胸にしこりが出来る病気5つを解説。病院は何科?検査方法について

胸 しこり
  • LINEで送る
  • すごく役に立った
  • 役に立った
  • 普通に役に立った
  • あんまり役に立たなかった
  • ぜんぜん役に立たなかった

北総合病院 初期・後期研修医(一般外科コース)
国立国際医療研究センター病院 乳腺内分泌外科 フェロー
2018年より現クリニック勤務

目次

もっと見る

胸にしこりを見つけると、乳がんを疑ってしまいますが、乳がん以外の病気でも胸にしこりができることがあります。

乳がんかもしれないと疑うことは必要ですが、まずは落ち着いて自分の症状を把握し、他の病気を疑うことも大切です。

この記事では、胸にしこりができる原因や、病院で受ける検査などについて解説します。

胸にできるしこりの原因

胸のしこりイメージ

胸にできるしこりの原因として、考えられる病気について解説していきます。

1. 乳腺症

乳腺症 は、胸にしこりがあることで病院を受診する人の中で、もっとも多い病気だといわれています。言い換えれば、乳腺の病気の中でもっとも多い、良性の病気です。

30代後半~閉経前の女性に多い

さまざまな年代の女性が発症しますが、多くは30代後半から閉経前の女性にみられます。

特徴としては、基本的に両方の胸にしこりがみられることが多く、生理などホルモンの変化によってしこりの感触が変化することがあります。

乳房全体に痛みを感じることもあれば、しこり辺りが強く痛むこともあり、分泌物がみられることもあります。

生理が終われば症状が少し改善することが多いです。

閉経前女性イメージ

自己判断は禁物

閉経すると自然に良くなっていくことが多いので、治療を行わずに症状を和らげたり、経過観察をすることが多いです。ただ、乳がんなど他の病気と見分けるためには視診や触診だけでは不十分なので、自己判断は禁物です。

組織検査が必要なことも

しこりが大きい、硬いなど乳がんとの判別が難しければ、針を刺してしこりの組織をとり、検査するなどの追加の検査が行われます。

2. 乳腺炎

授乳イメージ

授乳中の人が発症

乳腺炎は、乳腺に炎症をおこす病気です。多くは授乳中の人おこります。

乳腺炎をおこしている部分は硬くなることがあり、しこりのように感じるかもしれません。

しこり・腫れ・発熱があったら受診

乳腺炎では胸にしこりを感じるほか、乳房全体が赤く腫れたり、痛みが出るので、それらの症状も一緒に出ているかどうかはひとつの判断材料になります。

乳房マッサージや排乳で症状が治まることも多いですが、発熱するような場合には薬の治療や処置が必要になることもあるので、乳腺炎が疑われる場合には早めに病院を受診しましょう。

3. 乳がん

乳がんのほとんどがミルクを乳首まで運ぶ乳管という組織から発生した『乳管がん』で、全体の数%がミルクを作っている小葉という組織から発生した『小葉がん』などです。

乳がんの中にはしこりを作るタイプのものがあります。

このしこりは固く、他の疾患より動かないことが特徴となります。乳房の皮膚の赤み、皮膚がへこむ、乳頭からの分泌物や血が出てくるなどの症状があらわれることもあります。

症状がある時は、早めに病院を受診しましょう。

4.乳腺繊維腺腫

乳腺繊維腺腫イメージ

思春期から30代に多い良性腫瘍

乳腺の上皮成分と間質成分がともに増殖していく疾患で、若年者に多い良性腫瘍です。

悪性腫瘍(いわゆるがん)に変わる可能性はありません。

思春期から30代くらいまでの若年女性によくおこります。しこりがコロコロと皮膚の下でよく動き、できやすい人は両方の胸に複数個できることもよくあります。

また、急速な増大を認める(大きくなる)ことは稀で、自然に退縮する(小さくなっていく)こともあります。

手術は必要?

