外耳炎の原因は耳掃除のし過ぎ!症状の初期~悪化まで。痛みが強くなる

外耳炎 原因
  • LINEで送る
  • すごく役に立った
  • 役に立った
  • 普通に役に立った
  • あんまり役に立たなかった
  • ぜんぜん役に立たなかった
白畑敦先生

監修者

しらはた胃腸肛門クリニック横浜

院長:白畑敦 先生

2002年 昭和大学藤が丘病院 消化器外科臨床研修医
2004年 昭和大学藤が丘病院 消化器外科助教(院外)
2006年 幕内会 山王台病院 外科
2007年 昭和大学藤が丘病院 消化器外科助教
2008年 関東労災病院 外科
2009年 昭和大学藤が丘病院 消化器外科 助教
2012年  横浜旭中央総合病院 外科、昭和大学藤が丘病院 兼任講師
2017年 しらはた胃腸肛門クリニック横浜を開業、院長に就任

 

大腸がんの診断から手術、肛門疾患を専門に行う。
患者さんが疑問を残さないよう、丁寧な診療を心がけている。

目次

もっと見る

『外耳炎』は耳そうじのし過ぎなどが原因で起こる、身近な病気のひとつです。

こちらの記事では、外耳炎にかかる原因や、どのような症状があらわれるかについて解説します。

外耳炎とは?

1.外耳炎ってどんな病気?

『外耳炎』は、耳の中の『外耳』という部分が炎症を起こす病気です。

耳は、外耳、中耳、内耳とわかれており、耳の入り口から鼓膜までの部分を『外耳』と呼んでいます。

外耳炎 原因

2.外耳炎の症状

初期症状は「耳のかゆみ」や「わずかな痛み」

外耳炎の初期症状は、『耳まわりがかゆい気がする』、『少し痛みがある』といった程度です。外耳炎にかかる人のほとんどが、こうした症状を自覚します。しかしわずかな違和感のため、これだけで外耳炎を疑う人は少ないかもしれません。

悪化すると痛みがどんどん強くなる

症状が悪化するにつれ、耳の違和感がどんどん増し、普通に生活するのも苦しくなります。ついには夜も眠れない程の痛みへと変わっていきます。

さらに進行すると、耳垂れや難聴が生じる

さらに進行すると、常に耳が詰まっているように感じる、耳から液体が出る『耳垂れ』、難聴などの症状があらわれます。

外耳炎にかかる原因

1.原因の多くは、耳そうじなどで耳の皮膚を傷つけること

外耳炎 原因

耳の傷から細菌やカビが炎症を起こす!

外耳炎の原因のほとんどは、耳そうじなどで耳の皮膚を傷つけてしまうことです。その傷から細菌やカビなどが炎症を起こし、外耳炎を発症します。

耳かきのしすぎやお風呂上がりの耳そうじに注意

頻繁に耳かきをしたり、耳そうじをしたりすると、耳の皮膚を傷つける原因になります。

また、お風呂上がりなど、耳垢のふやけた状態で耳そうじをすると、力がかかりすぎ、耳の皮膚を傷つけやすくなってしまいます。

2.そのほかの原因。整髪剤にも注意!

耳が清潔に保たれていなかったり、整髪剤などが耳の中に入り込んでしまったりすると、これも炎症を起こす原因になります。整髪剤が耳の中に入ると、洗い流されることなくそのままとどって、炎症が起きるおそれがあります。

外耳炎にかかったら…治療と対処法

1.外耳炎は自分で治せる?

外耳炎 原因

軽度であれば、数日で治ることも

軽度の外耳炎であれば、数日で自然と症状が改善されることもあります。

耳の痛みなどの自覚症状が軽度であれば、数日間様子を見てもよいでしょう。自然治癒を促す場合は、耳そうじをひかえ、耳の中を触らないようにしてください。

数日経っても症状が改善しなければ病院へ!

数日経っても症状が改善されなかったり、悪化したりするようであれば、すぐに耳鼻咽喉科を受診しましょう。

2.病院でうける治療

外耳炎 原因

耳の消毒や洗浄をおこなう

病院では、耳の消毒や洗浄をして、外耳炎の原因を除きます。膿がたまっている場合は、鼓膜を切開して取り除きます。

軟膏や点耳薬が処方される

処方される薬は、炎症を防ぐ成分の入った軟膏や点耳薬などです。痛みが強い場合には、内服薬が処方されることもあります。

3.外耳炎を予防しよう!耳そうじには十分注意

外耳炎 原因

耳そうじは慎重に。特に耳かきを使うときは気を付ける

耳そうじのし過ぎは、耳の中を傷つける原因になります。耳そうじは慎重に行いましょう。

特に、耳かきを使用するさいは十分に注意してください。耳かきの多くは先端が硬く、耳の中を傷つけやすいです。やさしく耳そうじをするよう心がけましょう。

耳の内側から出血したら、綿棒で消毒を!

万が一、耳の内側から出血してしまったら、綿棒を使って消毒してください。綿棒の先に消毒液を湿らせ、優しく拭きましょう。

まとめ

外耳炎の原因は、耳そうじや整髪剤など身近なところに

外耳炎の原因は、耳そうのし過ぎや整髪剤が耳に入ることなど、身近なところにあります。

外耳炎を予防するためには耳を必要以上に触らないようにして、耳の中を傷つけないよう気をつけましょう。普段から耳掃除を頻繁にする、毎日しないと気が済まないといった人は外耳炎になりやすいので、その習慣を見直すことも大切です。

耳の違和感が3~5日続くようなら耳鼻咽喉科へ

もし、耳に違和感や痛みを感じて3~5日で改善しなければ、耳鼻咽喉科を受診しましょう。治療を短く終えるためにも、症状を自覚したら早めに対応することが大切です。

 

⇒「耳」に関する他の記事を読む
耳掃除のしすぎはNG!「外耳のトラブル」に役立つ耳寄りな記事まとめ5選

この記事は役にたちましたか?

  • すごく
  • いいね
  • ふつう
  • あまり
  • ぜんぜん
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):