耳垢が湿っている6つの原因。体質?病気?膿がでたら中耳炎の可能性も

耳垢 湿っている
  • LINEで送る
白畑敦先生

監修者

しらはた胃腸肛門クリニック横浜

院長:白畑敦 先生

平成14年5月  昭和大学藤が丘病院 消化器外科臨床研修医
平成16年5月  昭和大学藤が丘病院 消化器外科助教(院外)
平成18年6月  幕内会 山王台病院 外科
平成19年6月  昭和大学藤が丘病院 消化器外科助教
平成20年6月  関東労災病院 外科
平成21年6月  昭和大学藤が丘病院 消化器外科 助教
平成24年10月   横浜旭中央総合病院 外科、昭和大学藤が丘病院 兼任講師
平成29年11月  しらはた胃腸肛門クリニック横浜を開業、院長に就任

耳垢が湿っている場合、飴耳や猫耳とよばれます。

ふだんから湿っているのであれば体質の可能性が高く、問題はないでしょう。

耳垢が湿る原因としては、日常生活や環境のほか、『外耳道炎』や『中耳炎』などの病気の可能性もあります。

この記事では、耳垢が湿っている原因や病気について解説していきます。

耳垢ってそもそも何?湿っている人は少ない?

1.耳垢は何からできている?

耳画像

耳垢は、以下の3つが混ざり合ってできています。

  • 外耳道の皮膚にある皮脂腺と耳垢腺からの分泌物
  • 古い皮膚がはがれたもの
  • ちり・ほこり

皮脂腺と耳垢腺は外耳道の外側にあるため、外耳道の奥には耳垢は少なくなっています。

2.耳垢には個人差が!薄い黄色で乾燥している人が多い

耳垢黄色イメージ

日本人は約80%が「乾燥耳垢」といわれています。通常「淡黄色」で、量もそれほど多くなく乾燥している人がほとんどです。

しかし、量が多い人もいれば、「黄褐色」をしている人もいます。また、湿っている人もいます。つまり、個人差のあるものなのです。

耳垢が湿る6つのケース

1.ふだんから耳垢が湿っている場合

ふだんから耳垢が湿っているのは、皮脂腺と耳垢腺が通常の人よりも発達していて、分泌物が多いと考えられています。

耳垢が湿っているのはほとんどの場合体質によるものです。病気などを心配する必要はまずないでしょう。

2.水泳や入浴のあとに湿った耳垢がでる場合

入浴イメージ

水泳時や入浴時に、耳の中に水が入って耳垢に混じると、あとから湿った耳垢がでてくることがあります。

黄褐色で、続けてでるようでなければまったく心配いりません。

3.皮脂腺の分泌が活発になっている場合

耳の中にも皮脂腺があります。そのた、皮脂腺の分泌が活発になっている場合は耳垢も湿りやすくなります。

耳の中がべたべたしている場合は、臭いを発する場合もあります。

体質以外でも、ハードな運動をしてたくさん汗をかいた場合は、汗によって一時的に耳垢がしめることもあるでしょう。

4. 耳掃除をしすぎている場合

耳垢が湿っているのではなく、体液の場合も!

耳掃除イメージ

耳掃除のしすぎで炎症を起こしていると、耳の中が傷つき湿疹ができます。その湿疹から、「滲出液(しんしゅつえき)」が出てくると耳垢が増えたように感じます。

滲出液とは、白血球が多く含まれる透明の結晶成分です。

5.ワキガ体質の場合

わきがイメージ

耳掃除をしたときに、毎回綿棒に湿った耳垢がつくようであれば「ワキガ体質」と判断できます。

耳垢が湿りやすいお風呂上りや運動後、外気温が急激に変化したとき、興奮状態や緊張状態のときを避けて、綿棒でそっとこすって判断するとよいでしょう。

6.『外耳道炎』や『中耳炎』を発症している場合

以下の病気の場合は、耳垢が湿っていることにくわえ、臭いがするのが特徴です。

ほかに症状がでていないかをチェックして、病気か体質かを判断しましょう。

『外耳道炎』

外耳道が炎症を起こした場合、耳垢の湿りにともない 、痛みやかゆみ、膿がでてくる「耳だれ」の症状があらわれることがあります。

ほとんどの場合、炎症がおさまれば症状も治まってくるでしょう。

『中耳炎』

外耳・中耳・内耳イラスト

耳は外側から順に、外耳・中耳・内耳と3つにわかれています。

そのうち、中耳に炎症を起こすと、耳の痛みや耳から膿が出てくることがあります。

耳から膿がでてくることを「耳だれ」といいますが、耳だれを起こすと耳の中が湿ってきます。

中耳炎は、とくに幼児に多くみられる病気です。

湿った耳垢の対処法・注意点

1.お風呂のあとは、耳の中も水気をふきとりましょう

お風呂に入ったあとも耳が濡れたままだと、湿気で耳の中がジメジメとしてきます。また、雑菌が繁殖しやすくなるため臭いを感じることがあります。

2.イヤホンをつける習慣がある人は要注意!

