女性アスリートに多い「無月経」なぜ起こる?理由とリスクを医師に聞いた

無月経
  • LINEで送る
石野博嗣先生

取材協力

医療法人社団 石野医院

副院長:石野博嗣 先生

日本医科大学
日本医科大学付属病院
日本医科大付属第二病院
国立横須賀病院
東部地域病院
石野医院

目次

目次を開く

部活などでスポーツに打ち込む女の子のお母さんは、お子さんのスポーツへの熱中ぶりに注意を払う必要があるかもしれません。

激しいスポーツやそれに伴う過度な減量が、無月経の原因となり、女性アスリートの身体に負担をかけているようです。特に成長期の10代の女子選手にとって、その問題は深刻です。

2018年12月22日に日本産婦人科学会や日本スポーツ協会などが主催するシンポジウム「思春期の運動性無月経を考える~正しい知識で未来を創る~」が都内で開催されました。

今回は思春期の女子選手の無月経について「医療法人社団 石野医院」の石野博嗣先生に、その理由や受診のタイミング、婦人科での診察についてお話を伺いました。

激しいスポーツや減量で無月経になる理由

激しいスポーツや過度な減量が無月経につながる理由について、石野先生はこう説明しています。

「激しいスポーツや過度な減量により体重や体脂肪の減少やエネルギー不足が続くと、脳からの女性ホルモンの分泌が低下し、排卵がなくなり無月経になります」

では、思春期の女子選手がどのくらいの期間、無月経の状態が続くと危険なのでしょうか? その場合の受診のタイミングもお聞きしました。

「無月経は3ヶ月以上放置しないことが大切です。妊娠以外で定期的に来ていた生理が遅れている場合は、早めに受診しましょう」

受診の際には、婦人科や産婦人科を受診すると良いそうです。

思春期に無月経が続くことのリスク

思春期に無月経が続くことで、骨密度の低下や摂食障害、疲労骨折を起こしやすくなるそうですが、その他にはどのようなリスクがあるのでしょうか?

「無月経期間があったことで、将来不妊に悩まされることがあります。思春期の激しいスポーツや、体重が軽いことが有利になるスポーツのための無理なダイエットは、行き過ぎると女性にとって、長期間にわたる大きなダメージになることがあるので注意が必要です」(石野先生)

初潮前からスポーツをやっていて生理が来ない場合

では、初潮前からスポーツをやっていて生理が来ない場合、何歳くらいを目安に受診をすると良いのでしょうか?

「日本では、初潮の平均年齢は12歳です。14歳で98%の人で月経が始まります。原発性の無月経やその他の疾病などの可能性もあるので、15歳までに初潮が来ない場合は受診をおすすめします」(石野先生)
18歳を過ぎても初潮が来ないこと

女の子が10歳前後になったあたりから、親御さんは初潮を迎える準備が必要ですね。もしなかなか初潮が来ない場合には、15歳を目安に受診をした方が良さそうです。

思春期の婦人科受診について

思春期の子どもを婦人科へ連れて行くのは、親として心配な面もあります。診察はどのように行われるのでしょうか? また、内診が必要なのかについて石野先生はこう答えてくれました。

「問診、内診、超音波検査などが必要となります。しかし、思春期で内診が難しい場合は、腹部の超音波検査だけで診察をすることがあります。

どうしても必要な場合は、よくご説明した上で外陰部の内診をすることがあります。女性の将来へ影響することですので、医師とよく話し合って診察を受けましょう」

本来なら、スポーツは心身にとって良い影響をおよぼすものです。

ところが、激しいスポーツやそれに伴う過度な減量は女子選手の身体に負担が大きく、生理が止まってしまいます。

特に思春期の女子選手が無月経になってしまうことは、将来不妊症になるリスクもあるので、親御さんはお子さんの生理の状況に注意しましょう。

選手自身はもちろんのこと、彼女たちをサポートする指導者や親御さんも、ストイックになり過ぎないことが大切なのではないでしょうか?

 

取材協力:医療法人社団 石野医院 石野博嗣先生

この記事は役に立った!

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):