魚の目の手術法、3種類を解説!痛みはある?かかる費用や治療期間

魚の目 手術
  • LINEで送る
  • すごく役に立った
  • 役に立った
  • 普通に役に立った
  • あんまり役に立たなかった
  • ぜんぜん役に立たなかった
ルサンククリニック銀座院 長谷川 佳子 院長のプロフィール画像

監修者

ルサンククリニック銀座院

長谷川佳子 先生

2002年 福井県立藤島高等学校卒業
2002年 北里大学医学部医学科入学
2012年 北里大学医学部医学科卒業
2012年 横浜市立大学附属病院 初期臨床研修医
2013年 横浜市立大学 市民総合医療センター 初期臨床研修医
2014年 横浜市立大学附属病院 形成外科 入職
2015年 藤沢湘南台病院 入職
2021年 ルサンククリニック銀座院 院長 就任

形成外科、美容皮膚科、皮膚科、外科など様々な分野を担当。
患者さんが気楽に相談でき、しっかりと満足いく診療メニューを提案する。学会、大学病院、研究施設などへの積極的なアプローチ発表など常に最善の手を尽くすべく研究を行うことが最大の特長。
女性目線で、きめ細やかなケアと笑顔で診療することを心がける。
執筆を通し、様々な経験に基づいた根拠ある情報の提供を行う。

目次

もっと見る

魚の目は「魚の眼」のように見えることが特徴の、足のできものです。

合わない靴やバランスの悪い歩き方などで、足の裏や指を繰り返し刺激することが原因で起こります。

市販薬で処置できるものもあるのですが、症状が進行すると手術を行うこともあります。

この記事では魚の目で手術が必要なケースについて解説します。

魚の目の手術が必要なケースそうでないケース

1.どんな場合に手術が必要?

足 画像

魚の目の症状が軽い場合は、手術を行う必要はありません。

薬を使っても症状が良くならない、痛みがひどいなど、日常生活に支障が出る場合に手術が必要となってきます。

それ以外でも、魚の目をしっかりと治したい場合は手術が有効です。

2.通常の魚の目の治療

セルフケアイメージ

以下の方法で、市販薬等を使用しながらセルフケアもできます。

しかし、魚の目かどうかを判断するためにも、まずは病院を受診することをおすすめします。

魚の目専用の絆創膏を使う方法

一般的な魚の目の治療は『サリチル酸メチル』という成分が含まれた『スピ―ル膏』という魚の目用の絆創膏を使います。

患部の大きさに合わせてカットしたものを数日間張って、皮膚を柔らかくしながら魚の目を削っていきます。

液体を直接魚の目に塗る方法

魚の目イメージ

『サリチル酸メチル液』を患部に直接塗って、皮膚を柔らかくして魚の目を削ります。

何回か繰り返すことで、魚の目の芯を取り除くことができます。

魚の目の手術について

魚の目の症状が重い場合は手術が必要になります。

しかし、入院の必要もなく15分程度で終わる簡単なものです。

1.魚の目の手術方法

治療イメージ

手術の方法は医師によって異なるため、相談して決めましょう。

大きさによっても異なりますが、どの方法も傷がふさがるまでに1か月以上はかかります。

通常の麻酔をしてメスで取り除く手術

皮膚が硬くて痛みがある重度の場合に行います。

しかしながら、手術後の痛みや細菌感染のリスクなどが伴うため、今はあまり推奨されていません。

電気メスを使った手術

出血イメージ

医師によっては、電気メスを使って手術する場合があります。

切開とともに止血を行うので、出血が少ないことが特徴です。

レーザー治療

局所麻酔をしてから、炭酸ガスレーザーを患部に当てて、魚の目の芯を取り除きます。

レーザー治療のメリットはふたつあります。

ひとつは、皮膚の深いところにある魚の目の芯まで取り除くことができるところです。

もうひとつは、通常のメスを使って行う外科的手術に比べて出血や痛みが少ないことです。

2.手術時に痛みはある?

疑問イメージ

麻酔が効いているので痛みはほとんどありません。

しかし、術後に出血や痛みが出ることがあります。

レーザーを使った治療は、再発率も低く傷痕が残りにくいのが特徴です。こちらも麻酔によって痛みはほぼありません。

3.魚の目の手術は、何科でおこなう?

費用イメージ

皮膚科以外にも整形外科、形成外科で行っている医院が多くあります。

また、気になる費用ですが、液体窒素・メス・電気メスは保険が適応されます。

液体窒素で約2000円、メスや電気メスで約5000円です。

レーザー治療では、保険適応外となり、費用は医院によって異なりますが数万円ほどかかります。

ひどい場合は、自己判断で市販のものを使わず、まず病院で診てもらいましょう。

まとめ

1.自己判断は危険!まずは病院を受診しましょう

医師画像

魚の目なのか、イボなのか、タコなのか、最初はわからないかもしれません。

しかし、早く治すためには、特徴と違いを見極めていくことが大切です。

魚の目だった場合、自己判断で処置をすると、逆に悪化することもあります。

近くに皮膚科がない場合は、整形外科や形成外科でも診察をしてくれるので、病院で衛生的に治療を受けましょう。

2.症状が軽い場合

足に合った靴に変え、姿勢などを改善することで症状が良くなることもあります。

3.手術をする場合

魚の目の状態で内容が変わってくるので、担当の先生とよく相談をして決めきましょう。

早めに治療すれば、長い間痛みと闘うこともなくなります。

この記事は役にたちましたか?

  • すごく
  • いいね
  • ふつう
  • あまり
  • ぜんぜん
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):