これって5月病ならぬ…6月病!?“鈍感”なはずの私が悩んだストレスの原因とその対処法【オキエイコ連載第4話】

健康ぴた_オキエイコ連載4話_6月病07コマ目
  • LINEで送る
  • すごく役に立った
  • 役に立った
  • 普通に役に立った
  • あんまり役に立たなかった
  • ぜんぜん役に立たなかった
オキエイコさん

執筆者

イラストレーター

オキエイコ さん

3歳の娘を持つイラストレーター。学生時代は食物栄養科を専攻し、栄養士資格をもつ。現在はSNSを中心に漫画をメインに活動中。著書「なんとかここまでやってきた」発売中。

 

【Blog】「なんとかここまでやってきた」https://nancoco.net/
【Twitter】https://twitter.com/oki_soroe
【Instagram】https://www.instagram.com/soroe.handmade/


育児漫画がSNSなどで大人気のイラストレーター、オキエイコ(@oki_soroe)さんによる連載。

 

第4話は、学生時代から5月病ならぬ「6月病」に悩まされてきた、オキさんのストレスの原因とその対処法にまつわるお話です。

 

⇒オキエイコさんの前回記事はこちら

「気づきたくなかった…!」ママになって知ってしまった、ちょっと切ない現実とは【連載第3話】


 

目次

目次を開く

学生時代から体調を崩すのは5月よりも6月

健康ぴた_オキエイコ連載4話_6月病01コマ目

 

長いGWから約1ヶ月経ちましたが、みなさん調子はいかがでしょうか。

 

昔から5月の連休明けに体調を崩すことを「5月病」なんて言いますが、私は学生時代から6月に体調が悪くなることが多く、ひそかに「6月病」と呼んでいます。

 

健康ぴた_オキエイコ連載4話_6月病02コマ目

 

私は自分から声をかけたりするのに抵抗がないタイプの人間なので、新生活で「友達ができない…」と悩むタイプではありませんでした。

どちらかというとすぐ友達ができて、出だしは好調。

 

クラス替えしてもすぐ仲良しな友達をつくれたので、4月5月は楽しく暮らしていました。

 

6月頃から気づいてくる、新しい友達との「歪み」

健康ぴた_オキエイコ連載4話_6月病03コマ目

 

そして、問題は6月

 

健康ぴた_オキエイコ連載4話_6月病04コマ目

 

新生活でできた新しい友達との「歪み」(?)に気がついてくる頃でした。

 

健康ぴた_オキエイコ連載4話_6月病05コマ目

 

クラス内でグループができたり、性格的に合う子、合わない子がわかってきたりする時期なので、今まで楽しいだけだった学校生活が途端に難しくなってくる。

 

健康ぴた_オキエイコ連載4話_6月病06コマ目

 

逆に言えば直感的に仲良くなった子たちの中から、本当に一緒にいて楽しめる友達を見極める大切な時期なんだと思いますが、この時期が毎年辛かった…。

 

新社会人になった時は、人間関係とは別に「4月には覚えるだけだったことが、6月あたりには実践しなければならない」というプレッシャーも加わり、さらに重荷だったのを記憶してます。

 

健康ぴた_オキエイコ連載4話_6月病07コマ目

 

こういった悩みはスポットで捉えると大きな負担になりますが、広い目で見ると実は些細なことでつまづいていることが多いです。

 

私の場合、まずはストレス源になっている人や事柄から(可能であれば)距離をとって、自分が熱中できることを楽しむようにしていました。

ゲームだったり、絵を描いたり、一人で楽しめることはこういう時にありがたい存在でした。

 

そして結局、最大の薬は「時間」

どんなに辛いことも、時が過ぎると「なんであんなことで悩んでいたんだろう」と思えることもあるし、その悩みを糧に成長してより強くなれていたりしました。

 

悩んでいる時はどれだけ悩んでいても、周りが見えないタイプの私は、時間が解決してくれるのを待つのが一番の良薬でした。

 

「マイナスな自分」を隠して悶々とした日々

 

人間関係の悩みは複雑で、必ずしも周りだけが悪いということは少なくて、自分も半分悪いこととかはザラにあります。

 

ただ、全てさらけ出して相談するということは自分の悪い部分もさらけ出さなければいけないというわけで、それができる相談相手もいなくて、悶々としていました。

親や知人には、「マイナスな自分」というのは隠したいものなので。

 

健康ぴた_オキエイコ連載4話_6月病08コマ目

 

あれから20年くらい経ち、そんな小さくも大きな壁を幾度となく乗り越えて、随分と図太くなった私がいます。

大抵のことは「なんとかなるだろう」「まぁいいか」で済ませるようになり、落ち込むことも少なくなってきました。(もちろんまだまだあるけど)

 

今は私も人の親になり、まだまだ幼い娘もいつか「親にも話せない悩み」を抱えるようになるんだなぁとしみじみ感じています。

 

そんな時どうしてあげればいいのか考えても答えは出ませんが、娘が乗り越えていくであろう様子をうしろから見守っていきたいなと思います。

 

 

⇒オキエイコさんの記事一覧はこちら

 

著者:オキエイコ

3歳の娘を持つイラストレーター。学生時代は食物栄養科を専攻し、栄養士資格をもつ。現在はSNSを中心に漫画をメインに活動中。著書「なんとかここまでやってきた」発売中。

【Blog】「なんとかここまでやってきた」https://nancoco.net/
【Twitter】https://twitter.com/oki_soroe
【Instagram】https://www.instagram.com/soroe.handmade/

 

 

 

※当記事は個人の体験や感想を基にしたものであり、症状や治療法などすべての方に当てはまるものではありません。体調に不安や異変などがある場合は自己判断せず、医療機関を受診ください。

 

この記事は役にたちましたか?

  • すごく
  • いいね
  • ふつう
  • あまり
  • ぜんぜん
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):