熱中症にかかる原因は?3つの要因がそろうとなりやすい!予防対策を!

熱中症 原因
岡村長門先生

監修者

岡村クリニック

院長:岡村長門 先生

【職務経歴】
戸田中央総合病院
埼玉医科大学
公立昭和病院
岡村医院
岡村クリニック

ここ数年、ゴールデンウィーク後から梅雨前ごろに、急激な気温と湿度の上昇が多くみられます。

この状態は、『高温多湿状態』とよばれるものです。

高温多湿状態では、温暖な春の気候から急激に夏の気候に変化するため、体がついていけません。

そのため、熱中症か、もしくはその一歩手前の症状を引き起こす人が増えてしまいます。

この記事では、熱中症にかかる原因や予防対策、おすすめの食事について解説

熱中症について

1.熱中症の原因

炎天下

熱中症がおこるワケ

人間の体は、皮膚から熱を逃がしたり、汗をかいたりすることによって体温を下げています。

体の内部の温度は体温とは5度近く変わります。

そのため、気温が皮膚の温度以上のときや、湿度が非常に高いときは、正常に熱の発散や発汗ができず、熱中症を引き起こします。

炎天下に長時間いるときに、発症することが多い

炎天下での運動や作業を無理に続けてしまったときに、熱中症を発症することが多いです。

熱中症のなかでも、死に至ることもある最重症の熱射病は、もともとの体質が関係しているとも考えられています。

熱中症にかかりやすいのはこんな人

高齢者は特に注意

もともと持病のある高齢の方や、肥満・糖尿病の方アルコール依存症の方は、熱中症・熱射病になりやすいとされています。

〈高齢者の方〉

高齢者は、体温の調整機能や発汗機能が低下しています。

そのため、暑さそのものや、汗をたくさんかいていること、またはかいていないことに対して気づきにくくなっています。

〈肥満・糖尿病の方〉

高血糖の状態が続くと、神経障害や皮膚の血流に障害が起こりやすくなります。

そのため、熱中症の症状に気づきにくくなっている場合があります。

〈アルコール依存症の方〉

アルコール自体に利尿作用があり、体内の水分が失われてしまうため熱中症にかかりやすいとされています。

2.熱中症の症状

熱中症 症状

そもそも、熱中症って?

人間の体には、体温を調節する機能が備わっています。

しかし、高温の環境に長時間いると、体温を調節する機能が正常にはたらかず乱れてしまうことがあります。

そうすると、体内に熱がこもったり、急激に汗をかいて必要な水分や塩分が奪われたりします。

この症状が全身に及んでいくのが『熱中症』です。

熱中症の症状は3つに分けられる

熱中症は、軽症の『熱けいれん』、中等症の『熱疲労』、重症の『熱射病』の3つに分けられます。

①熱けいれん

おもに頭痛疲労感からはじまり、「暑気あたり」といわれる夏バテのような症状があるでしょう。

ひどくなると、筋肉がこむら返りを起こす熱けいれんがあります。

②熱疲労

おもに脱水症状となり、頭痛や吐き気をもよおします。

③熱射病

体温が40℃を超え、意識がなくなってしまう最重症です。

3.要注意!熱中症になりやすい要因とは?

25℃を超えたら要注意

25℃を超えたら注意!

熱中症は、屋内・屋外を問わず高温や多湿等が原因となって起こります。

21〜25℃あたりから注意が必要です。

25℃を超えたあたりから患者が発生しやすく、31℃を超えると急増すると報告されています。

熱中症の確率が高まる3つの要因

熱中症は、環境による要因・身体的な要因・行動による要因の3つが重なった場合に起こりやすくなります。

〈環境による要因〉

気温が高い・湿度が高い・日差しが強い・通気が悪い(風が弱い)・厚着をしているなど

〈身体的な要因〉

体調が悪い・高齢者や乳幼児・糖尿病などの持病がある・病気などで体調が良くない・肥満・普段から運動をしていないなど

〈行動による要因〉

激しい運動・長時間の炎天下での労働・水分補給がしにくい状況など

 4.年齢ごとの発生状況

年齢別の発生状況

年齢別の発生状況

発生している状況を年齢別に見てみると、10代から20代はスポーツ中30代から50代は勤務中65歳以上は日常生活のなかでの発生が多くなっています。

これは、とくに変わったことをしていなくても、注意を怠ると熱中症になってしまう場合があるということです。

子どもを車の中や閉め切った部屋に、置き去りにしない!

