潰瘍性大腸炎とクローン病!症状の違い・治療法を医師が解説

潰瘍性大腸炎・クローン病
  • LINEで送る

監修:簡野晃次医師

20代に多い潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎とは?

大腸の粘膜に炎症が起こり、びらん(ただれ)や潰瘍ができる病気。

主な症状は、腹痛や粘血便(粘液や血液が混じった軟便)、下痢で、発熱、食欲不振、体重減少、抑うつ症状などがあらわれることもあります。

寛解(一時的あるいは永続的に症状が軽快し、ほぼ治ったようにみえる状態)しても、そのうち再発または再燃する、という状態を繰り返す慢性疾患です。

かつては大変珍しい病気でしたが、患者数は年々増加しており、日本では8万人弱います。厚生労働省が特定疾患に指定する難病で、幅広い年齢層の患者がいますが、発病のピークは20代で、30歳以下の患者が多いのが特徴です。

原因は?

原因は不明で、細菌感染やアレルギー、食生活の変化なども病因としてあげられていますが、最近、自己免疫機能の異常が原因ではないかという説が有力です。

人間には外部から侵入するウイルスや細菌などの異物を排除する免疫機能が備わっていますが、この免疫機能の異常によって自分の体を攻撃してしまうことがあるのです。自己免疫機能の異常が原因で起きる病気を、自己免疫疾患といいます。

ほかに、心理的、社会的なストレスも発病の原因となったり、症状を悪化させたりすると考えられています。

治療法は?

治療の基本は薬物療法で、大腸の粘膜の炎症を抑え、症状を軽減するために、ステロイドホルモン剤、免疫抑制剤、整腸剤などを使用します。抑うつ症状などがある場合は、抗うつ剤なども服用します。

また、薬物療法が効かない場合や重症の場合は手術という選択肢もあります。

セルフケアのポイント

症状が治まってきても、暴飲暴食や不規則な生活をしないこと、過労やストレスを溜めないようにすることが大切です。

また、大腸がんを発病するリスクが高くなるともいわれているので、定期健診を欠かさないようにしましょう。

炎症性の腸の病気、クローン病

クローン病とは?

クローン病で体重減少

クローン病は炎症性腸疾患のひとつであり、消化管に炎症や潰瘍ができる病気で、特に小腸の末端部に病変が見られることが多いようです。それによって、腹痛や血便、下痢、発熱、全身の倦怠感、体重の減少などの症状があらわれます。

10代~20代の若い世代に多く、患者の男女比は男性が女性の倍です。原因不明で治りにくく、寛解と再発を繰り返す難病であることから、厚生労働省の特定疾患に指定されています。

原因は?

細菌や麻疹ウイルスによる感染、腸管の毛細血管の血流障害などさまざまな説がありますが、遺伝的な体質にウイルス、細菌、食物の中の成分など外的な要因が加わって自己免疫機能の異常が起きるという説が有力です。

治療法

免疫抑制剤やステロイドホルモン剤などを使った薬物療法、経腸栄養療法(消化しやすい栄養剤などを摂取すること)または中心静脈栄養療法を行う栄養療法がまず基本です。

著しい狭窄(腸が狭くなること)や穿孔(腸に穴が空くこと)や膿瘍などが生じた場合は、病変部の腸管を切除するなどの手術を行います。

コラム~特定疾患ってなに?~

クローン病も潰瘍性大腸炎も、厚生労働省が特定疾患に指定する難病です。
特定疾患とは、原因が不明で、根本的な治療法がないなど治療が困難で治りにくく、慢性化したり、後遺症が残ったりして社会生活を営むのが困難または不可能な病気のことです。

また、高額な医療費や介護などで家族の負担も大きく、症例が少ないために全国的規模の研究が必要な疾患、と定義されています。厚生労働省が指定する特定疾患は、潰瘍性大腸炎やクローン病のほか、再生不良性貧血など121あります。

そのうちの45疾患は、医療費に公費負担の助成があります。

関連記事

  • LINEで送る