熱中症にならないために…子どもの体調変化を見逃さない!

熱中症
  • LINEで送る

酷暑が続くなか、熱中症で搬送された患者数が4月30日~8月5日までの期間中、全国で7万1266人になったと総務省消防庁が発表しました。これは2008年の調査開始以降で過去最多で、死者数も同期間で138人に上ったとされています。
※数字は2018年8月7日時点

また、文部科学省は、学校活動中に児童が熱中症になる恐れがあるとして、夏休みの延長や臨時休業日を検討するよう求める通知を都道府県教育委員会などに提出しています。

このような状況をふまえ、熱中症対策については、例年以上に注意が必要といえます。熱中症の原因や症状、応急処置や予防対策について一緒に考えてみましょう。

大人が暑ければ、子どもはさらに暑い

熱中症になると、めまいや立ちくらみ、頭痛や吐き気などの症状が表れます。重症になると、返事がおかしかったり、意識消失やけいれん、身体が熱いなどの症状が表れたりします。

この熱中症の症状ですが、子どもと大人では違いがあるようです。医療法人 小田原博信会の理事長であり、久野銀座クリニックの院長・岡村信良先生が解説してくれました。

「子どもは、大人に比べ汗をかく機能が未熟で、暑さを感じてから発汗まで時間がかかります。そのため体温を下げるのにも時間がかかり、体温が上昇しやすくなります。また、身長が低い子どもは、地面からの照り返しの影響を強烈に受けます」

岡村先生は、大人が子どもに対して注意を払うべきだといい、「大人が暑いと感じたとき、子どもの体はさらに高温の影響を受けていると考えましょう。さらに子どもは遊びに夢中になると自分の体調変化に気がつけません。大人は、常に子どもの体調を確認しましょう」

古い校舎や体育館では熱中症になるリスクが…

熱中症の原因は、暑さで体温調節機能が乱れたり、体内の水分量・塩分量のバランスが崩れたりすることにあります。また、熱中症を引き起こす要因は2つあります。1つ目は「気温や湿度が高い」「風が弱い」「日差しが強い」など、環境の要因です。

2つ目は、「激しい運動で体内に熱がたくさん産生された」「暑さに身体が慣れていない」「疲れや寝不足で体調がよくない」などの身体の状態です。この『環境』と『身体』の要因が重なると、熱中症が起こりやすくなると考えられています。

室内で過ごす場合でも、熱中症を発症する危険性があります。特に子どもたちは、エアコンが設置されていない学校の教室や体育館という環境で過ごすことがあります。

このような環境は熱中症の発症にどのように影響するのでしょうか。岡村先生がポイントを教えてくれました。

「古い校舎や体育館は、高校生くらいまでの子どもが活動をします。窓が少なく風が通り抜けずに熱中症のリスクが高くなります。建物の中は直射日光を浴びないため油断しがちですが、建物に熱が伝導されて中の気温は上昇します」

そして、岡村先生によると「高校生までは、まだ体が未発達で熱中症になりやすい」そうです。

熱中症になりやすい環境をつくらないことが大切で、「『エアコンがない』『空気が停滞しがち』という環境の場合、運動時間の短縮や大型のファンを回すなどの工夫が必要です」

熱中症の応急処置について

熱中症が疑われる人がいたら、風通しのよい涼しい場所へ移動させます。そして、衣服をゆるめ、首回りや脇の下、足の付け根などを冷やすという処置をします。

水分や経口補水液を補給することも重要な処置です。しかし、自力で水が飲めないとか、意識がない場合は、すぐに救急車を呼ぶ必要があります。

こまめに水分や塩分を補給することが予防策に

室内にいるときも外出するときも、こまめに水分や塩分を補給することが予防策になります。のどの渇きを感じていなくても水分補給が必要です。

また、できるだけ涼しい場所で過ごすことや、エアコンを効果的に活用することも対策になります。「この程度の暑さなら大丈夫」とがまんするのではなく、扇風機やエアコンで室温を適度に下げるようにしましょう。

また、岡村先生によると「熱中症の予防には、体調を整えておくことも重要」だそうで、「睡眠不足や偏った食生活を続けているとビタミンやミネラル不足、貧血などを招き、体調不良で熱中症のリスクが上がることもあります。体力を奪われる暑い季節こそ、栄養バランスの良い食事をとることが大切」とのことです。

就寝時の注意点については、「寝ている時は、タイマーでエアコンを止める人もいますが、暑い夜は無理せず、快適に眠れる環境をつくり、睡眠を十分にとって暑い日中に備えましょう」

 

熱中症を予防するためには、正しい知識を取り入れ、体調の変化に気をつけるとともに、子どもや高齢者には特に気を配ることが必要です。

また、環境省のホームページに掲載されている暑さ指数(WBGT)を確認し、その日の予定の参考にしましょう。

 

取材協力:医療法人 小田原博信会 理事長 久野銀座クリニック院長・岡村信良先生

この記事は役に立った!

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):