乳幼児は自己判断ができないため、保護者の管理不足で熱中症になり、最悪の場合死に至ることもあります。

絶対に車の中や閉め切った部屋に置き去りにしないようにしましょう。

車の中でエアコンをつけていたとしても、直射日光が当たれば温度は上がります。

また、車のチャイルドシートを設置する後部座席はエアコンの風が届きにくいため、熱中症のリスクが上がります。

熱中症を予防するための対策

1.直射日光を避ける

日差しが強い日に外出する際は、帽子や日傘で直射日光に当たらないようにしましょう。

また、屋外でスポーツをするなら、できるだけ涼しい時間帯を選ぶとよいでしょう。

可能であれば30分ごとに休憩をとり、体の熱を冷ますようにしましょう。

2.水分補給をこまめにおこなう

こまめに水分補給を

こまめな水分補給が重要!

熱中症の予防としては、体に熱をため込まないようにするのがとにかく大切です。

こまめに水分補給をおこない、とくに運動中は15分から30分につき、コップ1杯程度(200ml)を目安にしてください。

飲料水は、5℃から15℃くらいのものを

飲料水は、体が一番吸収しやすい5℃から15℃の冷えたものがよいでしょう。

真夏時の水分の常温は約25℃なので、冷蔵庫やクーラーバックで冷やしておくのがおすすめです。

冷たすぎると、胃腸に負担がかかるので注意してください。

状況に応じて体が吸収しやすいものを利用する

0.1~0.2%の食塩(ナトリウム40~80mg/100ml)と糖質を含んだものが効果的です。

スポーツドリンクはだいたいこの割合で作られています。

ふだんは水やお茶でかまいませんが、汗をたくさんかくときには塩分を補えるスポーツドリンクがよいでしょう。

また、緊急時や状況によっては、経口補水液を利用しましょう。

3.運動の種類・程度・時間に気をつける

運動は涼しい時間帯に

運動の習慣があるほうが気温の変化に強い!

気温が急激に高くなると、体はその暑さに慣れるまで1週間ほどかかります。

そのため、体が気温の変化についていけないときに、熱中症を発症しやすいともいわれています。

夏場のスポーツは種類・程度・時間を考えて

ふだんから運動で汗をかいている人のほうが、暑さに対応しやすいでしょう。

しかし、暑さへの耐久性は個人差もあります。いきなり無理な運動をすることはひかえましょう。

夏場にスポーツをする場合は、種類と程度を考え、できるかぎり涼しい時間帯にしてください。

4.服装で体温をコントロールする

衣類での熱中症対策

体の熱の出入りをコントロールするには、ふだんから体温や気温に合った衣類を選ぶことが大切です。

〈衣類選びのコツ〉

・暑い日は薄着にして吸湿性や通気性のよい素材を選ぶ

・服の色は、熱を吸収しやすい黒系よりも白系

・ネクタイをする場合は、なるべく襟元をゆるめて、熱気がこもらないようにすること

・炎天下に行く場合は帽子を使用する

5.室内の温度を抑える工夫

エアコンや扇風機を活用

直射日光と風通しに注意!

