おりものの臭いが気になる!原因は?病気のセルフチェックや対処法

おりもの 臭い 原因
  • LINEで送る
  • すごく役に立った
  • 役に立った
  • 普通に役に立った
  • あんまり役に立たなかった
  • ぜんぜん役に立たなかった
石野博嗣先生

監修者

医療法人社団 石野医院

副院長:石野博嗣 先生

1999年 日本医科大学産婦人科教室入局
日本医科大学付属病院
産婦人科研修医
2001年 国立横須賀病院
(現 横須賀市立うわまち病院)
産婦人科
2002年 東京都保健医療公社
東部地域病院 婦人科
2003年 日本医科大学付属病院
女性診療科・産科 助手代理
2004年 日本医科大学付属第二病院
女性診療科・産科 助手
現在は石野医院の副院長

 

専門は漢方(東洋医学)、産婦人科

 

患者さん一人ひとりに合った薬を作るため、自由にさじ加減ができる煎じ薬を第一と考える。
診療では一人ひとり丁寧に症状の診断を行い、情報の発信を行う。

目次

もっと見る

「おりものの臭いが気になる…」そう思っても、なかなか人に相談しづらいですよね。

『おりもの』は、女性の身体にとって大切なものです。また、ホルモンバランスが整っているかどうかのわかる、バロメーターでもあります。

おりものが分泌されるのはごく自然なことですが、時として、おりものの臭いや量に違和感を覚えることがあります。こちらの記事では、人に相談しづらい、おりものの臭いの原因や対処法について解説しています。

おりものとは

1.膣のうるおいを保ち、細菌の侵入を防ぐ役割

おりものは、子宮頸管(けいかん)や膣、皮脂腺、汗腺などから出た分泌物がまざり合ったものです。

おりもの 臭い 原因

膣の中のうるおいを保ち、細菌の侵入を防ぐはたらきがあります。受精のために精子をスムーズに移動させる大切な役割も果たしています。

2.月経周期に合わせて量が変化する

通常は、月経周期に合わせて、量が増えたり減ったりします。排卵日に向かって分泌量が徐々に増え、排卵期ごろにピークになります。排卵後は粘性が増加し、やや色が濃くなって、分泌量が減っていきます。おりものの量や様子によって、ある程度月経周期を知ることもできます。

3.ふつうは、無臭か、少しすっぱい臭いがする

臭いは『無臭』か、もしくは『少しすっぱいような臭い』がすることもあります。これは、妊娠適齢期の女性の膣の分泌物が酸性であるためです。

なぜ?おりものが臭う原因について

おりもの 臭い 原因

1.月経前はおりものが臭いやすい

特に『月経前』は、おりものが臭いやすくなります

神経が過敏になり、たんぱく質が酸化して臭う

月経前は、神経が過敏になって、臭いに敏感になります。それとともに、皮脂分泌が高まり、皮脂や分泌物に含まれるたんぱく質が酸化することで、臭いやすくもなります。

ホルモンに影響する汗腺の影響

また、ホルモンに影響する汗腺のひとつ『アポクリン汗腺』が陰部には多く、そこから分泌されるアンモニアや脂肪をエサとして、雑菌が繁殖しやすいことも、おりものの臭いに影響しています。ほとんどの場合問題はありません。しかし菌が過剰に繁殖すると臭いもきつくなり、炎症を起こすこともあります。臭いが気になるようであれば念のため、産婦人科の受診をおすすめします。

2.月経が近くないのに臭いが気になる!

