イボができる!尖圭コンジローマの症状や治療法。潜伏期間はどれくらい?

尖圭コンジローマ
  • LINEで送る
林高太郎

監修

医療法人社団さくらライフ

林高太郎 先生

埼玉医科大学 卒業 医師国家試験予備校講師、麻酔科フリーランスなどを経て、 現在は総合診療をおこなっている。

『尖圭(せんけい)コンジローマ』は、性行為の経験があれば、誰でもかかる可能性があります。

性感染症の中でも患者数の多い病気で、10代後半~30代の若い世代への感染が多いです。

この記事では、尖圭コンジローマの症状や、手術などの治療法について解説します。

尖圭(せんけい)コンジローマとは

1.尖圭コンジローマって?どんな病気?

尖圭コンジローマ

『尖圭コンジローマ』は、『HPV』というウイルスに感染し、イボのできる病気です。HPVは、『ヒト乳頭腫ウイルス』とも呼ばれます。放っておくとイボが大きくなり、数が増えることも多いです。

また、再発しやすい病気でもあり、しっかりと治療に取り組む必要があります。

2.尖圭コンジローマの原因

尖圭コンジローマは、性行為によって感染します

接触するとHPVが皮膚や粘膜の傷から入り込む

HPVに感染している人と接触することで、HPVが皮膚や粘膜の小さな傷から侵入し、感染します。

感染しても、症状が出ないことも

とはいえ、ウイルスに感染した人全員が発症するわけではありません。ウイルスが潜伏していて、症状が出ない人も一定数います。

症状が出ない人の90%は、免疫の働きによりウイルスを除去しています。

3.尖圭コンジローマの潜伏期間は?

尖圭コンジローマ

尖圭コンジローマの潜伏期間は、3週間から数ヶ月です。

男女ともに、潜伏期間は症状があらわれません。そのため、潜伏期間が過ぎ、症状が出てから感染に気づくことがほとんどです。また、いつ感染したかわからないことも多いです。

4. 尖圭コンジローマにかかったときの症状

感染した皮膚や粘膜にイボができる

潜伏期間を過ぎると、感染した皮膚や粘膜にイボのような突起や隆起ができます

男性は、陰茎や肛門周囲などに発症します。女性は、陰部や肛門周囲、また膣内や子宮頸管にも症状がみられます。

尖圭コンジローマ

自覚症状が少なく、特に女性は気づきにくい

軽い痛みやかゆみなどの違和感を覚えることもありますが、自覚症状が少なく、特に女性は気づきにくいです。

のどに発症すると、口腔がんを発症することも

また、尖圭コンジローマをのどに発症すると、『口腔がん』を発症する可能性もあります。

尖圭コンジローマの治療法とは?

1.何科を受診すべき?

尖圭コンジローマ

男性は泌尿器科や皮膚科、女性は産婦人科へ

男性の場合は、『泌尿器科』や『皮膚科』の受診をおすすめします。女性は膣や子宮頚部にも発症している可能性があるので、『産婦人科』を受診するとよいでしょう。

まずは内科で相談してもOK!

また、気になる症状があり、医師に相談したいという場合は、近くの内科を受診しても構いません。

相手が分かっていれば、男女ともに受診することをおすすめ

潜伏期間を経て発症したら、検査によって、病名を診断することができます。感染した相手が分かっている場合は、男女ともに受診することをおすすめします。

2.手術による治療

尖圭コンジロ―マ

男女ともに、基本的には手術が必要です。

手術にはさまざまな方法があり、イボのできている部位や数などに合わせて治療法を選択します。おもな手術は、次のものがあげられます。

凍結療法

マイナス196度の液体窒素で、イボを凍らせて取り除く手術です。

電気焼灼(しょうしゃく

電気メスで、イボを焼き切る手術です。

レーザー治療

炭酸ガスレーザーによって、イボを取り除く手術です。

外科的切除

イボを周囲の皮膚ごと、直接切除する手術法です。

3.薬による治療

手術による治療が基本ですが、発症している部位によっては、塗り薬を処方されることもあります。

また、再発の可能性を低くするために、ウイルスに対する免疫力を高める治療法もあります。こちらも、塗り薬が処方されます。

4.尖圭コンジローマは再発する可能性が高い!

尖圭コンジローマは、再発する可能性が高い病気です。

イボを取り除いても、2割~5割ほど再発する可能性があります。そのためイボの大きさによっては、周りの皮膚も切除することがあります。

しかしそれでも、再発を完全に防ぐことはできません。

尖圭コンジローマの予防や、かかったときの注意点

尖圭コンジロ―マ

1.尖圭コンジローマを予防するには?

性器を清潔に保つ

男女共に、性器を清潔に保つことが大切です。衛生面に問題があると、尖圭コンジローマを発症しやすく、ほかの病気にかかる可能性も高まります。

コンドームの使用も予防に

また、コンドームを使用することも予防になります。しかし、感染を100%防げるわけではありません。

2.尖圭コンジローマにかかったら…注意すること

イボができていることに気づいたら、早めに病院へ行きましょう。

また、尖圭コンジローマにかかったら、極力性行為は控えることをおすすめします。

まとめ

尖圭コンジローマは、男女ともに発症する可能性があります。

違和感があれば早めに医療機関へ!

性器や肛門周囲にイボがあらわれますが、自覚症状が少なく、感染に気づきにくいのが問題の病気です。疑わしい症状があれば、早めに医療機関を受診しましょう。

尖圭コンジロ―マは感染も再発もしやすい

また、尖圭コンジロ―マは、感染しやすく、再発しやすい病気でもあります。パートナーにも感染している可能性があるので、病院の受診をすすめましょう。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
コメント(オプション):

関連記事

  • LINEで送る

お近くの泌尿器科を検索!

ネット受付・予約もできる

病院検索サイト

ご自宅や職場の近くで泌尿器科を探したいときは、検索サイト『EPARKクリニック・病院』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を確認することができます。

EPARK
  • 科目をしぼって簡単検索♪
  • 充実の医院情報満載!
  • 待ち時間を削減!Web受付にも対応!

泌尿器科一覧へ!