おたふく風邪のワクチン接種の費用は?なぜ2回必要?予防効果について

おたふく風邪 ワクチン
岡村長門先生

監修者

岡村クリニック

院長:岡村長門 先生

【職務経歴】
戸田中央総合病院
埼玉医科大学
公立昭和病院
岡村医院
岡村クリニック

『おたふく風邪』は、幼児期の子どもに多い感染症です。耳やあごの下が腫れて痛みが出るのが特徴で、発熱や頭痛などの症状が出ることもあります。

重症化すると、『難聴』や『脳炎』などの合併症があらわれる可能性があるため、予防接種をおすすめしています。

この記事では、『おたふく風邪』のワクチンの接種や効果について解説します。

おたふく風邪は、かかるとどんなリスクがあるの?

おたふく風邪にかかったり、重症化したりするとどんな症状があらわれるのかについて解説します。

1.おたふく風邪ってどんな病気?

耳

おたふく風邪は感染症によるもの

おたふく風邪の正式な病名は、『流行性耳下腺炎(りゅうこうせいじかせんえん)』といいます。

おたふく風邪とは、「パラミクソウイルス」が唾液腺(唾液を分泌するところ)で増殖して、全身にばらまかれる感染症です。

感染のルートは、おもに2つ

ウイルス

  • 飛沫感染…ウイルスを含んだせきやくしゃみなどによって飛び散った分泌物を吸い込むことによって口や鼻などの粘膜に直接ウイルスが触れて感染すること。
  • 接触感染…患者の皮膚や粘膜に直接接触するか、ウイルスが付着した衣服や物品(タオル、手すりなど)に触れることによって感染すること。

おたふく風邪はどこが腫れるの?

耳下腺の位置を示すイラスト

唾液腺には、耳下腺・舌下腺(ぜっかせん)・顎下腺(がくかせん)の3つがあります。

おたふく風邪はおもに耳下腺が腫れますが、舌下腺や顎下腺が腫れる場合もあるでしょう。

耳下腺の腫れがない、左右どちらかだけ腫れている、顎下腺のみ腫れている、ということもあるため注意が必要です。

2.悪化すると危険!おたふく風邪のリスクについて

もっとも多い合併症は、『無菌性髄膜炎』

男の子

おたふく風邪の合併症でもっとも多いのは『無菌性髄膜炎』です。

発熱・頭痛・嘔吐などの症状がみられることもありますが、無症状のことも多いです。

女の子よりも男の子の方が約3~5倍かかる確率が高い、という報告があります。

思春期前後の感染に注意!

思春期

思春期前後 (男女ともに18歳頃まで)に感染した場合、国立感染症研究所の調査によると、男性は20~30%の確率で『精巣炎』、女性は5~7%の確率で『卵巣炎』を発症することがあります。

しかし、おたふく風邪による精巣炎や卵巣炎で不妊になってしまうことはほとんどないでしょう。

『ムンプス難聴』はもっとも注意すべき合併症!

頬の腫れ

『ムンプス難聴』は、ウイルスが耳のもっとも内側の「内耳(ないじ)」に侵入し、細胞を障害する病気です。

特有のほほの腫れが消えてから 1 カ月以内に難聴の症状があらわれ、後遺症が残る可能性が高いといわれています。

乳幼児が発症した場合は、本人からの訴えがないため発見が遅れてしまい、重大な後遺症となる可能性があるでしょう。

そのほかの合併症や後遺症

危険

ほかにも『関節炎』『心筋炎』『脳炎』『脳症』を発症する可能性があります。

また、後遺症として四肢の麻痺やてんかんが残ることもあるでしょう。悪化してしまった場合、死亡につながることがあります

おたふく風邪のワクチンの効果は?どれくらい続く?

1.ワクチンを打つことによる効果って?

