お尻が痛い!裂肛(切れ痔)とは?自分でできる対処法や治療について

裂肛
岡村長門先生

監修者

岡村クリニック

院長:岡村長門 先生

【職務経歴】
戸田中央総合病院
埼玉医科大学
公立昭和病院
岡村医院
岡村クリニック

『裂肛(切れ痔)』は、20~40代の若い女性に多くみられます。

排便時、便秘で便が硬くなっていると、肛門に痛みを感じトイレットペーパーに血が付いた、という経験はありませんか。この症状は、ほとんどが裂肛によって生じます。

この記事では、裂肛の治療法や、慢性化したときの症状、普段の生活で気をつけることについて解説します。

裂肛(切れ痔)について

1.裂肛(切れ痔)って?

裂肛

『裂肛』は、肛門に擦り傷や切り傷ができる病気です。『切れ痔』とも呼ばれています。

痛みや出血、違和感などの症状があらわれます。

軽い症状であれば、硬くなった便をやわらかくすることで、すぐによくなることもあります。一方、裂肛が慢性化して肛門が狭くなると、手術が必要にもなる病気です。

2.裂肛(切れ痔)の原因

裂肛

肛門が傷つき、きれてしまうことが原因

裂肛が生じる原因は、肛門が傷つき、切れてしまうことです。傷ついた箇所は弾力性が弱く、少しの刺激でも切れるようになり、裂肛が起こります。

「硬い便」や「下痢便の勢い」が肛門を傷つける

肛門を傷つける要因には、便秘による『硬い便』や『下痢便の勢いの強さ』などがあります。特に、日常的に便秘に悩む人にみられることが多いです。

下痢の場合は、下痢をくり返して皮膚の粘膜が弱くなり、下痢便が通るときに皮膚が傷つくことで裂肛が生じます。下痢により、傷が治りにくくなることもあります。

不規則な食生活や妊娠、飲酒なども原因に

裂肛

不規則な食生活やダイエット、妊娠、飲酒なども裂肛を引き起こす原因です。

そのほか、裂肛を引き起こす病気

そのほか、消化管に炎症や穴をあける『クローン病』や、全身に炎症が生じる『ベーチェット病』、大腸の粘膜に炎症を起こす『潰瘍性大腸炎』、血液のがんともいわれる『白血病』などが原因になることもあります。

3.裂肛(切れ痔)の症状

排便時や排便後の「痛み」

裂肛が生じると、排便時や排便後に『痛み』を感じるのが特徴です。

この痛みは、硬い便が無理やり肛門を引き延ばしたり、便によって刺激が加わったりすることで起こります。

痛みは数分から数時間つづく

肛門は、痛みを感じやすい箇所です。そのため、排便時に感じた痛みが、数分から数時間続くこともあります。

また、『肛門括約筋』が痙攣し、強い痛みが持続することもあります。

裂肛

排便が怖くなり、さらに便秘がひどくなることも…

こうした排便時の痛みから、排便することが怖くなってしまうと、排便習慣が乱れる原因にもなります。そうするとさらに便秘がひどくなり、排便時にまた傷がついて痛みをともなう、という悪循環に陥ることもあります。

ときたま出血がみられる

ときたま肛門からの出血もみられます。裂肛による血の色は、きれいな赤色です。

4.裂肛が慢性化すると…

裂肛

傷が盛り上がり、「肛門ポリープ」や「見張りイボ」ができる

裂肛を何度も繰り返すと、傷のまわりに肉が盛り上がってきます

そうして肛門の中で大きくなったものを『肛門ポリープ』といい、肛門の外へはみ出したものを『見張りイボ』といいます。

さらに、肛門がせまくなる「肛門狭窄」が生じることも

肛門ポリープや見張りイボのまわりの皮膚は硬く、伸びにくくなっていきます。それにより肛門自体が狭くなっていきます。加えて肛門括約筋が緊張し、開きにくくなることで『肛門狭窄(きょうさく)』が生じます。

肛門狭窄にまで症状が進行すると、便が出にくくなり、手術を必要とする場合もあります。

そのほか「肛門潰瘍」になることもある

そのほか、裂肛が慢性化することで、肛門内に深くえぐれた傷ができる『肛門潰瘍』を引き起こすこともあります。

裂肛(切れ痔)の治療について

1.裂肛でお尻が痛い…何科に行くべき?

