放置は厳禁の高血圧!医師が解説する病気の原因・症状と対策

高血圧
  • LINEで送る

監修:簡野晃次医師

本当はコワイ高血圧

血管ボロボロ、合併症を招く

血圧とは、血液が流れる時に血管の内壁にかかる圧力のこと。心臓が収縮して全身に血液を送り出すときにかかる圧力を最高血圧(収縮期血圧)、心臓が拡張して血液が心臓に戻ってくるときの圧力を最低血圧(拡張期血圧)といい、何回か血圧を測ってみて、その平均値が最高血圧140mmHgまたは最低血圧90mmHg以上になると高血圧とみなされます。

高血圧になっても初期の頃はあまり自覚症状がないため、検診などで高血圧といわれても治療しないで放っておく人も少なくないようです。しかし、高血圧の状態が長く続くと、血管に負担がかかって血管がボロボロになったり、脳卒中や心筋梗塞などの生活習慣病を招きやすくなります。

高血圧の原因

高血圧は、「本態性高血圧」と「二次性高血圧」という2つのタイプがあり、90%以上は本態性高血圧です。この本態性高血圧原因ははっきりわかっていませんが、食塩の取りすぎや肥満、ストレス、喫煙習慣、遺伝的な体質などが誘因となるといわれています。

また、年をとるにつれて血管が硬くなって弾力がなくなり、血液中にコレステロールや中性脂肪が過剰になることによって血管の内部が狭くなり、血液が流れにくくなる動脈硬化は、高血圧と深い相関関係にあります。

また、二次性高血圧は、慢性糸球体腎炎などの腎臓病や、クッシング症候群などの病気の影響で血圧が高くなります。

心臓や脳、腎臓に合併症が起きやすい

合併症の一例

高血圧が続くと、心臓や脳、腎臓などの全身の内臓の血管が傷んできます。そのうえに動脈硬化や糖尿病、肥満(特に内臓脂肪肥満)などを合併していると、たとえ個々の病気の症状は軽くても、狭心症や心筋梗塞などを起こしやすくなります。

また、高血圧に加えて脳の動脈硬化が進むと、脳出血や脳梗塞などの脳血管障害が起こりやすくなります。

さらに、高血圧を治療しないで放置していると、腎臓の働きがどんどん低下してきます。まず、腎臓に細い動脈が硬化して腎硬化症となり、進行すると腎臓全体が硬く小さくなって腎機能が低下し、腎不全や尿毒症を引き起こしやすくなります。

ほかに、高血圧があると糖尿病が悪化したり、網膜症を合併して出血がおきたり、失明したりすることもあります。

高血圧の症状

上でご説明したように、高血圧の初期にはほとんど自覚症状がありませんが、高血圧が進行したり、合併症が起きたりすると、頭痛や頭重、肩こり、動悸、めまい、耳鳴り、息切れなどの症状がみられます。このような症状があるときは、早めに病院へ行って医師の診察を受けましょう。

治療の基本は食事療法

主な治療は食事や生活習慣の改善、薬物療法

高血圧を治療するには、二次性高血圧の場合は、血圧を上げる原因となっている病気の治療を行います。

本態性高血圧の場合は、心筋梗塞などの心臓病や、脳卒中、腎臓病など高血圧が引き金となる合併症を予防するのが治療の目的です。もしすでにそれらの病気になっていれば、すぐに合併症の治療を開始しなければなりません。

成人における血圧の分類

血圧の分類

合併症を予防するために、血圧をどの程度まで下げたらよいかというと、収縮期血圧(最大血圧)が140mmHg以上、または拡張期血圧(最小血圧)90mmHg以上の状態が続く場合が治療開始の目安だとされています。

また、40歳以下の人や 脳卒中や心筋梗塞の原因になる糖尿病や腎臓病の持病がある人の場合、基準がもう少し厳しく、収縮期血圧130mmHg以上、あるいは拡張期血圧85mmHg以上であれば治療が必要と考えられます。

