ピークは30~50代!リウマチの症状・原因、治療法を医師が解説

リウマチ
  • LINEで送る

監修:簡野晃次医師

発症のピークは”30~50代”

リウマチとは?

リウマチの説明

リウマチとは、関節やその周辺の筋肉などに炎症や痛みなどが起こる病気のことで、慢性関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、シェーグレン症候群、変形性関節症などを総称してリウマチ性疾患といいます。

一般的に「リウマチ」というときは、リウマチ性疾患の中でも特に多い慢性関節リウマチを指しています。

女性に多い慢性関節リウマチ

慢性関節リウマチとは、全身の関節、特に手足の関節が炎症を起こして腫れや痛みが生じ、関節を動かし始める時、特に朝起きた時の手足のこわばり、全身の倦怠感や発熱、しびれ、などの症状が出る病気です。進行すると、関節の骨や軟骨が破壊されて関節が変形したり、機能障害を起こしたりします。

慢性関節リウマチというと、高齢者の病気と思われがちですが、実は発病のピークは30~50代で、男性より女性の患者がずっと多いのが特徴です。

慢性関節リウマチの原因

慢性関節リウマチは、自己免疫疾患のひとつです。人間には体内に侵入し細菌やウイルスを撃退して、ケガや病気から身を守る免疫システムというものが備わっています。自己免疫疾患とは、この免疫システムに異常が生じて、免疫細胞が自分の体を攻撃してしまい、炎症や細胞・組織の破壊などが起きる病気のことです。

なぜ免疫異常が起きるかははっきりわかっていません。現在のところ、細菌やウイルスへの感染がきっかけであるとか、慢性関節リウマチになりやすい遺伝的な体質に過労やストレス、妊娠・出産などの条件が重なると発病しやすい、などといわれています。

慢性関節リウマチのタイプ

慢性関節リウマチは、「単周期型」「多周期型」「進行増悪型」の3つのタイプがあります。単周期型は、1~2年で症状がほとんどなくなってしまうタイプで患者全体の約10~20%います。多周期型は一進一退の病状を繰り返しながら何年もかけて徐々に悪化していくタイプで全体の約70~80%。

また、進行増悪型は、病気の進行が非常に早く、発病後数年で歩けなくなったり、寝たきりになってしまうタイプで、全体の約10%はこのタイプです。

リウマチを改善するには?

リウマチの治療法

慢性関節リウマチの治療法としては、大きく分けて基礎療法、薬物療法、リハビリテーション、手術療法の4つがあります。

1.基礎療法

基礎療法とは、日常生活において関節に負担をかけないようにすることや、健康を維持して病状を悪化させないように体調を管理することです。

たとえば、手首や指の関節を酷使しないように調理器具やカップなどの持ち方や使い方を工夫したり、荷物は手で持たないで肩にかけたりしましょう。また、日常の動作をやりやすくするための自助具もあるので、必要に応じて利用するといいでしょう。

また、過労や睡眠不足、ストレスを避け、栄養バランスのよい食事をしましょう。肥りすぎは関節に負担をかけるので適性体重を保つことも重要です。寒さや冷えも症状を悪化させる原因になるので気をつけましょう。

基礎療法

2.薬物療法

薬物療法は、関節の腫れや痛みを抑えるための非ステロイド性消炎鎮痛薬、免疫の働きを調整して病気の進行を抑えるための抗リウマチ薬、炎症を抑えて痛みをやわらげたり、免疫を抑制したりするための副腎皮質ステロイド薬などを症状や進行度に応じて使用します。

ステロイド薬は効果が高い反面、副作用も多いので、症状が重いときなどに短期的に使います。

薬物療法

3.リハビリテーション

リハビリテーションには、物理療法や運動療法、作業療法、装具療法などがあります。物理療法は、温水や温熱などを利用して関節の痛みをやわらげたり、関節の動きをなめらかしたりすることが目的です。

運動療法は、関節の機能を維持、関節の周囲の筋力の維持・強化、傷んだ関節の修復など目的で、水中歩行、起立や歩行訓練、リウマチ体操などを行います。

また、作業療法は社会復帰のための準備が目的で、絵画やパソコンなどを行います。装具療法は、関節を保護し、関節の変形を予防、日常の動作を助けるために装具を使用するというものです。

リハビリテーション

4.手術療法

薬物療法やリハビリテーションでは病気の進行を止められず、日常生活に支障をきたす場合などに手術が行われます。

手術には、炎症を起している関節の滑膜という薄い膜を取り除き、痛みや進行を抑えるための滑膜切除術や、ひざや股などの壊れた関節を切除して代わりに人工関節を入れる人工関節置換術、変形して安定が悪くなった関節を固定する関節固定術などがあります。

手術療法

コラム 慢性関節リウマチと間違えやすい「変形性膝関節症」

リウマチと間違えられやすい病気に変形性膝関節症があります。慢性関節リウマチと同じように関節の痛みがみられますが、原因や経過は異なります。

変形性膝関節症は40歳以上で発病することが多く、加齢とともに関節軟骨が磨り減ったり、変形したりして痛みや関節の変形が起こる病気です。消炎鎮痛剤などの薬物療法や、膝のサポーター使用、温熱療法などで治療することで症状が軽快し、歩行困難になるほど重症になることは滅多にありません。

関連記事

  • LINEで送る