耳の中に湿気がこもると雑菌が繁殖…!

イヤホン画像

短時間であればとくに問題はありませんが、長時間の使用は、耳の中に湿気がこもりやすくなるため細菌やカビが増えやすい状態になります。

また、耳垢が外に出にくい状態になり溜まってしまうこともあります。

イヤホンの使用時間をなるべく短くして、イヤホン自体も清潔に保つことが大切です。

傷から菌が入って外耳道炎を起こすことも…

耳の中の皮膚は非常に薄く、イヤホンの使用によって皮膚を傷つけてしまうことがあります。

小さな傷から菌やカビが入って外耳道炎を起こすこともあるため、耳にイヤホンをつける際は気をつけてください。

慢性中耳炎の可能性も!すぐに病院へ!

1.こんな場合は要注意!

耳から膿がでる耳だれは、かゆくなることもありますが、湿った耳垢と区別がつきにくいです。

急に耳垢が湿り始めたまま放っておくと、重大な病気を引き起こすこともあります。

そのため、異変を感じた場合は自己判断で耳を触らず、すみやかに耳鼻いんこう科を受診することが大切です。

2. 慢性中耳炎の症状について

耳だれによって耳垢が湿っている場合は悪臭が!

耳だれ悪臭イメージ

『慢性中耳炎』の場合、鼓膜に穴が開いてしまい、時々もしくはつねに耳だれの状態になります。ほとんどの場合、痛みはありませんが、耳だれは膿と粘液が混ざり合ったものがでてくるため悪臭がします。

臭いは自分でも気づきにくい?

耳の悪臭は自分では気づきにくいものです。

そのため、いつも乾燥した耳垢だったのに湿り気が出てきた場合は、気をつけて様子をみてください。

また、ふだんから耳垢が湿っている方はなおさら気づきにくいため、かゆみや痛み、聞こえづらさなどがある場合は注意深く様子をみてください。

難聴や鼓膜穿孔を引き起こします

難聴イメージ

耳だれのほか『難聴』や、鼓膜に孔(あな)が開いて軽い難聴を引き起こす『鼓膜穿孔(こまくせんこう)』が特徴的な症状としてあらわれます。

難聴の程度は、病気の型や進行度によって度合いがちがいますが、自然によくなることはありません。

3. 『真珠腫性中耳炎』を引き起こすと命に危険が!

慢性中耳炎のひとつである『真珠腫性中耳炎』になると、とくに悪臭がひどく、ドロッとした耳だれが見られます。

真珠腫性中耳炎は、骨を破壊しながら進行し、『髄膜炎(ずいまくえん)』や『脳膿瘍(のうのうよう)』などの重い病気を併発するなど、命に関わる病気です。

耳垢がドロッとしている場合は、すぐに耳鼻いんこう科を受診しましょう。

まとめ

病院イメージ

1.急に耳垢が湿りだしたら要注意!「耳鼻いんこう科」へ

耳垢は、乾燥している場合が多いですが、体質によって耳垢が湿っている場合もあります。

ふだんからそのような場合は、とくに心配はいりませんが、『外耳道炎』や『中耳炎』など疑いがある場合、耳鼻いんこう科を受診することが大切です。

2.自己判断で湿り気をとらず、医師に相談を

自己判断で、耳がかゆいからと耳の中を掃除しすぎたり、ティッシュなどを詰め込んだりすると、症状が悪化することがあります。

耳の粘膜はとても薄く傷つきやすいため、悪化する前に早めに病院を受診しましょう。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):

関連記事

  • LINEで送る

お近くの耳鼻いんこう科を検索!

ネット受付・予約もできる

病院検索サイト

ご自宅や職場の近くで耳鼻いんこう科を探したいときは、検索サイト『EPARKクリニック・病院』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を確認することができます。

EPARK
  • 科目をしぼって簡単検索♪
  • 充実の医院情報満載!
  • 待ち時間を削減!Web受付にも対応!

耳鼻いんこう科一覧へ!