乳腺症の症状とは?胸のしこりや痛み…乳がんとどこが違うの?

乳腺症 症状
  • LINEで送る
  • すごく役に立った
  • 役に立った
  • 普通に役に立った
  • あんまり役に立たなかった
  • ぜんぜん役に立たなかった

北総合病院 初期・後期研修医(一般外科コース)
国立国際医療研究センター病院 乳腺内分泌外科 フェロー
2018年より現クリニック勤務

目次

もっと見る

『乳腺症』は、30~50歳の女性に多い病気です。

乳がんと共通する症状も多く、区別が難しい病気でもあります。

こちらの記事では、乳腺症と乳がんの症状のちがい、乳腺症が疑われるときに病院でうける検査について解説します。

乳腺症ってなに?

乳腺症 症状

『乳腺症』は、乳房に痛みや、しこり、張りなどの症状があらわれる病気です。

中年以降の女性に多くみられ、30歳を過ぎると発症率が上昇します。『乳腺』に起こる病気の中で最も多くみられるのが乳腺症です。

1.乳腺症の原因

乳腺はエストロゲンやプロゲステロン、プロラクチンといったホルモンの影響を受けます。中でも、女性ホルモンの『エストロゲン』の過剰分泌が乳腺症には大きく関わっています。

2.乳腺症は悪化する?がんになるの?

乳腺症 症状

乳腺症のほとんどは、がんになる可能性はない

乳腺症のほとんどは、悪化して悪性になり、乳がんに発展する可能性はありません。しかし、胸のしこりなど乳がんを疑われる症状があれば、病院で検査を受け、診断してもらうことが大切です。

診断後も定期検診を受診すべき!

また、乳腺症と診断を受けていても、新たにしこりが見つかったり、もともとあったしこりが大きくなってきた場合には病院へいきましょう。

診断を受けたあとは、健診センターや乳腺科などの指示に従って、定期的に検査を受けることをおすすめします。

定期的な検査を受けることで、もともとある乳腺症の変化を追っていくことができるため、早期発見や早期治療につながります。

乳腺症の症状。乳がんとはここが違う!

乳腺症の症状と、乳がんの危険性がある場合との見分け方をあわせて解説します。もちろん症状だけで完全に区別できるわけではありません。自分の症状と照らし合わせながら、参考にしてください。

1.乳房の痛み

乳腺症 症状

乳腺症による乳房の痛みのタイミングには、月経周期が大きく関わっています。

生理前に痛みが増し、生理後に弱まります

一方で、乳がんの場合は痛みを感じることは少なく、痛みを感じたとしても月経周期には左右されません。

2.乳房にしこりができる

乳腺症によってできるしこりは柔らかく、痛みも伴います

一方、乳がんによるしこりは硬く、痛みは伴いません。

また、しこりを触ったときのイメージとして、良性のしこりの場合は表面がつるつるして弾力のある硬さです。触ると皮膚の下でコロコロと動いたりすることもあります。悪性はくるみのようにザラザラしており、かなり硬いです。

乳腺症の検査法とは?

乳腺症の検査では、『乳がんでないことを確かめる』点に重きが置かれます。そのため、乳がんと同様の検査を実施します。

1.マンモグラフィ検査

乳腺症 症状

乳房専用のレントゲン検査

『マンモグラフィ検査』は、乳房専用のレントゲン検査です。2枚の板で乳房を挟んで、平たくして撮影します。乳房全体を1枚のフィルムでみることができ、セルフチェックでは分かりにくい、小さなしこりも検出することができます。

マンモグラフィ検査は痛い?

「マンモグラフィは痛い」というイメージを持っている人も多いでしょう。しかし、実は一定以上の圧力で圧迫しないように設計されています。そのため大部分の人は、そこまで痛みを感じないはずです。反面、乳腺症にかかっていたり、乳腺の量が多かったりすると、痛みを強く感じるケースも多いです。

また、乳腺組織が密になっている場合は、検査精度が多少下がります。そのため次に解説する超音波検査が適している場合もあります。

2.超音波検査

乳腺症 症状

しこりが良性か悪性かを調べる検査

『超音波検査』は、しこりが良性か悪性かを調べる検査です。

マンモグラフィ検査も超音波検査も乳腺組織から反射してきた情報を画像化している検査なので、それだけでは良性なのか悪性なのかの確定診断をすることはできません。ただ、経過を追ったり、左右を比較するなど総合的に判断することで、そのしこりがより良性か、悪性の可能性も考えられる病変なのかを推測することができるようになります。

超音波検査だけで良性なのか悪性なのか見分けるのが困難なこともありますが、乳腺症の場合は、左右両方ともに同じような変化がみられたり、同じ方の胸の中に似たような変化が多数みられたりします。しこり自体の形も真ん丸というよりちょっと楕円形だったりします。がんの場合はゲジゲジした金平糖のような形をしていたり、たくさん血流を含む変化がでたりしています。

技術的に難しいのが欠点

超音波検査は乳房を圧迫する必要がなく、痛みもほとんどありません。一方で、技術的に非常に難しく、記録できる技術を持った人は限られています。マンモグラフィ検査に比べて時間もかかるため、対応できる病院も限られています。

3.細胞診・組織診

マンモグラフィ検査や超音波検査で診断が難しい場合には胸に針を刺して、しこりから細胞や組織を取る検査が行われることがあります。採血するときくらいの細い針を刺す「組織診」と、局所麻酔をしてボールペンの芯くらいの太さの針でしこりの組織を取る「組織診」とがあります。いずれも採取した細胞や組織(検体)を染色し、顕微鏡で観察し、病理診断をします。検査をする際、入院の必要はありません。

確実に診断できるのが利点

画像検査と比べて身体の負担も大きいですが、確実に診断できるという利点もあります。

まとめ

乳腺症についてご理解いただけたでしょうか?乳腺症や乳がんは女性に多い病気ですが、男性もかかることがあります。実際に、乳がん患者の約1%は男性です。

乳がんと乳腺症を症状から見分けるのは困難です。胸にしこりがあるなど、乳がんも疑われる症状があれば、病院にいってきちんと検査を受けましょう。

この記事は役にたちましたか?

  • すごく
  • いいね
  • ふつう
  • あまり
  • ぜんぜん
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):