月経困難症の治療薬としてのピル。保険は適用される?副作用はあるの?

月経困難症 ピル
  • LINEで送る
林高太郎

監修医

医療法人社団さくらライフ

林高太郎 先生

埼玉医科大学 卒業
医師国家試験予備校講師、麻酔科フリーランスなどを経て、
現在は総合診療をおこなっている。

「月経困難症」に悩む女性は多いです。月経困難症は、月経中、日常生活に支障をきたす症状があらわれます。そのため早くに解決する必要があります。

こちらの記事では、月経困難症の治療薬としてピルを服用する理由やメリット、知っておきたい副作用について解説します。

月経困難症について

1.月経困難症はどんな病気?

月経困難症 ピル

月経中、日常生活に支障をきたすほどの症状がみられる

『月経困難症』とは、月経中に日常生活に支障が生じるほどの痛みや吐き気、頭痛、イライラといった症状がみられる病気です。

月経時には、多くの女性が何らかの不快な症状を感じます。中でも日常生活に支障が生じるほどのものや、治療が必要なものを月経困難症といい、いわゆる「生理痛」とは異なります。

発症する原因から2種類に分けられる

月経困難症は、発症する原因から2種類に分類されます。

ひとつは、ホルモンバランスの乱れなどが原因で、他の病気をともなわない『機能性月経困難症』です。もうひとつは、病気が原因でおこる、『器質性月経困難症』です。原因となる病気は、『子宮内膜症』や『子宮線維症』、『子宮筋腫』などがあります。

2.どうしてひどい生理痛が起こるの?

月経困難症 ピル

月経のおこるしくみ

毎月きちんと排卵されていると、卵巣からは2種類の女性ホルモンが分泌されます。卵胞ホルモンの『エストロゲン』と、黄体ホルモンの『プロゲステロン』です。

エストロゲンの作用によって、子宮内膜は増殖し、妊娠に備えます。排卵が起こり、妊娠しなければプロゲステロンが減少し、内膜が剥がれ落ちて、月経が起こります。

子宮の収縮を促す物質が、痛みを引き起こす

黄体ホルモンのプロゲステロンは、子宮内膜の内側に、痛みの原因にもなる『プロスタグランジン』という物質を増加させます。

プロスタグランジンには、子宮の収縮を促進し、剥がれ落ちた子宮内膜を、月経血として子宮の外に排出させる、重要な役割を担っています。それにともなって、プロスタグランジンの分泌量が増えると、子宮の収縮が強まり、痛みの原因になります。これは陣痛の痛みとも同じ原因で、生理痛の中でも、かなり強い痛みを引き起こすものです。

身体の不調や冷えが促進されることも

また、プロスタグランジンには痛みを強める作用や血管収縮作用もあり、頭痛やめまい、だるさなどの身体の不調や冷えを促進する原因にもなります。

3. 器質性月経困難症の治療

原因となる病気の治療を優先

器質性月経困難症の場合は、まず原因となる病気の治療を行います。もとの病気を治療することで、月経困難症の症状も改善されることが多いからです。

4.機能性月経困難症の治療

月経困難症 ピル

機能性月経困難症の場合は、薬物療法や生活習慣の改善などをおこないます。

薬物療法

薬物療法で主に用いられるのは『鎮痛薬』です。特に、痛みの原因となるプロスタグランジンの合成を阻害する鎮痛剤が有効です。

プロスタグランジンは月経前からつくられるので、月経が始まる前から服用することで、プロスタグランジンの過剰な分泌を抑え、痛みの原因を取り除く効果が期待できます。

薬で改善がみられない場合は、ピルを使用することも

これらの薬を使っても、症状が改善されない場合は、必要に応じてピルを使用します。ただし、『高血圧』や『肥満症』『アレルギー』の症状がある人や『喫煙者』は、ピルを使用できない場合があります。

