脳に細菌が感染!「脳膿瘍」ってどんな病気?原因や治療法とは

脳膿瘍

【職務経歴】
平塚共済病院
小田原銀座クリニック
久野銀座クリニック

『脳膿瘍(のうのうよう)』は、体内で最も重要な機関である『脳』に炎症を起こす病気です。この記事では、脳膿瘍とはどんな病気か、原因や治療法について解説します。

脳膿瘍について

1.脳膿瘍とは?どんな病気?

頭痛 女性

脳に細菌が感染し、膿がたまる

『脳膿腫』とは、脳に細菌が感染し、膿がたまる病気です。

本来、細菌のいるはずがない『脳実質』という脳の内部に菌が感染し、化膿性の炎症が起こって、膿がたまります。

技術が進歩し、死亡率の減少や早期発見が可能に

以前は診断が難しく、死亡率や後遺症の残る可能性も高い病気でした。しかし、今はCTやMRIが普及したことで、早期発見が可能になっています。また、抗生物質治療も進歩し、死亡率の減少へとつながっています。

2.脳膿瘍の原因について

耳 おさえる 男性

耳鼻咽喉部の病気が原因になることが多い

脳膿瘍の原因は『副鼻腔炎』や『中耳炎』など、耳鼻咽喉部の病気から、脳へと細菌が感染することが多いです。

そのほか、さまざまな原因により発症する

それ以外の原因としては、『扁桃腺炎(へんとうせんえん)』や『虫歯』などの頭蓋骨周辺の炎症、肺の炎症、血液で細菌が運ばれる『心臓弁膜症』などが挙げられます。

そのほか、脳への外傷から細菌が侵入し、発症することもあります。また、発生する原因が分からないケースもあります。

脳に感染する細菌の種類は?

脳に感染する細菌は、『ブドウ球菌』や『連鎖状球菌』、『肺炎双球菌』、『インフルエンザ菌』など、さまざま種類があります。

3.脳膿瘍の症状について

熱 体温計

主な症状は、発熱やけいれん、まひ、精神障害

脳膿瘍の症状は、脳のどの部分に膿ができるか、またその大きさによっても異なります。

主なものは、『発熱』や『けいれん』のほか、手足のしびれ、歩行や運動の障害、ろれつがまわらないなど、『神経機能の麻痺』『精神障害』です。

頭痛や嘔吐、吐き気を覚えることも

脳膿瘍によって、『頭蓋骨内圧亢進(ずがいこつないあつこうしん)症状』が起こることがあります。

頭蓋骨内圧亢進症状は、脳の入っている空間の『頭蓋腔』の圧力が高くなることで起こる症状のことです。

頭痛とともに、嘔吐や吐き気などの症状があらわれます。

脳腫瘍とも似ている!症状があらわれたら病院へ

脳膿瘍の症状は、脳腫瘍とも似ています。

自分でどちらか判断することは困難です。症状があらわれたら、早めに医療機関を受診しましょう。

脳膿瘍の治療法

医療器具

1.脳膿瘍の検査

脳膿瘍の検査は、『CT』や『MRI』などによる画像診断をおこないます。

場合によっては、頭蓋骨に小さな穴を開けて、そこから膿をとることもあります。とった膿を培養し、診断を確定します。

2.脳膿瘍の治療法

〈内科的治療法〉

抗生物質で細菌の除去をおこなう

『抗生物質』を点滴し、細菌を殺します。

感染する細菌にはさまざまな種類があるため、それぞれに合った抗生物質を選択する必要があります。

頭蓋内の圧迫を軽減し、脳のむくみを取る

頭蓋内圧亢進が生じている場合は、『頭蓋内圧降下剤』という薬を投与し、頭蓋内の圧迫を軽減します。また、『副腎皮質ホルモン(ステロイド)』を用いて、脳のむくみを取り除きます。

〈外科的治療法〉

手術 サイン

膿腫の部位や大きさにより、内科的治療が困難な場合や、内科的治療で改善がみられない場合に、外科的治療をおこないます。

ドレナージ術

『ドレナージ術』はたまった膿を、体外に排出する手術です。

頭蓋骨に小さな穴をあけて、膿腫まで細い管を通します。そして、その管から膿を排出します。

また、開頭によって実施することもあります。

膿腫摘出術

『膿腫摘出術』の場合は、まず脳を露出させるために、頭蓋骨を切ります。さらにその奥の脳を切開し、膿を吸引します。

3.脳膿瘍の治療期間について

看護師 女性

抗生物質の投与から、効果までは時間がかかる

抗生物質を投与してから、効果が出るのにはやや時間がかかります。

その間は、『CT』や『MRI』を使って、抗生物質が作用しているかを確認します。

手術の回復時期は、さまざまな要因に左右される

それで改善がみられなければ、手術で取り除きます。

術後の回復時期は、本人の免疫力や膿腫の数など、さまざまな要因によって変わってきます。

生涯にわたって抗生物質を投与しつづけることも

免疫力の低下している人が、『トキソプラズマ原虫』やかびの仲間の『真菌』が原因で膿腫ができた場合は、抗生物質の投与を生涯にわたって続ける必要があります。

脳膿瘍の予後について

薬剤師

1.合併症について

脳膿瘍の手術時に、感染症を起こすことがあります。

また、神経を損傷し、脳の機能障害や『脳梗塞』を引き起こす可能性もあります。

2.後遺症について

手足にけいれんの症状が出る

脳膿瘍の後遺症として、手足に『けいれん』の症状が出ることがあります。

その場合は、抗けいれん薬を内服します。

高次脳機能障害から、さまざまな障害が生じることも

後遺症として『高次脳機能障害』が生じることもあります。高次脳機能障害が起こると、『記憶障害』や必要なことに注意を向けられなくなる『注意障害』、『麻痺』などが残る可能性があります。

まとめ

脳膿瘍は、診断や治療が遅くなることで、予後が悪化したり、後遺症が残ったりします。

体に異常を感じたら、早めに病院を受診しましょう。症状はさまざまで、発熱や頭痛など、かぜと似たものや、人格が変わる「精神障害」、「言語障害」などがあらわれます。

また、脳膿瘍を引き起こす原因となる、「副鼻腔炎」や「虫歯」などを放置せず、きちんと治療しておくことも大切です。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):

関連記事

お近くの脳神経外科を検索!

ネット受付・予約もできる

病院検索サイト

ご自宅や職場の近くで脳神経外科を探したいときは、検索サイト『EPARKクリニック・病院』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を確認することができます。

EPARK
  • 科目をしぼって簡単検索♪
  • 充実の医院情報満載!
  • 待ち時間を削減!Web受付にも対応!

脳神経外科一覧へ!