3㎝を超える場合や、急激に増大するものに対しては手術で取り除く治療を行うこともあります。

違和感や生活への支障がない場合には、患者さんの意志によって手術をしないということもあります。

良性腫瘍の中では、もっとも発生頻度が高いといえます。

痛みや分泌物などの症状はなく、腫瘤(しゅりゅう)を主訴に受診することが多い疾患です。

5.乳腺嚢胞

10代イメージ

乳腺嚢胞は、10-20代の若年女性に多い疾患です。

乳管が風船のように膨らんだ状態で、乳腺症と同様に柔らかいしこりができたり、疼痛症状を訴えたり、稀に大きくなることもあります。

その際には、乳房の張り感が出てくるのが特徴です。

良性疾患で治療の必要はなく、稀に大きくなることはありますが、ほぼ経過観察になります。

胸にしこりを発見したら…病院で受ける検査について

1.何科を受診する?

乳腺外科イメージ

胸のしこりの診察にもっとも適した診療科は、乳腺科や乳腺外科になります。

最近ではほとんどの病院やクリニックはそれぞれのホームページを持っていますので、受診を考える場合は「乳腺科」「乳腺外科」などのキーワードを入れて、調べてみましょう。女性の医師が希望であれば、女医がいるかどうかも加味して調べてみましょう。

かかる前に事前に電話で相談すると、受診して相談可能か、より適切な病院がないかどうかを聞くことができます。

胸にしこりができていること以外に、何か症状が出ている場合にはそれも併せて説明できるようにしておきましょう。授乳中の人、妊娠の可能性がある人、断乳して数か月以内の人、常用薬がある人は、それも医師に伝えるようにしてください。

2.検査方法

マンモグラフィーイメージ

胸のしこりがある場合、妊娠中や乳房に明らかに炎症がある場合を除き『マンモグラフィー検査』や『超音波検査』を行います。

視触診より前に画像検査がされる場合もあります。

視触診(視診+触診)

まずは、乳房を観察し、変形がないか、皮膚に変化がないかを視診します。

次に乳房やわきの下を触診し、しこりがあるかどうか、硬いところがあるかどうか、分泌物があるかどうかなどを観察します。

実際にしこりがある部分を触って検査したり、脇や首の辺りのリンパを触ったりすることもあります。

細胞診・組織診

組織診イメージ

視触診や、画像診断で病気の正しい判別ができないケースや、良性か悪性かの区別がつかない病気の時に行います。

乳房に針を刺して細胞を採取したり(細胞診)、局所麻酔をして太い針を刺して組織を採取します(組織診)。採取された細胞や組織は顕微鏡でよくみる検査(病理検査)で判定してもらうことになります。

細胞診でも組織診でも超音波で病変の場所を確認しながら検査を行いますが、しこりが小さかったり、とれた細胞の量が少なかったりすると1回の検査では診断がつかないこともあります。

乳がんの早期発見のために

1.乳がんは若い人もかかる?

乳がんを発症する年代でもっとも多いのが、40代といわれています。

しかし、20代前半~30代前半の女性でも乳がんを発症することはあります。

乳がんは、悪性腫瘍の中では日本の女性がかかる確率がもっとも高いものなので、すべての女性に注意が必要です。

2.胸にしこりを見つけたらまずは病院へ

病院画像

乳房は表面にある臓器なので、自分で触って確認ができる数少ない臓器です。早い段階でしこりに気づくことも可能です。乳がんは、早期発見できれば、他の悪性腫瘍と比べても生存率は高いとされています。

他の病気の可能性もありますので、気になることがあればすぐに病院を受診するようにしてください。

まとめ

胸のしこりを見つけると、乳がんを疑ってしまいますが、他の病気である可能性も十分にあります。

月に1回くらいは、自分で触って確認する自己触診を行ってみましょう。タイミングとしては生理が始まった日から数えて7-10日くらいした日が一番胸の張りが落ち着いてる時期なので、そのころ触ってみるようにしてください。しこりなどの症状があれば、焦らずに乳腺科や乳腺外科などに相談してみましょう。

また、今は胸に症状がない、という方でも自治体によっては30歳以上から超音波などのがん検診をやっているところもあるため、まずは自分の住んでいる地域の情報を確認してみましょう。

会社の健康診断の中でオプションとして準備している会社もあると思います。また、人間ドックなどのドック健診では20代でも30代でも随時、乳がん検診を受けることができるので気になる方は近くの健診センターなどに相談してみましょう。

この記事は役にたちましたか?

  • すごく
  • いいね
  • ふつう
  • あまり
  • ぜんぜん
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):