プール熱を大人が発症した場合の症状は?会社に出勤してもいいの?

プール熱 大人
  • LINEで送る
岡村 信良

監修

医療法人 小田原博信会 久野銀座クリニック

医療法人 小田原博信会 小田原銀座クリニック

理事長: 岡村 信良 先生

【職務経歴】
平塚共済病院
小田原銀座クリニック
久野銀座クリニック

プール熱は子どもの病気だと思われる方も多いと思いますが、大人がかかることもあります。

プール熱はその名の通り、プールの水で感染することが注目され、名づけられた病気です。ちなみにプールが塩素消毒されているのはこのプール熱に感染するのを防ぐためです。

この記事では、大人がプール熱を発症した場合に出る症状や、感染経路、対処法についてご紹介しています。

大人もかかるプール熱について

大人もかかるプール熱

1.プール熱とは

プール熱の正式な名前は 『咽頭結膜熱(いんとうけつまくねつ)』といいます。

5歳以下の子どもが患者の約7割を占めます。感染者は6月頃からだんだん増え始め、7~8月がピークとなります。プール熱は、『アデノウイルス』に感染することで発症します。

2.大人の感染経路は子供からの二次感染が多い!

アデノウイルスの感染経路は、『接触感染』と『飛沫感染』です。

大人の場合は、プール熱を発症した子どもからの二次感染が多く、プール熱を発症した子供が触った場所や、寝具やタオルの共用便や嘔吐物の処理中にも感染することがあります。

一度プール熱にかかってしまうと、症状が治ってからも2~4週間ほどウイルスが排出されるので注意が必要です

大人がプール熱にかかった場合の症状と対処法

大人がかかった場合は、子供もよりも比較的軽症ですむことが多いです。

1.軽度の場合の症状

大人がプール熱を発症すると子どもと同じで38℃以上の高熱咽頭炎結膜炎の症状が出てきます。

これら3つすべての症状が出る場合もありますが、このうちどれかが発症することもあります。

2.重度の場合の症状

発症割合は少ないですがプール熱にかかってしまったときに、胃腸炎、呼吸器感染症、膀胱炎などの重い疾患につながることもあります。

このような疾患につながると、治療期間が長くなることもあります。

3.抗生剤は効かない!自然治癒をまつ

まずは、喉の粘膜や目やにを綿棒でこすりとって、抗原の有無を検査します。アデノウイルスが原因であれば、抗生剤は意味がないため、自然に治るのを待ちます。

しかし、高熱が続くので脱水症などにならないよう、水分をこまめに摂りましょう。

かつては、アデノウイルスを検査で特定することができなかったため、熱があり喉が赤い場合、まずは抗生剤を投与して経過を見ることもありました。

仕事はどうすればいいのか

元気に出勤

1. 大人は出席停止の義務がない

子供であれば、『学校保健安全法』により主要症状が治まったあと2日間は出席停止と定められていますが、大人は義務的な規定はありません

症状が重い間は安静にして、症状が治まれば仕事は可能です

2.症状が治まってから2週間は感染対策を!

症状自体は3~5日で治まりますが、そこから2週間は他人にうつしてしまう恐れがあるのでマスクを着用し、咳やくしゃみをした際に周りに拡げないようにしましょう。

咳をあまりしないように、うがいをすることをおすすめします。

3.タオルやお風呂の共用には注意を!

タオルの共用

タオルやお風呂の共有はしないでおきましょう。

もし寮や旅館などで同じお風呂に入る場合には最後に入るようにしましょう。

まとめ

アデノウイルスは非常に強い感染力を持つウイルスで、接触感染や飛沫感染で発症してしまいます。

大人は子どもの看病から感染することが多いので、看病する際には、二次感染の対策はしっかり行いましょう。

関連記事

  • LINEで送る

お近くの内科を検索!

ネット受付・予約もできる

病院検索サイト

ご自宅や職場の近くで内科を探したいときは、検索サイト『EPARKクリニック・病院』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を確認することができます。

EPARK
  • 科目をしぼって簡単検索♪
  • 充実の医院情報満載!
  • 待ち時間を削減!Web受付にも対応!

内科一覧へ!