裂肛がうたがわれる場合は、肛門外科や皮膚科を受診しましょう

2.裂肛(切れ痔)の検査

裂肛

まず、「視診」で肛門周辺の状態をみる

まず、肛門周辺の状態を医師がみる『視診』がおこなわれます。診察台で左横向きの姿勢(『シムス体位』)をとり、医師が目で見て状態を確認します。

つづいて、手袋をつけて肛門から手をいれる「指診」

視診をしたら、そのままゴム手袋をつけてゼリー状の潤滑油を塗り、肛門内に直接指を入れて、指診をおこないます。指診では、肛門内部や直腸の粘膜の状態を確認します。

そのほか、肛門鏡検査や大腸内視鏡検査など

視診や指診のほかに、次の検査がおこなわれることもあります。

・肛門鏡検査…『肛門鏡』を用いて肛門内部を調べる検査

・便潜血検査…便に血が混ざっていないか確認する検査

・大腸内視鏡検査…肛門からファイバースコープを入れ、大腸の粘膜を調べる検査

・大腸検査…大腸にバリウムを注入し、X線撮影をおこなう検査

3.裂肛(切れ痔)の治療法

裂肛の治療では、痛みを取るために、『消化鎮痛剤』や『坐薬』、『軟膏』が処方されます。坐薬や軟膏には、痛みの緩和だけでなく、止血や便の通りをよくする作用もあります。

便が硬い場合は、便をやわらかくする『緩下剤』によって、排便時の痛みを軽減します。

4.肛門狭窄の手術法。入院は必要?

裂肛

肛門狭窄が起こっている場合、先に解説したように、狭窄の程度によっては次のような手術が必要になることもあります。

用手(ようしゅ)肛門拡張術

『用手肛門拡張術』は、肛門に指を入れて肛門を拡張し、肛門括約筋の緊張をとる手術です。肛門を切ることなく、広げていきます。日帰りでの手術が可能です。

内括約筋側方皮下切開術

『内括約筋側方皮下切開術』は、肛門の皮膚にメスを入れ、内括約筋を浅くきって肛門を広げる手術です。肛門ポリープなどがある場合は、同時に切除します。内括約筋側方皮下切開術も、日帰りでおこなうことができます。

皮膚弁移動術

『皮膚弁移動術』は、肛門ポリープを取り除いたのちに、内括約筋を切開して肛門を広げる手術です。切開したら、肛門の奥の粘膜と、肛門の皮膚とを縫い合わせて固定します。さらに、固定した箇所に負担がかかることを避けるため、肛門のすぐ外側の皮膚を浅く切り、その皮膚を肛門内側へとずらすことで、狭窄を改善します。

皮膚弁移動術は今まで、1週間の入院が必要でしたが、今は日帰りでおこなう病院も増えてきています。

5.肛門ポリープや見張りイボの治療

肛門ポリープや見張りイボが気になる場合は、手術によって取り除くことも可能です。

裂肛が痛い…!自分でできる対処法

1.腸内環境をよくする食生活を

裂肛

裂肛が生じたら、腸内環境をよくする食生活を意識しましょう。食物繊維とともに、水分をしっかりとるように心がけてください

刺激物やアルコールは、摂りすぎないように気をつけてください。そのほか、塩分や脂分の多い食事も避けましょう。ただ、脂分を減らしすぎると、便秘の原因にもなります。適度な摂取を心がけましょう。

2.裂肛になったときのトイレやお風呂

トイレを我慢しない!排便はできれば3分以内に

便意を感じたら、我慢せずトイレに行きましょう

また、長時間の排便は肛門に負担がかかって、裂肛を悪化させることがあります。1回の排便時間を3分以内に抑えられると良いですね。また、便を完全に出し切ろうとして、強く力を入れることも、肛門がうっ血する原因になってしまいます。

シャワーだけで済ませない!湯船にきちんとつかる

裂肛

入浴をシャワーだけで済ませず、湯船につかることも大切です。湯船につかって体を温め、お尻の血行も良くしましょう。全身がリラックスすることで、お尻の緊張もほぐれます。

普段からストレスをためず、ゆっくり過ごせるように心がけてください。

まとめ

裂肛は、急性のものであれば病院を受診して、処方される薬で治っていきます。

しかし、慢性化すると、手術が必要になることもあります。もし思い当たるような症状があれば、早めに病院へ行きましょう。

また、普段の生活から食物繊維や水分をとって、適度な運動をすることが、裂肛の予防や改善へとつながります。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):

関連記事

お近くの肛門外科を検索!

ネット受付・予約もできる

病院検索サイト

ご自宅や職場の近くで肛門外科を探したいときは、検索サイト『EPARKクリニック・病院』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を確認することができます。

EPARK
  • 科目をしぼって簡単検索♪
  • 充実の医院情報満載!
  • 待ち時間を削減!Web受付にも対応!

肛門外科一覧へ!