耳垢栓塞の症状や対処法。自力で治せる?耳そうじをするときの注意点

耳垢栓塞
  • LINEで送る
  • すごく役に立った
  • 役に立った
  • 普通に役に立った
  • あんまり役に立たなかった
  • ぜんぜん役に立たなかった
白畑敦先生

監修者

しらはた胃腸肛門クリニック横浜

院長:白畑敦 先生

2002年 昭和大学藤が丘病院 消化器外科臨床研修医
2004年 昭和大学藤が丘病院 消化器外科助教(院外)
2006年 幕内会 山王台病院 外科
2007年 昭和大学藤が丘病院 消化器外科助教
2008年 関東労災病院 外科
2009年 昭和大学藤が丘病院 消化器外科 助教
2012年  横浜旭中央総合病院 外科、昭和大学藤が丘病院 兼任講師
2017年 しらはた胃腸肛門クリニック横浜を開業、院長に就任

 

大腸がんの診断から手術、肛門疾患を専門に行う。
患者さんが疑問を残さないよう、丁寧な診療を心がけている。

目次

目次を開く

耳垢栓塞は、名前の通り、耳垢が詰まることです。

この記事では、耳垢栓塞の症状や、耳鼻咽喉科で受ける処置、耳そうじをするときに注意することを解説します

耳垢栓塞(じこうせんそく)とは

1.耳あかが耳の穴に詰まっている!

耳垢栓塞

『耳垢栓塞(じこうせんそく)』とは、耳あかが耳の穴に詰まった状態です。病気ではありません。

2.耳垢はどこから発生する?大切な役割も!

耳あかは、耳の中の汗腺でつくられる

耳は、ほとんどが軟骨や、骨からできています。それらを覆う皮膚に、『耳垢腺(じこうせん)』という汗腺があり、耳垢はそこから発生します。

耳あかには異物の侵入を防ぐ役割も!

耳あかはただ単に、耳の汚れというわけではありません。耳に異物が入るのを防ぐ、重要な役割も果たしています。

3.耳垢栓塞の症状とは?痛みはある?

耳垢栓塞

初期はほとんどが無症状

耳垢栓塞は、軽度であればほとんどが無症状です。

ただ、耳の中に何かが詰まっているような感覚や、普段よりわずかに聞こえづらい、などの違和感を覚える人もいます。

完全にふさがると、閉塞感や聴力の低下を感じる

耳垢で完全に耳の穴がふさがってしまうと、耳の閉塞感が気になったり、普段よりも明らかに聞こえが悪くなったりします。

こうした症状が、耳そうじや入浴のあとに突然あらわれた場合は、耳垢栓塞が疑われます。

痛みはほとんどない

耳垢栓塞によって、耳に痛みを感じることはほとんどありません

4. 耳垢栓塞になりやすい人

耳そうじをしない人

耳垢栓塞は、耳そうじをしない人ほどなりやすいです。ただし、他の病気を併発している可能性もあります。その場合は、一概に耳そうじをしない人とは言い切れません。

湿った耳垢の人

耳垢の種類は人によってもさまざまで、乾燥したカサカサしていたり、粘っこく油分を含んでベトベトしていたりします。湿った耳垢の人の方が、耳垢栓塞になりやすい傾向があります。

耳垢栓塞が疑われる場合の対処法

1.耳鼻咽喉科を受診する!

耳垢栓塞

耳垢栓塞が疑われる場合は、耳鼻咽喉科を受診しましょう

自分で耳そうじをして取り除けるケースもありますが、耳垢栓塞の症状がみられるということは、外耳炎や外耳道の湿疹など、ほかの耳の病気を発症している可能性があります

ほかの病気などをともなわず、耳垢栓塞のみが起こることは珍しいです。耳に詰まった感じや聞こえづらさがあり、耳そうじをしても改善しない場合は、耳鼻科を受診しましょう。

2.耳鼻咽喉科での処置

耳鼻科では、耳垢の除去を行います。

ピンセットのようなものを使ったり、吸引したりすることで耳垢を取り除きます。必要に応じて点耳薬を使い、耳垢をふやかしてから処置することもあります。

耳垢を取り除くときの痛みは、炎症の程度によっても変わってきますが、比較的生じにくいです。

3.自分で取り除くのは危険も伴う

耳垢栓塞

自分で取り除くのはおすすめしません。

自分でとろうとすることで、余計に耳の奥へ押し込んでしまったり、炎症部分を傷つけてしまったりすることがあります。耳鼻咽喉科を受診しましょう。

耳垢栓塞やほかの病気をふせぐ!耳そうじの注意点

耳垢栓塞

1.耳そうじのし過ぎはNG!

耳そうじは月に1回ほどで十分

適切な耳そうじの回数は、1か月に1回ほどです。

耳そうじのし過ぎで皮膚が傷つき、細菌が入る

耳のまわりや耳の中は、普段から清潔に保つことが大切です。しかし、きれいにし過ぎるのもよくありません。耳そうじをし過ぎると、皮膚を傷つけ、そこから細菌の入るきっかけを作ってしまいます。

外耳炎や中耳炎などを発症する原因に!

細菌が入ってウイルスに感染すると、膿がたまり、外耳炎や中耳炎、内耳炎などを発症する原因になります。それ以外にも、耳そうじのし過ぎは、出血や耳から液体が出る『耳垂れ』を起こしかねません。

耳垢がなくても、かゆみや違和感を覚えることはありますが、ほとんどの場合、少し我慢すればおさまります。

2.耳そうじをするときは周りにも気を配ろう

耳垢栓塞

耳そうじをするさいには、周りに人がいないかにも、気を配る必要があります。

特に子どもの場合は注意が必要です。耳そうじをしているときにぶつかられると、外耳道を傷つける原因になります。また、奥まで刺さってしまうと、鼓膜が破れてしまうこともあります。

3.オリーブオイルを使うと耳垢が取りやすい!?

耳そうじに、オリーブオイルを使うと耳垢が取りやすいと言われています。

皮膚の傷つきを防ぎながら耳そうじができる

綿棒にオリーブオイルを数滴垂らし、それで耳そうじをすると、綿棒が湿っているため耳垢がつきやすく、除去しやすくなります。オリーブオイルは自然のオイルで、肌や耳の中が傷つくことの予防にもなります。

体質によってかぶれることも…様子をみながらおこなう

しかし、体質によってオリーブオイルが体に合わず、かぶれてしまうこともあります。

食べる分には問題がなくとも、耳の中などのデリケートな部分には合わない、ということもあります。はじめは一滴ほどで様子をみながらおこないましょう。

まとめ

耳に違和感を覚えたら、早めに医師へ相談を!

耳垢栓塞は、決して重い病気ではありません。しかし、十分に注意する必要はあります。

耳がふさがって聞こえづらい、耳の中何かが詰まっている気がする、という場合は、きちんと耳鼻咽喉科で耳垢を取り除いてもらいましょう。

また、他の病気を同時に発症している可能性もあります。他にも何か気になる症状があれば、早めに医師へ相談しましょう。

 

⇒「耳」に関する他の記事を読む
耳垢の色や質、多さでわかることって何?耳の健康状態をチェックできる記事4選

この記事は役にたちましたか?

  • すごく
  • いいね
  • ふつう
  • あまり
  • ぜんぜん
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):