インフルエンザの予防接種のおすすめ時期とは!受験生・13歳未満は?

インフルエンザ 予防接種 時期

【職務経歴】
平塚共済病院
小田原銀座クリニック
久野銀座クリニック

インフルエンザから身を守るために、予防接種を考える方も多いですよね。

インフルエンザワクチンの予防接種は、適切な時期に受けてこそ効果を発揮するものです。

この記事では『インフルエンザの予防接種』に適した時期や副反応について解説しています。

これから予防接種をしようと考えている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

インフルエンザの予防接種はいつ受けたらいい?

ンフルエンザの予防接種はいつ受けるべき?

1.最短で、いつから予防接種ができる?

インフルエンザワクチンの予防接種は、一般的に10月1日から医療期間にて受付が始まります。

そのため、最短で10月末からインフルエンザワクチンを接種することができます。

2.インフルエンザワクチンを接種するのはいつがいい?

インフルエンザの予防接種はいつがいい?

10月末から12月初めまでに!

インフルエンザの流行する時期は、12月末頃から翌年の3月頃までです。

その時期に効果を出すためには、10月末から12月初めまでに接種を終わらせましょう。

早めの接種をおすすめする理由

インフルエンザワクチンの予防接種をしてから免疫ができるまで、通常2~3週間かかります。

ワクチンの効果は約5ヶ月とされているため、インフルエンザが流行し始める前に接種しても効果は持続します

13歳未満のお子さんの接種について

13才未満のお子さんの接種時期について

13歳未満は2~4週間空けて2回の接種が必要です。

そのため、遅くても1回目の接種を11月中旬までには終わらせましょう。

3.受験生は、いつ接種するのがおすすめ?

適した時期に接種をして受験を乗り越えましょう!

受験生は、いつ接種したらいいの?

インフルエンザが流行する11月~3月は、ちょうど受験シーズンと重なります。

そのため、受験生やそのご家族にとって、インフルエンザ対策として予防接種は有効です。

接種をする場合は、以下の時期がおすすめです。

・インフルエンザが流行する前に免疫をつけたい場合

10月中旬から10月下旬にかけて

・インフルエンザが流行する時期に免疫がついていればいい場合

11月上旬~11月下旬にかけて

とは言っても、効果は約5ヶ月持続するとされているため、早めの接種に越したことはありません。

インフルエンザが流行する時期まで待って免疫をつけるメリットはとくにないでしょう。

接種は12月初めまでに終わらせましょう

12月初めまでには接種を終わらせましょう

どんなに遅くても、12月初めまでには接種を終わらせておくことをおすすめします。

受験生はもちろん、ご家族もインフルエンザの予防接種をおこなっておくことで、万全の状態で受験にのぞむことができます。

ふだんから環境づくりに気を配ることが大切

予防接種を受けたからといって、絶対にインフルエンザに感染しないわけではありません。

毎日の手洗いうがいなどを徹底して、免疫力が低下しないように普段の食生活や睡眠も見直しましょう。

インフルエンザの予防接種の副反応について

1.副反応の症状は?

副反応の症状は?

インフルエンザワクチンの予防接種によって、副反応が起きることがあります。

よく見られる副反応としては、接種した部分が赤く腫れる、痛む・発熱・頭痛・悪寒・だるさ・発疹・じんましん・かゆみ、などがあります。

症状にもよりますが、接種した10~20%程度の方にかゆみや腫れなどが出ることがあります。その場合は、通常2~3日で消えていくでしょう。

2.「卵アレルギー」による副反応も

卵アレルギーによる副反応もある?

インフルエンザワクチンには微量ですが、卵白が入っています。

そのため、卵アレルギーをお持ちの方は、強いアレルギー反応が出てしまうこともあります。

心配な方は、接種する前に医師に相談しておくようにしましょう。

3.非常に重い副反応が出ることも

まれにではありますが、免疫の異常や非常に強いアレルギー反応によって重い病気を発症することがあります。

考えられる病気としては、『ギランバレー症候群』『急性脳症』『急性散在性脳脊髄炎』『けいれん』『肝機能障害』『喘息発作』『紫斑』などがあげられます。

4.副反応による死亡は、ワクチンではなく基礎疾患が原因

インフルエンザの予防接種の副反応による死亡例については、現在も厚生労働省や専門家による評価がおこなわれています。

しかし、インフルエンザワクチンの予防接種が直接の死因とされる症例は認められていません。

また、死亡例のほとんどが基礎疾患のあるご高齢の方でした。

種別期間症例
新型平成21(2009)年10月~平成22(2010)年9月3例
平成22(2010)年10月~平成23(2011)年3月4例
季節性平成23(2011)年10月~平成24(2012)年5月21日0例
平成24(2012)年10月~平成25(2013)年5月14日1例
平成25(2013)年10月~平成26(2014)年7月まで1例
平成26(2014)年10月~平成27 (2015)年6月まで3例
平成27(2015)年10月~平成28(2016)年4月まで1例

(「インフルエンザワクチンによる死亡例」表は厚生労働省ホームページより)

4.副反応があらわれる期間

副反応は接種後から1週間以内に出る!

副反応は、接種から4~5日後がピークとなり、1週間ほどで治まるとされています。

5日以上経過しても症状が出なければ、副反応はなかったと判断してよいでしょう。

アレルギー反応が強い場合、接種後30分で副反応が!

副反応が心配な場合は待合室で待機しましょう

強いアレルギー反応の場合、接種後30分程度で副反応が見られます。

アレルギーが心配な場合は、30分ほど病院で休ませてもらうとよいでしょう。

まとめ

「インフルエンザの予防接種の時期について」のまとめ

予防接種は適切な時期におこなうことで効果を発揮

インフルエンザを予防するために、インフルエンザワクチンを接種しておくことは有効です。

できれば、インフルエンザが流行する前にしっかり免疫をつけておいたほうがよいでしょう。

「インフルエンザワクチンを接種しておくのか」、「インフルエンザが流行する時期に免疫をつけておきたいのか」をよく判断し、適切な時期にインフルエンザワクチンを接種しましょう。

接種後は副反応もあるため、体調の変化に注意!

個人差はありますが、インフルエンザワクチンによる副反応も見られます。

予防接種後の体調変化にはじゅうぶん気をつけましょう。あまりつらい状態であれば医師に相談することをおすすめします。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):

関連記事

お近くの小児科を検索!

ネット受付・予約もできる

病院検索サイト

ご自宅や職場の近くで小児科を探したいときは、検索サイト『EPARKクリニック・病院』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を確認することができます。

EPARK
  • 科目をしぼって簡単検索♪
  • 充実の医院情報満載!
  • 待ち時間を削減!Web受付にも対応!

小児科一覧へ!