胃腸にやさしい食習慣を!

食事

胃腸に負担のかかるものは避ける

胃腸に負担のかかる揚げ物や、おなかにたまりやすい炭酸飲料・ビールなどを控えましょう。

呑気症はげっぷを促すため、これによって胃液や食べ物が逆流すると、胸焼けが生じて逆流性食道炎になることがあります

胃に負担のかかるものは胸焼けを助長するため、避けた方が良いでしょう。

食後はげっぷが出るのを待つ

食事の後はすぐに動かず、しばらく座ったままで休息をとります。

そしてげっぷが出るのを待ちましょう。

病院で受ける呑気症の治療について

1.不快感が治まらなければ病院へ!

治療

胃の不快感やお腹が張るなどの症状は、消化器系の病気でも表れるものです。

不快感を抑えるために自己判断で市販薬を飲む方もいますが、まずは病院を受診して病気がないか確認することが大切です。

2.診療科目と治療内容

受診

一般的には内科や消化器内科を受診し、腹部CT・腹部X線・胃X線造影・内視鏡などの検査を行います。

胃腸に異常がある場合は、消化器官機能改善薬や消泡薬などを用います。

歯を食いしばる癖がある場合

奥歯を食いしばる癖があり歯肉炎や顎関節症が生じている場合、歯科や口腔外科を受診します

マウスピースを作って、歯を食いしばったり擦り合わせたりする癖を改善します。

日常的に不安や緊張がある場合

特に胃腸の病気はなく、不安や緊張によって空気を飲み込みやすい場合は、心療内科や精神科を受診します。

不安を取り除く治療やカウンセリングなどを受けることで、改善する場合もあります。

まとめ

呑気症は空気を多く飲み込むことで起こります。

早食いの習慣がある方や、ストレスなどで奥歯を噛みしめる癖のある方は注意が必要です。

また胃腸の病気が関係していることもあるため、不快感が消えなければ病院でしらべてもらいましょう。

原因に合わせた治療や対処を行うことが大切です。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):

関連記事

  • LINEで送る

お近くの消化器内科を検索!

ネット受付・予約もできる

病院検索サイト

ご自宅や職場の近くで消化器内科を探したいときは、検索サイト『EPARKクリニック・病院』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を確認することができます。

EPARK
  • 科目をしぼって簡単検索♪
  • 充実の医院情報満載!
  • 待ち時間を削減!Web受付にも対応!

消化器内科一覧へ!