若い女性の間で増加中!性感染症の対策・予防法を医師が解説

性感染症
  • LINEで送る

監修:簡野晃次医師

増え続ける性感染症(STD)

10~20代の若い女性を中心に増加し続けている性感染症(STD)。症状が出ない場合が多いだけに気がつかないうちに進行し、セックスを通じて感染者を次々に増やしてしまったり、不妊症や子宮がんの原因になったりします。まず予防、そして、気になる症状があればすぐ病院へ行くことが大切です。

性感染症(STD)ってなに?

女性10万人あたりのSTD罹患数

昔は「性病」と呼ばれていた「性感染症」(STD=sexually transmitted diseases)。かつては、風俗で遊んでいる男性などが性病にかかる場合が多く、患者数はそれほど多くはありませんでした。しかし、セックスに関する社会の意識が大きく変化するにつれ、性感染症が蔓延するようになってきました。

というのは、かつて多かった梅毒など症状が顕著な病気が、抗生物質の投与によって減ってきて、性感染症を恐れる意識が薄れ、セックスに対して無防備になってきたからです。最近、抗生物質が効かず、自覚症状のないタイプの性感染症が出現してきたため、気がつかないうちに病気が進行したり、セックスのパートナーを感染させたりするようになってきました。

その結果、10~20代の若い世代を中心に年々増加しているのです。

“病院に行くのは、ちょっと…”という人は

「性感染症」は病院に行きにくいもの。でも疑いを持ったままでは不安だし、知らないうちに大事な人を感染させているかもしれません。そんな人はまず自宅でできる検査キットでチェックしてみては?宅急便で送って、結果をメールで知らせてくれるサービスもあります。

性感染症(STD)の種類と身の守り方

性感染症の種類

具体的にどのような病気を性感染症と呼ぶかというと、性器クラミジア、性器ヘルペス、尖圭(せんけい)コンジローム、淋菌感染症、毛じらみ・疥癬(かいせん)、HIV感染症(エイズ)などで、B型肝炎やC型肝炎も含まれます。

性器クラミジア

性感染症のなかでも特に多いのが、性器クラミジア感染症で、日本での患者数は100万人近いといわれています。女性の場合、この病気にかかっても症状が出ないか、出ても大変症状が軽く、少量のおりものや不正出血、下腹部痛がある程度です。

しかし、感染に気がつかないまま放置しておくと、パートナーに感染したり、卵管や骨盤内に感染して不妊症や子宮外妊娠、流産や早産の原因となることがあります。たとえ、無事に出産できても、産褥熱が出たり、母子感染を起こして生まれてきた赤ちゃんが眼瞼結膜炎や中耳炎になったり、重い新生児肺炎になったりすることもあるのです。

一方、男性が性器クラミジア感染症になると、ほとんど症状が出ないか、尿道に軽い炎症が起きて排尿時に痛んだり、分泌物が出たりする程度です。けれどもやはり、症状が軽いからといって放っておくと、副睾丸炎や、慢性の前立腺炎などになってしまいます。

性器ヘルペス

性器クラミジアの次に多い性器ヘルペスは、性器に水ぶくれや潰瘍ができる病気で、急性型の場合、高熱と激しい痛みが伴います。

尖圭(せんけい)コンジローム

ヒトパピローマウイルスによる感染が原因で、性器や肛門周辺にポツポツした白かピンクの小さなイボができます。かゆみなどの症状はありませんが、悪性になると女性の場合、子宮頸(けい)がん、男性の場合は陰茎がんの原因になるといわれています。

淋菌感染症

女性がこの病気にかかると、膿のようなおりものが出ますが、人によっては、ほとんど症状が現われないこともあります。しかし、放置しておくと不妊症の原因になります。男性の場合は、尿道から濃い膿が出て排尿時に激しい痛みが出ます。

また、オーラルセックスが一般的になってきたため、咽頭に感染するケースが増えてきています。

毛じらみ・疥癬(かいせん)

毛じらみは吸血虫の一種で、陰毛など体毛にくっついて血を吸ったり、卵を産みつけたりします。激しいかゆみが出るのが特徴です。疥癬は、ヒゼンダニというダニが原因で、性器だけでなく、全身に激しいかゆみが出ます。

HIV感染症(エイズ)

HIV(ヒト免疫不全ウイルス)による感染が原因で、感染してから発病するまで潜伏期間が約10年間もあります。発病すると、カポジ肉腫という腫瘍や、カリニ肺炎などを併発して、次第に全身が衰弱していきます。以前はエイズで亡くなる人が多かったのですが、エイズ治療薬の開発によって、死亡する人は減ってきました。

欧米では、エイズの感染者数が減少してきているのに、日本では予防意識の遅れなどから年々増加し続けています。

性感染症から身を守るには?

セックスの際は必ずコンドームをつける

性感染症は自覚症状がほとんどないものが多く、病気の発見や治療開始が遅れがちです。それだけに、予防が何よりも大切です。そのため、セックスするときはきちんとコンドームをつけましょう。挿入する前から少しずつ精液が漏れている場合がよくあるので、セックスの最初の段階からコンドームをつけることが大事です。

オーラルセックスから感染することも多いので、その場合もコンドームをつけましょう。殺精子剤や、ペッサリー、ピルやIUDは避妊効果はあっても、性感染症を予防することはできません。

恥ずかしがらずに検査を

おりものが出たり、性器にかゆみがあったりしても、恥ずかしくてなかなか病院へ行かない人が多いようです。けれども、もし性感染症だったとき、放置しておくと、セックスのパートナーを感染させてしまったり、不妊症や子宮がんになったり、母子感染して胎児に悪影響を与えたりするリスクがあります。

性感染症の検査は簡単にできて、痛みもほとんどありません。また、通常、検査や治療に健康保険が適用されますし、患者のプライバシーへの配慮もされています。ですから、おかしいと思ったら早めに病院へいくことが重要です。

症状がなくても、性生活がある場合は、最低1年に1回は検査しましょう。

パートナーと一緒に治療

検査の結果、万が一性感染症だとわかったら、塗り薬や飲み薬などの薬物療法などを行います。自分だけ治療しても、パートナーも感染している場合は治らないので、感染がわかったら、すぐにパートナーも検査・治療する必要があります。

また、性感染症は再発しやすいので、途中で薬を飲むのをやめたりしないで、完治するまで根気よく治療を続けることが大切です。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
コメント(オプション):

関連記事

  • LINEで送る