円形脱毛症になってしまったら…病院での治療法と自分でできる対処法!

円形脱毛症 治療 病院
  • LINEで送る

監修者

成城スキンケアクリニック

院長:藤本篤嗣 先生

日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医
慶應義塾大学医学部出身
2010年 成城スキンケアクリニックを開院

円形脱毛症は、性別や年齢問わずあらゆる人がかかる可能性があります。

大量に毛が抜け落ちたり、他の人から脱毛を指摘されたりして気づくことが多い病気です。

この記事では、円形脱毛症になったら病院でどのような治療をうけるのかや、おすすめの食事など、自分でできる対処法について解説しています。

円形脱毛症とは

1.円形脱毛症の症状

円形脱毛症の症状は、髪の毛が突然円形に抜けてしまうことです。

円形はひとつ又は数個に及ぶこともあり、『まるはげ』とも呼ばれる病気です。脱毛に関する病気の中でも、最もよくみられます。

2.円形脱毛症の種類

円形脱毛症 治療 病院

円形脱毛症にはさまざまな種類があり、髪の毛だけでなく、眉毛やまつ毛、陰毛などに症状が及ぶものもあります。

単発型円形脱毛症

脱毛によって円形がひとつ生じます。

多発型円形脱毛症

脱毛による円形が複数個生じます。

蛇行性(だこうせい)脱毛症

髪の生えぎわに沿って、帯状に脱毛がすすみます。

全頭(ぜんとう)脱毛症

脱毛の範囲が頭部全体に広がって、頭の毛がほとんど全部抜け落ちます。

汎発性(はんぱつせい)脱毛症

眉毛やまつ毛、わき毛、陰毛など、全身のすべての毛が抜けます。

3.円形脱毛症の原因

円形脱毛症 治療 病院

免疫があやまって自分を攻撃すること

円形脱毛症の原因は、免疫が間違って自分の体を攻撃すること(『自己免疫疾患』)だと言われています。

通常、外部からの異物を排除するしくみである『免疫』が、間違って自分の細胞やたんぱく質を異物とみなし、それに反応する『抗体』や『リンパ球』を作ってしまいます。

そうして、免疫が髪の毛を攻撃することで、脱毛が起こります。

ホルモン異常やアレルギー、ストレスに注意!

自己免疫疾患を発症する要因としては、『ホルモンの異常』『アレルギー』『ストレス』などがあります。

円形脱毛症の治療法

1.円形脱毛症は自然に治る?

円形脱毛症 治療 病院

単発性・多発性円形脱毛症であれば自然に治ることも!

単発性・多発性円形脱毛症の場合は、脱毛の範囲が狭く、脱毛部の数も少なければ、自然に治ることも多いです。

円形脱毛症は、毛が抜け落ちても、毛根を保護する『毛包(もうほう)』という器官は残っています。そのため、炎症が落ち着くことで、再度発毛します。

それ以外の場合、自然治癒は困難

それ以外の場合は治療が長期にわたることが多く、自然治癒は難しいです。

2.改善しない場合は皮膚科で治療をうける

脱毛が長期間治らない、範囲が広がっているなどの場合は、皮膚科を受診しましょう。

円形脱毛症の治療には、健康保険が適用されます。

3.病院でうける治療

円形脱毛症 治療 病院

ステロイドを用いた治療法

『副腎皮質ホルモン剤(ステロイド)』など、炎症を抑えるはたらきをする薬を、患部付近に、1日1~2回塗ります。年齢が15歳以上で、脱毛範囲があまり広くなければ、患部にステロイドの注射をすることもあります。

症状が広範囲の場合の治療法

症状が広範囲の場合は、『ODT療法』という治療法を用いることもあります。

ODT療法は、主に寝る前に外用薬を塗って、その後ラップやシャワーキャップで密閉する治療法です。薬の吸収をよくするために行います。

汎発型脱毛症の場合の治療法

汎発型脱毛症の場合は、脱毛範囲が広いため、副腎皮質ホルモン剤の『免疫抑制剤』を全身投与することもあります。免疫抑制剤は、免疫を正常にし、毛根の成長を妨げないようはたらきかける薬です。内服薬で投与をおこないます。

この治療法には、副作用や治療を中止すると再発する、という問題点があり、医師による慎重な判断が必要です。

そのほかの治療法

そのほかにも、次の治療法が用いられることがあります。

・『PUVA療法』
『オクソラレン』という、光感受性を増す効果のある薬を塗ったあとに紫外線を照射し、リンパ球の活動を抑制する治療法。

・『局所免疫療法』
『SADBE』などの化学物質を塗って、局所的に皮膚炎(かぶれ)を起こすことで、頭皮の免疫系を変化させる治療法。

・『凍結療法』
ドライアイスなどの液体窒素を使い、患部を軽く凍結する治療法。凍結することで刺激し、発毛を促します。液体窒素の使用にはスプレーなどを用いる。

治りにくい症状の場合は、かつらやウィッグを使いながら、じっくり治療を行うこともあります。

自分で出来る、円形脱毛症対策!

円形脱毛症 治療 病院

1.ダイエットやストレスなど、生活習慣の改善

ダイエットやストレスなどは、抜け毛の要因になります。円形脱毛症にかかったら、いま一度生活習慣を見直してみましょう。

2.頭皮へのダメージ軽減!血行をよくするために

円形脱毛症 治療 病院

また、毛根の血行が悪い、シャンプーが合わないなど、頭皮へのダメージも良くありません。

毛根の血行を促進するために、体を冷やさないことを心がけ、指の腹で優しく頭皮をマッサージしましょう。

3.髪にやさしい!おすすめの食べ物

円形脱毛症 治療 病院

抜け毛にはビタミンAがおすすめ

髪が抜けやすいと感じたら、ビタミンAを多く含む、『かぼちゃ』や『にんじん』、『すいか』、『みかん』、『レバー』などを積極的にとりましょう。

ストレスにはビタミンB、C、E

円形脱毛症の場合は、加えてストレスに作用するビタミンB群やビタミンC、ビタミンEをとるようにも心がけてください。

特に、パントテン酸を含む『レバー』や『肉類』、『うなぎ』、『さけ』、『納豆』、『アボカド』などを多めに摂取しましょう。パントテン酸は、副腎皮質ホルモンを合成するとともに、ストレスを緩和する働きもあります。

まとめ

円形脱毛症の治療には、生活習慣や食生活の改善が大切です。

それとともに、長期間症状が改善しない、脱毛部が広がるなどの場合には、早めに皮膚科を受診し、適切な治療を受けましょう。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
コメント(オプション):

関連記事

  • LINEで送る

お近くの皮膚科を検索!

ネット受付・予約もできる

病院検索サイト

ご自宅や職場の近くで皮膚科を探したいときは、検索サイト『EPARKクリニック・病院』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を確認することができます。

EPARK
  • 科目をしぼって簡単検索♪
  • 充実の医院情報満載!
  • 待ち時間を削減!Web受付にも対応!

皮膚科一覧へ!