しこりニキビのセルフケアとおすすめの食事は?皮膚科での治療法も

ニキビ
  • LINEで送る
長谷川佳子先生

監修者

小田原銀座クリニック

長谷川佳子 先生

北里大学医学部卒業
横浜市立大学臨床研修医を経て、横浜市立大学形成外科入局
横浜市立大学病院 形成外科、藤沢湘南台病院 形成外科
横浜市立大学附属市民総合医療センター 形成外科
を経て横浜栄共済病院 形成外科
平成26年よりKO CLINICに勤務
平成29年2月より小田原銀座クリニックに勤務

触ると痛みがある、硬いしこりのようなニキビができたことはありませんか?

こうした、しこりのあるニキビができると、自分でケアして良いものか、どのようにしたら治るのか迷うこともあるかもしれません。

この記事では、そんなしこりのあるニキビのできる原因や治し方、皮膚科で受ける治療法について解説します。

しこりのあるニキビができる原因について

1.しこりニキビとは

ニキビ

ニキビの炎症が悪化し、しこりのように硬くなってしまうニキビのことを、しこりニキビといいます。

ニキビにはいくつか種類がありますが、「白→黒→赤→黄」というニキビの色味の順で、症状が悪化していき治しにくくなります。

赤ニキビは原則的に膿がる状態で、黄色のニキビは膿があり、さらに炎症や腫れもある状態です。

しこりニキビは黄色のニキビがさらに悪化した状態を指し、ニキビの中でも最も症状が重く治りにくい状態のニキビです。

2.しこりニキビの特徴

しこりニキビには普通のニキビのように芯があるわけではありません。どちらもニキビなので近いものがありますが、普通のニキビからしこりニキビに変わることはありません。

見た目は蚊に刺されたような状態に近く、かゆみがあり、触ると痛みもあることが特徴です。

正しいケアをすれば自分で治すことも可能ですが、間違った方法だと跡が残りやすいニキビといえます。

3.しこりニキビができる仕組みとは

コラーゲンが破壊される

にきび 気になる

ニキビは炎症が酷くなるにつれ、白血球の中にいる好中球がアクネ菌を殺そうと活発に動きます。

それと同時に、肌にダメージを与える活性酸素をたくさん発生します。

活性酸素はアクネ菌を殺してくれますが、毛穴の壁を作っている肌にとって大切なコラーゲンやエラスチンも同時に破壊してしまうため、毛穴がボロボロになり、毛穴の外にまで炎症が進んでしまいます。

それが腫れや痛みの症状となって現れてしまうのです。

しこりは過剰にできた新しい細胞

ニキビにできるしこりは、肌がボロボロになった毛穴を修復しようとして作る過程でできた新しい細胞です。この新しい細胞を作りすぎて過剰になってしまうことで肌が硬くなりしこりとなってしまうのです。

4.しこりニキビの原因

ホルモンバランスの乱れ

角質

しこりニキビの原因は、主にホルモンバランスの乱れです。

ホルモンバランスが乱れると肌の表面の古い角質層が剥がれ落ち、新しい皮膚が出てくる「ターンオーバー」が遅れます。ターンオーバーが遅れると、落ちきらずに残ってしまった古い角質が、厚い層となり肌の表面に蓋をしてしまいます。

そのため、毛穴の中から老廃物や皮脂が外に出られなくなり詰まってしまうことが、ニキビの原因となります。

お酒の飲み過ぎ、喫煙、運動不足

運動不足

ホルモンバランスが乱れる原因は、主に生活習慣の乱れが考えられます。

睡眠不足や乱れた食事、お酒の飲みすぎ、喫煙や運動不足、ストレスなどが原因となります。

人によっては、食習慣よりも元々の肌質の影響が強い場合や、元々の肌質よりも食生活の影響を受けやすい場合などさまざまです。

しかし、食生活を含めた生活習慣を改善することで、ターンオーバーも整うので多少なりともニキビをできにくくすることは可能です。

しこりニキビの治し方

1.自分でできる、しこりニキビの改善法

治療は焦らず時間をかけて

しこりニキビは皮膚の奥の方で炎症を起こしている状態なので、早く治すことはなかなか難しいといえるでしょう。焦らず時間をかけて治療に取り組んだ方が、跡も残らずきれいに治しやすいといえます。

一般用医薬品(OTC)の利用も検討する

薬

しかし、大切な予定がある時などは、一刻も早く治したい時もあると思います。

そのような時は、薬局で売られている一般用医薬品(OTC医薬品)の塗り薬を使用します。その際は、少しステロイドが含まれている方が効果が上がるため、しこりニキビにはヒドロコルチゾン(副腎皮質ステロイド)が入っているものを選ぶと良いでしょう。

