レイノー症候群とは?冷え症にも似た症状!治療法や原因について

レイノー症候群
  • LINEで送る
岡村 信良

監修

医療法人 小田原博信会 久野銀座クリニック

医療法人 小田原博信会 小田原銀座クリニック

理事長: 岡村 信良 先生

【職務経歴】
平塚共済病院
小田原銀座クリニック
久野銀座クリニック

冬の寒い時期や、エアコンの効いた室内にいるとき、「手足が冷たい」「しびれる」などの症状を感じたことはありませんか?「冷え症だから…」と思っていると、思いもよらない病気にかかっているかもしれません。

こちらの記事では、冷え症に似た症状があらわれる病気、『レイノー症候群』の、治療法や原因について解説します。

レイノ―症候群とは

1.冷え症に似た「レイノー現象」を起こす病気

レイノー症候群

レイノー症候群とは、「冷え症」にも似た症状を引き起こす病気です。

何らかの原因によって『レイノー現象』を起こす病気を総称して、『レイノー症候群』といいます。

レイノー現象とは、冷たいものに触れたときや、寒さ、精神的ショックなどによって、手足の指先が、蒼白から紫色に変化し、冷たくなる症状のことです。症状は、左右非対称におこります。

年齢や性別などに関係なく、あらゆる人にかかる可能性のある病気です。

2.若い女性に多い!レイノー病

レイノー症候群の多くは、他の病気によって引き起こされます。一方で原因となる病気がなく、末梢血管の循環不全によるものは、『レイノー病』と呼ばれます。

レイノー病の場合は、左右対称に症状があらわれます。また、若い女性に多いのも特徴です。

レイノ―症候群の原因や症状

1.レイノー症候群の原因になる病気

先にも述べたように、レイノー症候群のほとんどは、他の病気がきっかけで起こります。例えば、次の病気があげられます。

・膠原病…全身性エリテマト―テス(SLE)や強皮症など

・閉塞性動脈疾患…閉塞性動脈硬化症やビュルガー病など

・神経を圧迫する病気…胸郭出口症候群など

・ピアニスト・タイピスト・林業従業者などにみられる、振動からくる病気

2.レイノー症候群の症状

レイノー症候群

冷水にふれたときや、寒さ、精神的ショックなどの刺激を受けると、手足末端の血液循環障害が起き、次のような症状が起こります。

軽症であれば痛みやしびれ、倦怠感など

軽症の場合、四肢に血がまわらなくなることによる『痛み』や『しびれ』、『冷感』、『倦怠感』などが起こります。数分経つと元の状態に戻ります。

重症化すると皮膚の硬化や壊死を起こすことも…

症状が重くなると、手足や足首から軽症のときと同じ症状が出ることもあります。また、次第に元の状態に戻りにくくなっていきます。

こうした症状を長期にわたって繰り返すと、皮膚が硬くなる『皮膚硬化』や、皮膚粘膜が炎症を起こして、傷が深くえぐれる『皮膚潰瘍(かいよう)』になるケースもあります。

さらに、動脈の閉塞が起き、長時間続くと、指先が壊死して黒く変色します。こうなると、指を切断せざるを得なくなることもあります。

レイノー症候群にかかったら…検査や治療法について

1.はじめは内科の受診がおすすめ

レイノー症候群

レイノー症候群が疑われる場合、まずはじめは内科の受診がおすすめです。

原因となる病気が、膠原病などの専門的な治療を必要とするものであれば、紹介状を書いてもらうことも可能です。

2.検査方法

レイノー症候群の検査では、まず原因となる病気が何なのかを調べます。複数の検査を実施しながら、原因を突き止めていきます。

寒冷刺激

冷却刺激を与え、蒼白発作を引き起こすことで、レイノー症候群かどうか調べます。

サーモグラフィ

体温の変化を調べます。

毛細管顕微鏡検査

毛細血管のゆがみ等を調べます。

血液検査

膠原病や閉塞性動脈疾患など、レイノー症候群を引き起こす他の病気の有無を調べます。

整形外科的なテスト

レイノー症候群を引き起こす病気、胸郭出口症候群にかかっているかを調べます。

3.治療方法

まずは、レイノー症候群を引き起こしている病気の治療を行います。

つぎに、レイノー症候群そのものの治療として『薬物療法』や、『交感神経ブロック療法』、『リラクゼーション法』などを実施します。

薬物療法

レイノー症候群

基本的には薬を使って治療します。

『血管拡張薬』や『鎮痛剤』、『抗生物質』などを用いて症状の緩和につとめます。

交感神経ブロック療法

痛みの原因となる、神経線維の『末しょう神経や』『交感神経節』に対して、局所麻酔薬を浸透させる治療法です。痛みの緩和が期待されます。

リラクゼーション法

レイノー症候群

日常生活における寒冷の回避や、禁煙、ストレス解消につとめる治療法です。カウンセリングも行います。普段の生活を見直すことで、心身の恒常性を取り戻し、リラクゼーションをはかります。

レイノー症候群の治療には、早期発見・早期治療が大切です。早めに病院へ行き、原因となる病気をつきとめることで、他の病気の治療も早くすすめることができます。

4.普段の生活で気をつけること

レイノー症候群

普段の生活でも、身体を冷やさない工夫が必要です。次のことを心がけましょう。

・日頃から防寒を心がける

・手足を冷やさないようにカイロを持つ

・外出時に手袋を付ける

・冷水を使わない

・疲労やストレスをためない

・禁煙する

タバコには血管収縮作用があり、血流障害を起こす可能性があります。そのため、禁煙をおすすめします。

まとめ

レイノー症候群は、早期発見・早期治療が大切な病気です。

「自分は冷え症だ」と思い込んでいる人の中にも、実はレイノー症候群にかかっている人がいるかもしれません。気になる症状があれば、早めに医療機関で診察を受けましょう。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
コメント(オプション):

関連記事

  • LINEで送る

お近くの内科を検索!

ネット受付・予約もできる

病院検索サイト

ご自宅や職場の近くで内科を探したいときは、検索サイト『EPARKクリニック・病院』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を確認することができます。

EPARK
  • 科目をしぼって簡単検索♪
  • 充実の医院情報満載!
  • 待ち時間を削減!Web受付にも対応!

内科一覧へ!