雑菌が過剰に繁殖している

月経の前後でないのに「臭いが気になる」「臭いが強くなっている」という場合は、何かしらの原因で『雑菌が過剰に繁殖している』可能性があります

疲労やストレス、睡眠不足、風邪、体調不良などが原因で、抵抗力や、膣が自らきれいな状態を保つ『自浄作用』が低下していると、菌が繁殖しやすくなります。

抗生物質の服用

また、病気の治療のために服用する『抗生物質』が、おりものの臭いの原因になることもあります。抗生物質には、菌の繁殖を抑える作用があり、膣内の環境を保ち、悪玉菌を抑える『常在菌』のはたらきまでも抑えることがあります。そうすると、膣内の衛生環境が乱れ、臭いがきつくなってしまいます

性病にかかっている

さらに、性病にかかっている場合も、膣内の環境が乱れて悪玉菌が増殖し、おりものの臭いがきつくなることがあります。

3.妊娠するとすっぱい臭いは抑えられる

おりもの 臭い 原因

妊娠すると、個人差はあるものの、おりものの酸性度が低くなりすっぱい臭いが抑えられます。ただ、妊娠時は臭いに敏感になっているため、変化がなくとも臭いをきつく感じることもあります。

また、妊娠中はおりものの量が増えます。これは胎児を守るために防御機能が強化され、子宮内への雑菌の侵入を防ぐために起こります。

おりものの臭いから考えられる病気!セルフチェック

おりもの 臭い 原因

おりものの臭いから考えられる病気には、さまざまなものがあります。病気によって、おりものの色や量、臭いの特徴、デリケートゾーンのかゆみや痛みなど、その他の症状も変わってきます。

「おりものの臭いが気になる…」と思っている人は、一度表と症状を照らし合わせてみてください。

おりものの状態おりものの量可能性のある病気その他の症状放置したときのリスク
カッテージチーズのように、ポロポロして、白濁している多い膣カンジタ症強い外陰部・膣内の痛み皮膚炎
黄色、もしくは黄緑色

泡がまじり、悪臭を放つ

一気に多くなる膣トリコモナス症強い外陰部のかゆみ、ただれ、腹部痛、排尿痛不妊症や早産、

流産、早期破水をまねく

黄やグレーがかっている

粘着質でべとつく

多い細菌性膣症外陰部のかゆみ骨盤内炎症性疾患を起こしたり、妊婦では早産や分娩後の子宮感染症などのリスクがある(症状がない場合は、必ずしも治療が必要というわけではありません。)
出血をともなう

黄みがかっている

少ない萎縮性膣炎外陰部の乾燥、かゆみ
茶褐色や赤、赤褐色

悪臭がある

多い子宮頸がん不正出血、性交痛、下腹部痛、腰痛、血尿がんの進行
赤褐色や茶褐色

生魚のような悪臭

多い子宮体がん不正出血、下腹部痛がんの進行

おりものの臭いが気になるときの対処法

1.異常を感じたら、早めに産婦人科へ!

おりもの 臭い 原因

「なかなか病院へは行きづらい」と感じるかもしれません。しかし、おりものの臭いについては、自己判断が難しいからこそ、異常を感じたら早めに産婦人科を受診しましょう

すみやかに対処することが、大きな病気を未然に防ぐことにつながります。

2.病院でおこなう検査

病院では、主に『おりもの培養検査』をおこないます。

おりもの培養検査は、膣内のおりものを綿棒で採取して培養し、顕微鏡で菌の有無を確認する検査です。比較的短時間でおわります。

3.治療法

雑菌が繁殖している場合は、それぞれの菌に効果のある抗生物質を、内服や膣内に直接挿入することで投与します。

抗生物質は、決められた日数通りに使わないと効果が得られません。また、自己判断で使用を止めてしまうと、感染症が悪化する可能性もあります。医師の指示にきちんとしたがいましょう。

おわりに

膣内の洗いすぎに注意!

膣内を衛生的に保つことは大切です。一方で、過剰に洗いすぎると、膣の常在菌も洗い流してしまうおそれがあります。膣を洗うときは、専用の石けんを使ったり、ビデを使ったりするのもおすすめです。

この記事は役にたちましたか?

  • すごく
  • いいね
  • ふつう
  • あまり
  • ぜんぜん
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):