目にゴミが入ったときの正しい対処法は?医師が応急処置の仕方を伝授

目 ゴミ(ゴロゴロ)
  • LINEで送る
  • すごく役に立った
  • 役に立った
  • 普通に役に立った
  • あんまり役に立たなかった
  • ぜんぜん役に立たなかった
山内明子先生

執筆者

田町三田やまうち眼科

院長:山内明子 先生

東京医科大学眼科入局
2015年 田町三田やまうち眼科開業

落ち着いて診療を受けることができるよう、環境を整えることに尽力。
丁寧な説明を心掛け、地域に根ざすクリニックをつくりあげていく。

目にゴミが入るとゴロゴロしたり、痛みを感じたりすることは誰でもあるかと思います。ホコリなどのゴミなら、自分ですぐに取ることができるかもしれませんが、中には自分で取り除くことが難しい場合もあります。

また、目に入ると危険なものが入ってしまったとき、どのように対処すればよいのか知っておくと、いざというときに落ち着いて処置ができるはずです。

目にゴミが入った時の対処法について紹介していきます。

目次

もっと見る

目にゴミが入ったときどうする?

目に入りやすいゴミは?

目に入りやすいゴミは、ホコリやまつげ、虫、鉄粉、砂などが中心となります。

女性の場合には、マスカラやアイシャドウといった化粧品の粉なども目に入りやすいです。

目にゴミが入ると痛い!そのワケは?

目にゴミが入ったとき、特に痛みを感じるのは黒目の部分にゴミが付着したときです。

白目やまぶたの上にゴミが入っても痛みを感じることがありますが、黒目の場合にはゴロゴロとした強い異物感を覚えることが多くなります。

その理由は、黒目の表面にある角膜に刺さったり、傷をつけたりするためです。角膜の上皮には神経が集中しているため、特に痛みを感じます。

目にゴミが入った時の正しい取り方は?

目にゴミが入ってしまったら、目薬を持っていれば目薬をさしましょう。目に潤いを持たせることでゴミが浮いてくることがあるので、ゴミが出てきたら、清潔なガーゼやティッシュなどで拭き取ります。

目薬を持っていない場合や、目薬でもゴミが取れない場合は水を使います。流水で目を洗う場合は、手を清潔な状態にした上で異物がありそうな場所の皮膚(上まぶたや下まぶた)を裏返し、異物が見えた場合には優しく触れて取り除きます。

洗面器などに水をためて、水の中でまばたきをしてもゴミが取れることがあります。

ただ、水は無菌ではないので、応急処置に使うときだけにして、ゴミが入ったとき以外は水で目を洗うことを常習にしないようにしましょう。

市販されている目の洗浄液があれば、ゴミが入った場合に活用するのもおすすめです。

水もない場合は、清潔なガーゼやティッシュ、綿棒などで優しく拭き取ります。拭き取る際、濡らした状態の方がゴミを取りやすくなります。

異物の種類別・応急処置について

目に入るゴミの中でも、コンタクトレンズやガラス片、鉄粉などの処置には注意が必要です。

それぞれで必要な処置と注意するポイントを見ていきましょう。

コンタクトレンズの破片

コンタクトレンズは目の中で破れてしまったり、折りたたまれてしまったりすることがあります。そのような場合は、最初に目の中に破片が残っていないかを確認します。白目の上に残っていない場合は、まぶたのふちに入っている可能性もあるので、注意深く確認しましょう。

目の中に破片などが残っていることを確認した際は、手をきれいに洗って流水で流すか、洗面器などに水をためて、その中でまばたきをしてください。

上記の方法を自分で対処しても取り除けない場合は、早めに眼科を受診し、取り除いてもらいましょう。

目を何度も触っていると、傷がついてしまう可能性があるので、注意が必要です。

ガラス片

ガラス片をはじめとする鋭利なゴミが目に入ってしまった場合、無理に自分で取ろうとすると、眼球を傷つけてしまう恐れがあります。この場合はすぐに眼科を受診するようにしましょう。

鋭利なゴミが目の中にある場合、眼球を動かしただけでも角膜や結膜を傷つける可能性があるため、受診する際はできるかぎり眼球が動かないよう、目を閉じた状態で医療機関へ向かい、受診するのが望ましいです。

他のものに圧迫されないよう、クッションのような柔らかいタオルで目を覆うなど、その際は誰かに付き添ってもらい、救急に連絡して指示を仰ぐようにしましょう。

鉄粉

鉄粉も目に入った場合はすぐに眼科を受診するようにしましょう。

注意したいポイントとして、鉄粉は目に入った状態が1日以上経過すると、角膜や結膜に錆びが沈着することがあります。自分で処置せず、必ず病院で取り除くようにしましょう。

薬品

薬品が目に入った場合は、すぐに流水で洗い流します。薬品の種類によっては、角膜障害や失明の可能性もあるため、早急に眼科を受診してください。

油が目に入った場合は、流水で10分~15分程度洗い流しましょう。揚げ油などの高温の油の場合はできるだけ冷たい水で冷やしながら洗い流し、まぶたの上を氷などで冷やすようにしましょう。

石灰

石灰はアルカリ性の薬品で浸透性が強いので、目に入ったらできるだけ早く15分~20分程度は流水で洗い流します。

その後、できるだけ早く眼科を受診して処置するようにしましょう。時間が経過しすぎると失明する危険性があります。

病院で行う治療法は?

すぐに病院へ行くべきケース

すぐに病院へ行く必要があるケースは鉄粉や石灰、その他の薬品が目に入った時です。病院へ行く前に流水で洗い流す必要はありますが、早急に病院で処置しないと失明の可能性もあります。

特に鉄粉は時間が経過すると目の中で錆びてしまう可能性もあるので、すぐに病院で取り除きましょう。

病院での治療について

病院で異物を取り除く際は生理食塩水などで洗い流します。まぶたの裏側に入りこんでしまっているケースもあるので、その場合はまぶたを裏返して除去します。

目に破片などが刺さっている場合は、針を使ったり、金属の弾性を利用して異物を除去するセッシ(ピンセット)を用いたりします。

また、鉄粉が入った場合は錆びができている可能性があります。その時は「角膜顕微鏡」で観察しながら、振動の少ない「角膜ドリル」で錆びを削り取ることもあります。

角膜の組織を傷つけることなく錆びを取り除くことができるので、早期回復も期待できます。

まとめ

目にゴミが入ってしまったときは焦ってこすったりせず、清潔な綿棒やティッシュなどを使って取り除くか、水で洗い流すようにしましょう。

目に入ると危険なものが入ってしまった場合も、すぐに水でよく洗い流してから眼科を受診するようにしましょう。すぐに処置すれば失明などの危険を防ぐことができる場合もあります。

 

執筆者:田町三田やまうち眼科 山内明子先生

この記事は役にたちましたか?

  • すごく
  • いいね
  • ふつう
  • あまり
  • ぜんぜん
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):