また、たんぱく尿が1日に1g以上出る場合には、125/75mmHg未満にすべきだとされています。

高血圧を改善する治療法には、食事や運動、生活習慣の改善などの一般療法と、薬物療法があります。どんな治療法を選ぶかは、定期的に血圧を測定し、様子を見ながら主治医と相談して決めましょう。

血圧が140/90mmHg未満になるよう3ヵ月ほど一般療法を行っても血圧が下がらなかったら、降圧剤や利尿剤などの薬物療法を併用します。

至適血圧 <120かつ<80
正常血圧 <130かつ<85
正常高値血圧 130~139または85~89
軽症高血圧 140~159または90~99
中等症高血圧 160~179または100~109
重症高血圧 ≧ 180または≧ 110
収縮期高血圧 ≧140かつ<90

※数字枠内の左:収縮期血圧、右:拡張期血圧

日常生活で気をつけること

軽度から中等度の高血圧なら、食事と運動、生活習慣の改善だけで薬物に頼ることなく血圧が下がる例が少なくありません。ぜひ実行してみましょう。

食塩の摂取は1日7~8g以下に

高血圧を改善するには、食事療法がカギを握っています。もっとも重要なのは食塩の摂取量を減らすことです。食塩の主成分であるナトリウムをとりすぎると、血液の量が増えて血圧が上がってしまうからです。

日本人の1日の平均食塩摂取量は12~13gですが、高血圧の人は、1日7~8g以下にするよう心がけましょう。

過食やアルコールを控える

肥満や糖尿病も高血圧に悪影響を与えるので、それらの病気を改善することも大切です。過食によって、体内にコレステロールや中性脂肪を蓄積させ、動脈硬化を進行させるため、肥満気味の人は標準体重までダイエットすることが望ましいといえます。

また、栄養のバランスをよくし、1日3食を規則正しく食べるようにしましょう。適量のアルコールはストレス解消になりますが、量が多いと血圧を上げてしまいます。

ですから、日本酒なら1日に1合、ビールなら中びん1本程度に留めて、それ以上飲みすぎないようにしましょう。

適度な運動を

適度な運動、特にウォーキングなどの有酸素運動をすることによって、血圧を下げたり、コレステロールを減少させたりする効果があり、ストレス解消にも効果的です。ただし、急に激しい運動をすることはかえって危険な場合もあるので、運動をする際は主治医に相談しましょう。

温度差があるところでは保温に注意

室内など暖かい所から寒い戸外へ出ると、急激に血圧が上がり、心筋梗塞や脳出血のリスクが高まります。高血圧の人が外出する際は、軽くて保温性に富んだ衣類を着て、手袋、マフラー、帽子なども活用して寒さから身を守りましょう。

睡眠を十分にとり、過労を避ける

心身の疲労回復にはしっかり睡眠をとることが大切です。睡眠中は血圧が下がり、高血圧によって傷ついた血管も修復されます。早寝早起きして、生活のリズムを整え、十分な睡眠時間を確保するようにしましょう。

入浴はぬるめの湯に

暖かい部屋から急に寒い脱衣室やお風呂場に行くと、血圧が上昇しやすくなります。また、お風呂のお湯が熱いと、血圧の乱高下を招きます。

このように血圧が急激に上がったり下がったりすることは、脳出血や心筋梗塞の誘因になるので、入浴の際はあらかじめ脱衣室やお風呂場を暖めておいたり、38~40度ぐらいのぬるめの湯にゆっくりと入るようにしましょう。

禁煙を実行する

タバコの主成分であるニコチンは、血管を収縮させて血圧を上昇させます。また、タバコに含まれる一酸化炭素などの化学物質は、血管の内壁を痛めるといわれており、心筋梗塞や脳卒中などを招きやすくなります。

関連記事

  • LINEで送る