なるべく早く病院へ!突発性難聴でめまいが起こる原因と対処法

突発性難聴 めまい
  • LINEで送る
白畑 敦 先生

監修

横浜旭中央綜合病院

白畑 敦 先生 

平成14年5月  昭和大学藤が丘病院 消化器外科臨床研修医
平成16年5月  昭和大学藤が丘病院 消化器外科助教(院外)
平成18年6月  幕内会 山王台病院 外科
平成19年6月  昭和大学藤が丘病院 消化器外科助教
平成20年6月  関東労災病院 外科
平成21年6月  昭和大学藤が丘病院 消化器外科 助教
平成24年10月   横浜旭中央総合病院 外科、昭和大学藤が丘病院 兼任講師

突然起こるめまいは、『突発性難聴』の恐れがあります。

いろいろな場面で起こり得る『めまい』ですが、「大したことない」と放っておくと、聴力を失うことさえあります。

こちらの記事では、突発性難聴がどんな病気か、なぜめまいが生じるのかについて解説します。

突発性難聴とは

1.どんな病気?

『突発性難聴』は、突然耳が聞こえなくなる、または聞こえにくくなる病気です。

ストレスやウイルス感染など…突発性難聴にかかる要因

突発性難聴 めまい

突発性難聴の原因は未だ解明されていません。しかし、要因としては『過度なストレス』や『服用している薬』、『ウイルス感染』、『血行不良によって栄養が届かない』こと、などが考えられます。

また、そのほか『頭部の外傷』や飛行機に乗ったときなどに起こる、耳の奥の部位『内耳の気圧変化』によっても起こるリスクがあります。これらの要因で、音を脳に伝える神経に障害が起き、聞こえが悪くなります。

40~60代に多いが、子供もかかる

特に40~60代に多くみられますが、稀に子供がかかることもあります。

2.突発性難聴の症状

突発性難聴 めまい

難聴や耳鳴り、耳がつまったような感じなど

突発性難聴は、通常片方の耳に起こりますが、稀に両耳に発症することもあります。

『難聴』の症状は、発症から数分~3時間以内の短期間で進行していきます。難聴の症状が出る前の前兆として、『耳鳴り』が起こることも多く、これによって耳の異変に気づく人も多くいます。

そのほか、『耳が詰まったような感じ』や『吐き気』、『嘔吐』などを感じる人もいます。

めまいの程度は人によってさまざま

突発性難聴 めまい

『めまい』の症状を感じることもありますが、その程度は人によってさまざまです。

ふわふわと雲の上を歩いているような感じがしたり、ぐるぐると景色が回っているように感じたりします

めまいは数分でおさまることもあれば、数日にわたって続くこともあります。突発性難聴にかかった3割の人がめまいを感じます。

症状は一過性で、繰り返すことはない

突発性難聴による症状は一過性です。改善と悪化を繰り返したり、再発したりすることは通常ありません。

ただし、その後の聴力の回復が難しいケースもあります。

3.なぜ突発性難聴でめまいが起こるの?

突発性難聴は、耳の最も奥にある『内耳』に何らかの障害が起こることで発症します。

その内耳には、平衡感覚をつかさどる『三半規管』という部位があります。

突発性難聴によって、三半規管が、正常に働かなくなり、平衡感覚に支障をきたすことで、めまいが生じます

めまいを伴う突発性難聴の対処法

1.なるべく早く耳鼻咽喉科を受診!

突発性難聴 めまい

突発性難聴にかかったら、『耳鼻咽喉科』を受診しましょう。

突発性難聴は、治療を早く始めることが非常に大切です。放っておくと聴力を失うこともあります。症状に気が付いたら、すぐに医療機関を受診しましょう。

2.検査方法

まずは、難聴やめまいの原因を調べます。問診とともに、外耳道や鼓膜に異常がないかを診ます。

また、血液検査によって、ウイルスなどに感染していないかを調べます。

聴力検査もおこない、その結果によって、CT検査やMRI検査、平衡感覚検査などの精密検査を実施します。

3.治療法と完治の可能性

突発性難聴は、先に解説したように原因が解明されていないため、確実な治療法はありません。

安静にし、ストレスや疲労の解消につとめる

安静にすることが大切です。突発性難聴の要因といわれる、ストレスや疲労、睡眠不足などの解消につとめます。

ステロイド剤や血管拡張剤を用いた治療

突発性難聴 めまい

それに加えて、炎症を抑える『ステロイド剤』や、末梢神経を正常に働かせる『ビタミンB12製剤』、血流障害を改善する『血管拡張剤』など、症状をみながら、薬を用いて治療します。

症状によっては、入院して安静を保ちながら治療することもあります。

適切な治療を受ければ1/3が完治する

突発性難聴は、治療を早く始めるほど、回復が期待できます。遅くとも症状があらわれてから2週間以内には、治療を開始する必要があります。

適切な治療を受ければ、1/3の人が完治します。そのほかの人には、聞こえづらさや耳鳴りなど、何らかの後遺症が残ります。

まとめ

めまいの症状があったら、できるだけ早く病院へ

突発性難聴は、誰にでも起こりうる病気です。

めまいが起きたからといって、必ずしも突発性難聴ではありません。

しかし、症状があったらできるだけ早く病院へ行くことが大切です。たった1回のめまいでも、病気が潜むサインかもしれません。

そのほかの病気の可能性も!

突発性難聴であれば、治療を始めるのは早ければ早いほど良いです。

また、『メニエール病』や『聴神経腫瘍』など、他にもめまいを起こす病気があります。めまいの原因をつき止めるためにも、異常を感じたら医療機関を受診しましょう。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
コメント(オプション):

関連記事

  • LINEで送る

お近くの耳鼻いんこう科を検索!

ネット受付・予約もできる

病院検索サイト

ご自宅や職場の近くで耳鼻いんこう科を探したいときは、検索サイト『EPARKクリニック・病院』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を確認することができます。

EPARK
  • 科目をしぼって簡単検索♪
  • 充実の医院情報満載!
  • 待ち時間を削減!Web受付にも対応!

耳鼻いんこう科一覧へ!