低用量ピルが乳がん・子宮頸がんと関係するって本当?知っておきたい知識

乳がん ピル
林高太郎

監修者

医療法人社団さくらライフ

林高太郎 先生

埼玉医科大学 卒業
医師国家試験予備校講師、麻酔科フリーランスなどを経て、
現在は総合診療をおこなっている。

低用量ピルは、避妊だけでなく、治療目的にも用いられる薬です。この記事では、低用量ピルを服用することで、乳がん・子宮頸がんの発がんリスクは上昇するのかについて解説します。

低用量ピルと、乳がんとのリスクについて

1.低用量ピルを飲んでも乳がんのリスクは上がらない!

低用量ピル

ほんの数年前までは、「ピルを飲むと、乳がんにかかるリスクが上がる」と信じられていました。しかし、それは事実ではありません。

最近の研究では、低用量ピルを服用することによる、乳がん発症のリスク向上の可能性は低い、と分かってきています。

血のつながった母や、姉妹に乳がんにかかった人がいても、低用量ピルを短期間服用することで乳がんにかかるリスクが増加することはありません。これは、低用量ピルの種類を問いません。

2.乳がんにかかっている人、かかったことのある人は注意!

ただ、乳がんは女性ホルモンの『エストロゲン』をとりこんで分裂・増殖する『ホルモン感受性腫瘍』です。

そのため、すでに乳がんにかかっている人や、過去にかかったことがある人は、低用量ピルを長期間服用することで、悪化や再発の危険性があります。

3.乳がんにかかる日本人女性は増えている

乳がん ピル

低用量ピルの内服にかかわらず、日本人女性が乳がんにかかる確率は増加しています。

数年前までは、25人に1人といわれていましたが、今は20人に1人まで増加しています。なお、アメリカでは8人に1人ともいわれています。日本人も、今後さらに増えると推察されています。

4.1年に1回は乳がん検診を!

このように、乳がんは病気にかかる人の割合(『罹患率』)の高い病気です。

低用量ピルを内服する・しないにかかわらず、1年に1回は検診を受けることをおすすめします。

低用量ピルを服用するさいは、子宮頸がんに注意!

低用量ピルを長期間服用している人は、子宮頸がんを発病するリスクが上昇するといわれています。

1.子宮頸がんを発病する原因

子宮頸がん

『子宮頸がん』を発がんする主因は、『ヒトパピローマウイルス(HPV)』の一部が子宮頚部に持続感染することです。

かつては、子宮頸がんの場合『年齢』が発がんにかかわると誤解されていました。

しかし今では、ヒトパピローマウイルスは、セックスにより感染することが分かっています。そのため、セックスをしたことのある女性は皆、発病のリスクがあります。

2.低用量ピルの内服による、リスク上昇について

低用量ピルを5年間内服すると、子宮頸がんを発病するリスクがわずかに増加します。さらに、10年間内服すると、リスクは2倍になるといわれています。

これが低用量ピルの薬理的な問題なのか、服用することでコンドームを使わない人が多くなることが原因なのかは、よく分かっていません。

3.子宮がん検診も、1年に1回受けましょう

検診

長期にわたって低用量ピルを服用する場合は、1年に1回子宮がん検診を受けましょう。

もっとも、低用量ピルを服用したことがなくとも、セックスの経験があれば、1年に1回、検診を受けると良いですね。

最近では、検査でヒトパピローマウイルスの有無を調べることもできます。それも併用することで、さらに診断の精度が上がります。

まとめ

乳がんのリスクが上がることは、ほとんどない

低用量ピルを短期服用することで、乳がんにかかるリスクが上がることはほぼありません。

しかし、乳がんにかかっていたり、過去かかったことがあったりすると、悪化する危険性があり、注意が必要です。

子宮頸がんは注意が必要

また、低用量ピルは、子宮頸がんとのかかわりも指摘されています。

低用量ピルを服用する場合はもちろん、そうでなくても年に1回は検診を受けることをおすすめします。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):

関連記事

お近くの産婦人科を検索!

ネット受付・予約もできる

病院検索サイト

ご自宅や職場の近くで産婦人科を探したいときは、検索サイト『EPARKクリニック・病院』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を確認することができます。

EPARK
  • 科目をしぼって簡単検索♪
  • 充実の医院情報満載!
  • 待ち時間を削減!Web受付にも対応!

産婦人科一覧へ!