なるべく触らず保湿はしっかりと

できるだけ触らないようにして、クレンジングや保湿をしっかりと行い、肌の再生力を上げることに努めましょう。

ニキビまわりのメイクは避ける

できれば、ニキビのまわりはメイクを避けた方がいいでしょう。襟がある服は着ないようにする、髪の毛が当たらないようにするなど、刺激を与えたりばい菌が入ったりしないように気をつけるだけでも効果的です。

ニキビは自分では潰さない

つぶす

中にはニキビを潰そうと針を使おうとする人もいるかもしれませんが、しこりニキビは肌の奥にあるので、無理に潰すと跡が残ってしまいます。

どうしても潰したいという場合は、皮膚科に行って処置してもらいましょう。ドクターの判断次第ですが、跡が残りそうであればそれを回避するような処置を考えてくれるはずです。

生活習慣を見直す

しこりニキビは短期間で治すことが難しいといえますが、一日でも早く治すためには、正しい洗願や保湿、適度な睡眠と正しい食事が大切です。生活習慣を見直してみるだけでも効果があります。

スキンケア用品は肌に合ったものを使う、直接肌に触れる枕カバーやタオルなどは、常に清潔なものを使うなど心がけましょう。

2.ニキビを治すためにおすすめの食事とは

バランスの良い食事が基本

ニキビを治すためには、バランスの良い食事が基本です。

主食(ご飯、パン、麺など)、主菜(肉、魚、卵、大豆など)副菜(野菜、きのこ、海藻など)が揃ったバランスの良い食事を心がけましょう。

ビタミンの多い食品を摂取する

ビタミン

これらに加えて、肌の修復に必要なビタミンB群(卵、牛乳、レバーなど)や、正常な細胞や元気な細胞を作り出す抗酸化作用のあるビタミンC(柑橘系、イモ類、パプリカ、ブロッコリーなど)、血行を良くして傷を修復するビタミンE(ナッツ類、南瓜、モロヘイヤなど)を意識してとることで、改善につとめましょう。

皮膚科で受ける、しこりニキビの治療

1.皮膚科での治療がおすすめのケース

皮膚科

ひとつのニキビで皮膚科を受診する、というイメージはあまりないかもしれません。

しかし、しこりニキビは炎症を起こしているので痛みが酷かったり、化膿してきたりする場合には皮膚科で治療を受けることがおすすめです。

また、跡を残さずにきれいに治したい場合も皮膚科を受診しましょう。

2.皮膚科での治療、保険は適用される?

基本は塗り薬と飲み薬を併用

皮膚科での治療は、塗り薬と飲み薬の治療が主です。塗り薬は、リンデロンなどが処方されることが多く、飲み薬ではビタミン剤や抗生物質を処方されることが多いでしょう。

こうしたニキビ治療には保険が適用されます。

そのため、塗り薬だけでなく飲み薬と併せてケアをすることで効果が高まります。

その他、ピーリングや切開手術などの治療法も

その他、保険は適用外になりますが、ピーリング剤や、レーザーなどを使用する方法もあります。

ピーリング剤など特定の薬剤を使用して(保険適用外)肌のターンオーバーを促したり、レーザーを使用してニキビの膿を取り除いたりして、雑菌を殺し、炎症を早くおさえる作用があります。

二キビの範囲が広がってきたり、またはニキビの大きさが全体的に大きくなったりするなど、症状がとても酷い場合は、皮膚を切開してしこりを取り除く切開手術を行うこともあります。

しこりの大きさによってもちがいますが、数十分~時間程度で終わる手軽な手術です。傷跡が残ってしまう可能性がありますので、手術を受ける際、心配なことがあれば医師へ相談しておきましょう。

3.しこりニキビの治療期間は?

疑問

症状によって差がありますが、しこりニキビは普通のニキビよりも治るのに時間がかかります。軽いものであれば1ヶ月程度で治りますが、症状が酷い場合は3か月~半年ほどかかる場合があります。

皮膚科を受診した方が治りが早く、かつ綺麗に治る可能性も高くなります。しこりニキビは自分自身ではほとんど何もすることができませんが、皮膚科であれば注射など薬剤が疾患部まで届くような治療が可能です。

まとめ

しこりニキビは、ニキビの中でも最も酷くなった状態のものです。治るのにも時間がかかる上、自分で潰したりしてしまうと跡にも残りやすくなります。

生活習慣の見直しが改善に繋がりますが、即効性は期待できないため、早くきれいに治したい人は皮膚科での治療がおすすめです。

この記事は役に立った!

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):

関連記事

  • LINEで送る

お近くの皮膚科を検索!

ネット受付・予約もできる

病院検索サイト

ご自宅や職場の近くで皮膚科を探したいときは、検索サイト『EPARKクリニック・病院』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を確認することができます。

EPARK
  • 科目をしぼって簡単検索♪
  • 充実の医院情報満載!
  • 待ち時間を削減!Web受付にも対応!

皮膚科一覧へ!