子宮頸がんのワクチンの効果は?費用や回数について。何歳でもOK?

子宮頸がん_予防ワクチン
林高太郎

監修者

医療法人社団さくらライフ

林高太郎 先生

埼玉医科大学 卒業
医師国家試験予備校講師、麻酔科フリーランスなどを経て、
現在は総合診療をおこなっている。

子宮頸がんは、予防ワクチンの接種によって、ある程度予防することができるようになっています。

日本では、2009年末に子宮頸がんの予防ワクチンが認可されました。

この記事では、子宮頸がん予防ワクチンの効果や受けられる年齢、効果が持続する期間について解説します。

子宮頸がんの原因と発がんについて

1.子宮頸がんの原因

『子宮頸(けい)がん』を発がんする原因は、『ヒトパピローマウイルス(HPV)』 の感染です。HPVは、セックスによって、『子宮頸部』に感染します。

子宮頸がん ワクチン

2.HPVウイルスは、多くの女性が一生に一度はかかる!?

HPVは、何も一部の人だけが感染する、珍しいウイルスではありません。多くの女性が一生のうち一度は感染するといわれている、ごくありふれたウイルスです。

そのため、セックスをしたことがあれば、若い女性でも発がん性HPVに感染し、子宮頸がんにかかるリスクがあります。

実際に、10代で子宮頸がんにかかるケースもあります。また厚生労働省の統計によると、子宮頸がんは20~30代の女性で最も発症率が高いがんでもあります。

3. HPVウイルスに感染したら、必ず子宮頸がんになるの?

子宮頸がん ワクチン

発がん性HPVに感染しても、多くの場合は自然にウイルスが排除されます。つまりは、感染しても自然に治ることが多いのです。

ただ、このとき、体の中で発がん性HPVへの『免疫』は作られません。そのため、一度感染して自然に排除したとしても、セックスをする限りは、何度も感染をくり返す可能性があります。

こうして、感染した状態が長い間続く『持続感染』の状態になると、子宮頸がんを発症することがあります。長いと感染してから発がんまでに、十数年かかります。

予防ワクチンの効果と、受けられる年齢

1.子宮頸がんの予防効果について

子宮頸がん ワクチン

現状、予防効果は100%ではない

先に申しておきますと、子宮頸がんのワクチンによる予防効果は100%ではありません。

というのも、子宮頸がんの予防ワクチンを受けることで、感染を予防できるHPVの種類は、『HPV16型』、『HPV18型』の2種類だからです。発がん性HPVには、そのほかにも種類があります。

HPV16型、18型は患者の8090%に検出される

しかし、日本の20~30代の子宮頸がん患者のうち、80~90%から検出されるのが、HPV16型、HPV18型のウイルスです。

そのため、この2種類のウイルスに対する抗体を体の中に作り、感染を防ぐことで、一定の効果が見込まれます。

2.感染・発症している場合は効果がない

子宮頸がん予防ワクチンの効果は、あくまで『予防』についてです。

すでにHPVに感染している場合や、子宮頸がんを発病している場合、それらを治療する効果はありません

しかし、以前感染したことがあっても、自然と排出され、現在感染していない状態であれば、今後の感染予防になります。

3.予防ワクチンは何歳でも受けられる

子宮頸がん ワクチン

10代しか効果がない」は誤解!

子宮頸がんの予防ワクチンの接種は、何歳でも可能です。そして、今後性行為をする可能性があれば年齢にかかわらず、効果が見込まれます

しかしながら、「10代しか受けられない」「セックスをしたことのない人にしか効果がない」と誤解している人が多くいます。

助成金を10代前半に出す自治体が多い

こうした誤解が生まれた背景には、テレビやニュースによる、子宮頸がん予防ワクチンの『助成金』に関する報道が、ひとつとしてあると思われます。

自治体によって、対象となる年齢や、助成金の有無は異なりますが、子宮頸がん予防ワクチンの助成金対象を「10歳から15歳の少女」としている自治体は多いです。

これは、セックスを経験する前に予防接種をし、その後毎年子宮頸がん検査を実施することで、かなり高い確率で子宮頸がんの発症を予防できる、という理由に基づいています。

子宮頸がん予防ワクチンを受けるにあたって

1.何科で予防ワクチンは受けられる?

子宮頸がん ワクチン

子宮頸がんのワクチンを接種する場合は、産婦人科を受診しましょう

2.子宮頸がんのワクチンの副反応について

副反応として、ワクチンを接種した部分の『痛み』や『腫れ』、『発熱』などが生じることがあります。

また、注射への恐怖、興奮などをきっかけに失神を起こした例もあります。

3.ワクチン接種にかかる費用と、受ける回数

子宮頸がんのワクチンは、3回接種することで、その効果を発揮します。

かかる費用は、医療施設によっても多少差はありますが、3回の合計で5万円から6万円ほどに設定している施設が多いです。

4.予防ワクチンの効果が持続する期間

子宮頸がん

子宮頸がんの予防ワクチンの効果は、約20年間継続するといわれています。

予防ワクチンの接種により、体の中にHPV16型、HPV18型に対する抗体が大量にできるため、約20年間は効果が継続すると推計されています。

さいごに

子宮頸がんの予防ワクチンは、ここ10年で飛躍的に進歩した、新しい医療の選択肢です。そのため、詳しい知識や情報がまだ普及していないのが実情です。

子宮頸がんの予防ワクチンについてきちんと知った上で、接種について考えてみましょう。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):

関連記事

お近くの産婦人科を検索!

ネット受付・予約もできる

病院検索サイト

ご自宅や職場の近くで産婦人科を探したいときは、検索サイト『EPARKクリニック・病院』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を確認することができます。

EPARK
  • 科目をしぼって簡単検索♪
  • 充実の医院情報満載!
  • 待ち時間を削減!Web受付にも対応!

産婦人科一覧へ!