生活習慣の改善

また、生活習慣が乱れることで、ホルモンバランスがくずれ、症状が重くなります。そのため生活習慣の見直しも治療の一環です。

月経困難症の治療薬として使われる「ピル」

月経困難症 ピル

1.ピルを飲むことで排卵をとめ、症状を軽くする

鎮痛剤が効かない場合や、過多月経をともなう場合は、ピルを用いた『ホルモン療法』を実施します。

ピルには卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれており、服用すると、妊娠しているときに近いホルモンバランスになります。そのため月経困難症の原因になる排卵自体をとめることができ、月経痛の症状を継続的に軽減することができます。

また、月経痛を和らげるだけでなく、月経量の減少や内膜症の進行を抑える作用も期待できます。

2.主に使われるのは「低用量ピル」

月経困難症の治療としては、『低用量ピル』や『超低用量ピル』が用いられることがほとんどです。

避妊目的の低用量ピルと、成分的にはほぼ同じなので、避妊も兼ねたい場合は、避妊用のピルを月経困難症の治療の目的でも使用することがあります。

3.月経困難症の治療であれば保険適用!

月経困難症 ピル

通常、避妊が目的の場合、低用量ピルは自費診療になります。しかし、月経困難症や子宮内膜症など、病気の治療を目的とした処方の場合は『保険適用』となります。

4.効果がない場合は医師へ相談

ピルを飲んでも効かない場合は、医師に相談して種類を変えてみましょう。

5.低用量ピルを服用するメリット

低用量ピルを服用することで、月経周期をコントロールできるようになります。そのため月経周期が規則正しくなる、旅行などのスケジュールを立てやすい、といったメリットもあります。

低用量ピルに副作用はある?

1.比較的副作用は少ない

低用量ピルは、身体に負担がないように、ホルモン含有量が最小限に抑えられています。そのため副作用を感じることは少ないです。ただ、服用開始直後は、副作用があらわれることもあります。

2.頭痛や吐き気、乳房の張りなどを感じることも

月経困難症 ピル

個人差はありますが、副作用として頭痛や吐き気、乳房の張りなどを感じることがあります。また、少量の不正性器出血がみられることもあります。

こうした副作用は、低用量ピルを継続的に飲み、身体が自然と慣れることで徐々におさまっていくことがほとんどです。改善されない場合は、医師に相談しましょう。

3.低用量ピルを服用すると太る?

「低用量ピルを服用すると太る」と聞いたことはないでしょうか。

低用量ピルの副作用として、ナトリウムや体液がたまりやすくなったことが、むくみや体重増加につながることがあります。日常生活に負担がなく、程度も軽ければ、経過を観察しながら服用を続けます。症状が重ければ服用を中止しましょう。

4.喫煙者はピルを使用できない可能性がある

月経困難症 ピル

たばこを吸う人は、ピルを服用することで血栓症のリスクが増加します。そのため低用量であってもピルを使用できない場合があります。そもそも、月経困難症と喫煙には因果関係があります。月経困難症の症状がある場合は、まず禁煙を始めましょう。

また、先に述べたように、『高血圧』や『肥満症』『アレルギー』の症状がある人も同様にピルを使用できない可能性があります。

まとめ

ピルの服用により、症状の改善が期待できる

月経困難症は、日常生活に支障が出てしまう病気です。しかし、低用量ピルを服用することで、症状の改善が期待できます。治療薬としてピルが処方される場合には、保険も適用されます。

産婦人科で一度相談することをおすすめ

また、避妊や月経周期を整える、という効果もあります。月経困難症でお悩みの女性は、産婦人科医を受診し、医師と低用量ピルの服用について相談することをおすすめします。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
コメント(オプション):

関連記事

  • LINEで送る

お近くの産婦人科を検索!

ネット受付・予約もできる

病院検索サイト

ご自宅や職場の近くで産婦人科を探したいときは、検索サイト『EPARKクリニック・病院』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を確認することができます。

EPARK
  • 科目をしぼって簡単検索♪
  • 充実の医院情報満載!
  • 待ち時間を削減!Web受付にも対応!

産婦人科一覧へ!