室内では、室温を上昇させないために、すだれやカーテンなどで直射日光をさえぎりましょう。

窓が開けられれば風を通して、それでも温度が高ければ迷わずにエアコンや扇風機を使うことです。

湿度にも気を配りましょう

湿度が高いと体内の熱を発散しにくくなるので、湿度にもじゅうぶん注意しましょう。

室内設定温度は28度以下湿度は60%以下を目安としてください。

6.体を冷やすグッズを準備する

急激な変化に備えて、体を冷やすグッズを常備しておくとよいでしょう。

うちわや扇子を携帯するほか、必要に応じて保冷剤、冷却シート、瞬間冷却スプレーなども用意しておくと効果が期待できます。

こういったものを使用する際には、凍傷に注意してください。

7.扇風機の使い方を工夫する

扇風機の風でも、直接長時間あたっていると汗が通常以上に蒸発してしまいます。

そうすると、体がだるくなったり、冷えすぎたりしてしまいます。

寝るときは、風が体に直接あたらないように、首振り設定にするなど使い方にも気をつけましょう。

8.熱中症を予防する食事

炭水化物

「炭水化物」と「ビタミンB1」が不足すると夏バテ気味に…

夏場はどうしても食が細くなりがちで、食べやすいものだけを食べる方も多いと思います。

しかし、エネルギー源となる「炭水化物」(米や麺類など)と、それを効率よくエネルギーに変える「ビタミンB1」がないと体は疲れてしまいます。

「クエン酸」で夏バテ知らず

疲れの原因になる乳酸の発生を抑えてくれる「クエン酸」を摂るのも効果的です。

クエン酸は、ビタミンB1を多く含む豚肉や大豆製品、モロヘイヤ、玄米などに含まれています。

これらを、炭水化物と一緒に食べるとよいでしょう。

「ビタミンC」で免疫力アップ!

「ビタミンC」は、免疫力を高め、ストレスにたいする抗体をつくってくれるはたらきがあります。

夏場は積極的に摂るとよいでしょう。

もし熱中症になってしまったら

1.熱中症の応急処置

涼しい場所で休息

応急処置の基本は、以下の3つです。

休息

体を冷却しやすいように衣服をゆるめ、安静にさせる。

冷却

風通しのよい日陰やクーラーの効いた部屋に移動して、涼しい場所で休ませる。

氷などで脇の下、首のまわり、脚のつけ根などを冷やし、血液循環を通じて体温をすばやく冷ます。

水分補給

意識がはっきりしていれば、水分補給(スポーツドリンク)をおこなう。

意識障害や吐き気がある場合は、医療機関での輸液が必要なため、救急車を呼んで至急医療施設へ搬送する。

2.子どもや高齢者の場合の対処法

乳幼児の熱中症対策

子どもや高齢者の場合も、基本は『休憩』・『冷却』・『水分補給』になります。

乳幼児の場合

乳幼児は、体温の調節機能がじゅうぶんに発達していません。

そのため、熱中症にかかりやすく、日ごろからじゅうぶんな注意が必要です。

児童の場合

体育の授業や部活動などの運動のほか、遠足や登山などの野外活動でも熱中症になることがあります。

高温多湿の場所で活動する際にはじゅうぶん注意しましょう。

高齢者の場合

高齢になると温度にたいする感覚が弱ってくるため、室内でも熱中症にかかりやすいといわれています。

室内の温度調節にも気を配りましょう。

3.熱中症の人が周りにいたら

すぐに救急車を

42℃を超えると命の危険も

体温が41℃以上になるとけいれんが起こり、42℃を超えると組織の細胞が破壊されます。

そうなると、中枢神経・心臓・肝臓・腎臓などの臓器に障害が起こり、命を落とすこともあります。

意識がもうろうとしている場合はすぐに救急車を!

呼びかけへの応答がにぶい、言動がおかしい、意識がないなどの意識障害や、ふらつきが見られるときは命の危険があるので、ただちに救急車を呼んでください。

まとめ

熱中症は、だれでもかかる危険性があります。

とくに、気温が急上昇するときは体が暑さに慣れていないため危険です。

個人で気をつけるだけでなく、周りの人同士がおたがいに気にかけ合うことで気づきやすくもなります。

子どもや高齢者など体温調整がうまくできない方には、周りの大人がじゅうぶん注意してあげてください。

また、救急搬送が必要な症状をよく覚えておくと対処しやすく、命を守ることにつながります。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):

関連記事

お近くの内科を検索!

ネット受付・予約もできる

病院検索サイト

ご自宅や職場の近くで内科を探したいときは、検索サイト『EPARKクリニック・病院』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を確認することができます。

EPARK
  • 科目をしぼって簡単検索♪
  • 充実の医院情報満載!
  • 待ち時間を削減!Web受付にも対応!

内科一覧へ!