治らない口内炎に注意!歯肉がんの初期症状や検査、治療について解説

歯肉がん
  • LINEで送る
mukai-kazuhiko

監修者

むかい歯科

院長:迎和彦 先生

平成2年 昭和大学歯学部卒
昭和大学第三歯科補綴学教室入局
平成8年 昭和大学第三歯科補綴学教室退職
同上特別研究生
都内歯科医院管理者(院長)勤務
平成15年   同上退職
平成16年   大田区大森にて「むかい歯科」開業
現在に至る

歯肉がんは、口腔内のがんの中で比較的多くみられます。

男性の方が女性より患者数は多いです。とはいうものの、歯肉がんは生活習慣に起因し、だれでもかかる可能性があります。

この記事では、歯肉がんの初期~末期の症状と、病院を受診するべき場合、検査法について解説します。

歯肉がんとは

1.歯肉がんってどんな病気?

歯肉がん

『歯肉がん』は、歯肉(歯ぐき)に悪性腫瘍、つまりは「がん」ができる病気です。

歯肉にできる病気のなかで、もっとも恐ろしいともいわれています。5年生存率は、下あごに発生した場合は、5割から8割です。上あごの場合は4割から7割です。

2.  歯肉がんの原因は?

喫煙や飲酒などの生活習慣

『喫煙』や『飲酒』など生活習慣が原因になることがあります。

虫歯や合っていない入れ歯

また、虫歯や自分に合っていない入れ歯なども、原因として考えられます。

未処置の虫歯の角や、合わない入れ歯によって長期間こすったり傷つけたりすると、粘膜の表面の細胞が悪性に変化し、がん化することがあります。

3. 歯肉がんの初期~末期の症状

歯肉がん

初期症状は口内炎に似ている

初期の段階の歯肉がんは、口内炎のようにも見えます。実際に、口内炎だと思っていたら、実は歯肉がんだった、ということもあります。

なかなか治らない傷や口内炎がある、と思っている人は気をつけましょう。

軽度の歯肉がんの症状

軽度でありながら、悪性化している場合は歯肉が白っぽくなります。

中期の歯肉がんの症状

中期になると、歯肉のただれや、えぐれてくる、イボのような隆起ができる、といった症状がみられます。

歯肉がんの末期症状

末期になると、歯肉に強い痛みを感じる、出血がひどいなどの症状があらわれます。また、歯肉はリンパ節と近いこともあって、首筋にこりを感じたり、しこりができたりすることもあります。

4. 歯肉がんを放置したときのリスク

歯肉がんは、先に解説したように、「初期」「中期」「末期」と、どんどん症状が悪化していきます 。

また、リンパ節と近く転移もしやすいです。リンパ節へ転移すると、全身へがんが運ばれる可能性もあります。そのため、歯肉がんは早期発見が何より大切です。

歯肉がんの検査について

歯肉がん

1.治らない口内炎や傷があれば病院へ

口内炎や、出血をともなうような口の中の傷が、1週間以上たっても小さくなったり、治ったりしない場合は、医療機関を受診しましょう

2.何科を受診するべき?

まずは近くの歯科で相談を!

先に解説したような、気になる症状がある場合は、まず近くの歯科で相談してみましょう。症状に応じて、病院を紹介してもらうこともできます。

治療をうけるのは、口腔外科や耳鼻咽喉科

『口腔外科』が通院できるところにあれば、そこで治療をおこないます。また、『耳鼻咽喉科』で、歯肉がんの治療をおこなっている病院も多いです。

3. 歯肉がんの検査方法

まず、歯肉がんかどうかを調べる

まずは、 歯肉がんにかかっているかどうかを、『問診』や『視診』、『触診』、『画像診断(レントゲン)』、『生検』などから調べます。

つぎに、「CT」や「MRI」でがんの大きさや転移を調べる

つぎに、『CT』や『MRI』を撮影します。それにより、がんの範囲や大きさを特定し、転移があるかどうかも調べます。

そのほか、持病についての検査もおこなう

そのほか、『血液検査』などによって、持病があるかどうかも調べます。

これは、治療にどの程度耐えられるかを知るためでもあり、非常に大切な検査です。

歯肉がんの治療法

歯肉がんの治療は、ほかのがんと同じように、『外科的手術』や『放射線治療』、『化学療法』などがあります。これらを併用して治療することもあります。

1.手術による治療

歯肉がん

歯肉がんの場合、手術が必要になることがほとんどです

がんの発生した部分と、その周囲を取り除く

基本的には、歯肉がんの発生した部分と、その周囲を取り除く手術をおこないます。

リンパ節に転移がある場合は、首の一部を切除する

リンパ節に転移があった場合は、首の一部をリンパ節ごと大きく切り取る必要があります。切除した部分には、体のほかの部分から筋肉や皮膚を持ってきて移植します。

がんの場所によっては、歯やあごの骨の一部を切除することも

また、歯肉がんの場所によって、がん細胞が大きくなっている場合は、歯やあごの骨の一部の切除が必要なケースもあります。

2.放射線治療

症状がひどい場合には、放射線治療 を行うこともあります。放射線治療では、がん細胞の成長抑制や、縮小につとめます。

3. 化学療法(抗がん剤による治療)

化学療法は、がん細胞を殺すために必要な治療です。

化学療法によってがんを小さくしてから、手術をおこなうこともあります。このように、手術と化学療法とを併用するケースが多いです。手術の前に化学療法をおこなうことも、手術の前後両方ともにおこなうこともあります。

がんの転移や再発の可能性。予防法はある?

歯肉がん

1.歯肉がんは、転移や再発することがある

歯肉がんは、先に解説したようにリンパ節と近いこともあって、転移や再発が懸念されます。

リンパ節に転移している場合、治すことも難しくなってきます。また、手術でリンパ節を摘出しても、再発する可能性や、ほかの場所へ転移している可能性もあります。

2.歯肉がんの予防法

歯肉がんに絶対効果がある!といえるような予防法はないのが現状です。

しかし、『喫煙』や『飲酒』は、がんを引き起こす要因のひとつではあります。このふたつは、歯肉がんだけでなく、さまざまな病気の原因にもなります。出来る限り、喫煙や過度な飲酒は避けるとよいですね。

まとめ

歯肉がんは、口の中にできる病気のなかで、もっとも厄介だと言われています。自覚症状もほとんどなく、病気に気づくのも遅れがちです。また、リンパ節への転移が起こりやすいがんでもあります。

もし口の中に違和感や傷などがあれば、早めに医療機関を受診しましょう。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
コメント(オプション):

関連記事

  • LINEで送る

お近くの歯科系を検索!

ネット受付・予約もできる

病院検索サイト

ご自宅や職場の近くで歯科系を探したいときは、検索サイト『EPARKクリニック・病院』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を確認することができます。

EPARK
  • 科目をしぼって簡単検索♪
  • 充実の医院情報満載!
  • 待ち時間を削減!Web受付にも対応!

歯科系一覧へ!