蓄膿症は人から人にうつらない!原因は?早く治すにはどうする?

蓄膿症 うつる
深谷先生

監修者

深谷耳鼻咽喉科クリニック

院長:深谷和正 先生

慶應義塾大学、佐野厚生総合病院、川崎市立川崎病院
静岡市立清水病院、東松山市民病院を経て、
深谷耳鼻咽喉科クリニックを開設

『蓄膿症』は鼻の奥に膿がたまる病気です。人から人へ直接うつる病気ではありません。

しかし、蓄膿症の原因となるウイルスや細菌に同時に感染し、蓄膿症を発症することはあります。

この記事では、蓄膿症はうつるのか、原因や早く治すためにできることについて解説します。

『蓄膿症』そのものがうつるわけではない!

蓄膿症の原因は花粉の可能性も

蓄膿症は、花粉やほこり・ウイルス・細菌などによって、鼻の奥にある『副鼻腔』で炎症がおこり、膿がたまることで発症します。ですので、人から人へと直接うつるわけではありません。

ただし、蓄膿症の原因となるウイルスや細菌に感染し、同じように副鼻腔で炎症がおこり、膿がたまった場合は、蓄膿症になってしまいます。

その結果、「蓄膿症がうつった」と、とらえられてしまうことがあります。

同じ空間にいる人も注意!蓄膿症の原因と症状

1.蓄膿症の原因について

ペットによるアレルギーも蓄膿症の可能性がある?

蓄膿症は、ほとんどの場合風邪かアレルギーが原因で発症します。

アレルギーは、ハウスダストやダニ、ペットによるアレルギーもふくまれるため、これらには注意が必要です。

さらに、不規則な生活・極端な偏食・ストレスなどで身体が弱って、蓄膿症になることもあります。

2.蓄膿症の症状について

蓄膿症を発症すると、さまざまな症状があらわれます。蓄膿症と、単なる鼻づまりとのちがいはそれほど明確ではありません。

しかし、以下の症状が見られる場合には、自己判断をせず病院を受診するようにしましょう。

蓄膿症の症状

・鼻や鼻周りに痛みを覚える

・常に鼻が詰まっている状態である

・熱がない(風邪っぽくない)のにどろっとした鼻水が続いている

・鼻水が黄色や薄めの緑色をしている

・いくら鼻をかんでも、残っている感じがする

・頭痛や頭が重い感じがする、頭がぼーっとして集中できない

3.蓄膿症にかからないようにするには?

疲れを感じたときは無理をせず、身体を休めましょう

まずは、毎日の生活を見直し、疲れやストレスをためこまない生活を送ることが大切です。

疲れを感じたときには無理をせずに身体を休めるようにしましょう。栄養バランスを考えた食事をすること、偏食も避けることも大切です。

蓄膿症を早く治すためにできること

1.耳鼻咽喉科で相談する

蓄膿症は、重症化しなければ、何度か通院したら完治することがほとんどです。

しかし、完治しないまま通院をやめてしまうと、再発する可能性の高い病気です。あせらずに、完治するまでしっかりと通院して、治療をおこなってください。

2.『蓄膿症』は市販薬で対応できる?

市販薬でも治せる?

薬局などで販売している市販薬で改善を試すこともできます。毎日忙しくてすぐに病院を受診できない方や、再発した方は、まずは市販薬で少し様子を見てみるのもよいでしょう。

それでも症状が改善されない場合は、時間をみつけて病院を受診することが大切です。

まとめ

蓄膿症についてのまとめ

蓄膿症は、ウイルス・細菌などによって、鼻のおくにある『副鼻腔』で炎症が起こり、膿がたまる病気です。

人から人へ直接感染することはありませんが、蓄膿症の方と同じ空間にいた場合、細菌やウイルスが原因となって蓄膿症を発症することがあります。

ですが、蓄膿症は早めに対処することで、すみやかな改善が望める病気です。

早めに『耳鼻いんこう科』で相談をして、一日でも早く快適に過ごしましょう。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):

関連記事

お近くの耳鼻いんこう科を検索!

ネット受付・予約もできる

病院検索サイト

ご自宅や職場の近くで耳鼻いんこう科を探したいときは、検索サイト『EPARKクリニック・病院』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を確認することができます。

EPARK
  • 科目をしぼって簡単検索♪
  • 充実の医院情報満載!
  • 待ち時間を削減!Web受付にも対応!

耳鼻いんこう科一覧へ!