ワクチン

おたふく風邪は、『脳炎』を引き起こす確率が比較的高いものの、それを除けば命に危険がおよぶことのない感染症といわれています。

しかし、難聴が早い時期にあらわれると、言葉がうまく話せない、意味を理解できないなど、その後の言葉の発達に影響を及ぼす 可能性があります。

そのため、おたふく風邪の発症を阻止するための予防接種がおこなわれています。

国立感染症研究所によると、予防接種後の『抗体陽転率(免疫が一定値以上に達した人の割合)』は12~20か月児で92~100%に及ぶとされ、高い予防効果を持ちます。

2.ワクチンの効果はどれくらい続く?

ワクチン

おたふく風邪のワクチンは、接種から8年経過しても効果が持続しているとの報告があります。

しかし、接種後5年が経過すると、明らかに効果が低くなっていくこともわかっています。

おたふく風邪のワクチン接種の費用や回数について

1.接種は任意?かかる費用について

医療費

おたふくかぜの予防接種は、任意になります。

費用は、地域や病院によってさまざまですが、一般的には5000~8000円程度とされています。

地域が一部費用を負担する公費助成で受けられる場合は、3000~4000円程度になることもあるため、役所や保健センターなどに確認することをおすすめします。

2.接種する回数

接種

おたふく風邪の予防接種は2回おこないます。

国立感染症研究所の調査によると、1回の接種の有効率は64%と出ており、おたふく風邪にかかってしまう人が30~40%いると考えられます。

そのため2回の接種がすすめられています。

3.2回接種がすすめられている理由

親子

おたふく風邪は感染すると難聴になったり、重症化すると最悪の場合死に至ったりしてしまう深刻な病気です。

2回の予防接種でも完全に感染を防げるわけではありませんが、感染したとしても重症化を防げる可能性が高くなります。

そのためおたふく風邪の予防接種は、必ず2回接種することをおすすめします。

4.接種する時期について

接種回数

1回目の接種について

1回目の接種は、1歳になったらおこないます。

この時期に接種しておくと、合併症や感染率を下げる効果が高いと判断されているためです。

日本では、おたふく風邪にかかる約60%が3~6歳の幼児といわれています。

2回目の接種について

1回目は受けたとしても、2回目の予防接種を行わないと平均6.3歳のときにおたふく風邪を発症するという報告があります。

そのため2回目は、1回目から4~5年後の小学校入学前(年長)に接種することがすすめられています。

MRワクチンの2期と同じ時期で、同時接種することができます。

5.大人もワクチンを接種するべき?

大人

大人になっておたふくかぜに感染した場合は、症状がひどくなるといわれています。

「おたふくかぜにかかったかわからない」、「予防接種を受けたかわからない」という場合は、予防接種を受けたほうがよいでしょう。

おたふくかぜのワクチンの副反応について

注意

ごくまれに、接種後2~3週してから耳の下が軽く腫れることもありますが、1~2日でおさまることが多いです。

年齢とともに副反応の発症率が高くなるといわれていますが、2回目の接種の場合や免疫を持っている場合は、副反応は発生しないと考えられます。

まとめ

おたふく風邪は合併症にも注意!

おたふく風邪は、子どもに多い病気ですが大人でもかかります。

合併症になると『難聴』や『脳炎』などの重い症状があらわれる可能性があるため、予防接種をおすすめします。

予防接種について心配なことがあれば病院へ

おたふく風邪は、2度かかることはないといわれていますが、「おたふく風邪にかかったかわからない」、「予防接種を受けたかわからない」という場合は、予防接種を受けることがすすめられています。

心配なときは内科や小児科を受診して医師に相談してみましょう。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):

関連記事

お近くの小児科を検索!

ネット受付・予約もできる

病院検索サイト

ご自宅や職場の近くで小児科を探したいときは、検索サイト『EPARKクリニック・病院』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を確認することができます。

EPARK
  • 科目をしぼって簡単検索♪
  • 充実の医院情報満載!
  • 待ち時間を削減!Web受付にも対応!

小児科一覧へ!