心臓病などを招く高脂血症!医師が教える食事などの予防法や、治療法

高脂血症
  • LINEで送る

監修:簡野晃次医師

知らないうちに進行する動脈硬化

高脂血症とは、血液中の脂質が過剰になる状態

高脂血症を患った場合の例

検診などで血液検査をした結果、コレステロール値や中性脂肪値が高いと言われたことはありませんか?コレステロールと中性脂肪は、脂質つまり脂肪分のことで、血液中のコレステロールや中性脂肪が過剰な状態のことを高脂血症といいます。

コレステロールは、血液中や脳、神経組織、副腎などに多く存在し、細胞を構成する細胞膜や副腎皮質ホルモン、胆汁酸などの原料となります。

一方、中性脂肪は、食べ物から活動のエネルギー源を確保できない時に備えて蓄えられるエネルギーとして、皮膚の下(皮下脂肪)や内臓の周り(内臓脂肪)に多く存在し、皮下脂肪には体温を保つ働き、また内臓脂肪には外部からの衝撃から内臓を守る働きもあります。

このように、体の中で重要な働きをし、必要不可欠なコレステロールと中性脂肪ですが、多すぎると血液がドロドロになり、血管の内壁に溜まってどんどん血管内部が狭くなり、血液が流れにくくなる動脈硬化が進行します。

高脂血症も動脈硬化も自覚症状がないため、ついつい放っておきがちですが、動脈硬化が進むと、心臓や脳の大きな血管の血流が悪くなったり、血管が詰まったりする狭心症や心筋梗塞、脳梗塞などを発病する可能性が高くなります。

心筋梗塞や脳梗塞になると、生命に危険が及んだり、半身マヒなどの後遺症が残ったりするため、これらの病気を予防するには、まず高脂血症を予防・改善しなければなりません。

高脂血症の診断基準

善玉・悪玉コレステロールの違い

コレステロールにはHDLコレステロール(善玉)とLDLコレステロール(悪玉)があります。HDLコレステロールは、動脈内壁に付着したLDLコレステロールを回収し、動脈硬化を防ぐ役割を果たしています。高脂血症にはいくつかのタイプがあり、以下の値を基準に診断されます。

高脂血症のタイプ 血清脂質 異常値
高コレステロール血症 総コレステロール 220mg/dl以上
LDLコレステロール 140mg/dl以上
高中性脂肪血症 中性脂肪 150mg/dl以上
低コレステロール血症 HDLコレステロール 40mg/dl未満

食事や運動不足などが原因

高脂血症の原因は、食事や運動不足、遺伝的な体質など。卵やレバー、ウニなどコレステロールの多い食べ物や動物性脂肪の多いものが好きな人がコレステロールが高くなりやすいようです。

また、甘いものやアルコール、ごはんなど糖質が多いものを好む人は中性脂肪が高くなりやすいようです。

血液をサラサラにするには?

高脂血症の治療法は?

高脂血症改善の治療例

高脂血症の治療の目的は、コレステロールや中性脂肪の値を改善すること。コレステロール値や中性脂肪値がそれほど高くない軽度や中等度の高脂血症であれば、普通は2、3カ月程度、食事や生活の改善、運動療法を続ければ、正常値、または目標値まで下がってきます。

しかし、食事療法がうまくいかないなどの理由でなかなか改善できない場合や、総コレステロール値が240mg/dl以上、LDLコレステロール値が160mg/dl以上、中性脂肪が170mg/dl以上あるような場合は、薬も服用することがあります。

また、高脂血症以外に糖尿病や肥満、高血圧、心臓病などの病気を持っている場合や、喫煙、年齢(男性45歳以上、女性閉経後)など動脈硬化を進行させやすい他の要因がある場合は、治療を始める基準値が厳しくなります。

高脂血症の防ぐには?

高脂血症を予防・改善するポイントは次のようなものです。

1.栄養のバランスのよい食事をし、コレステロールの多い食品は控えめに

コレステロールの多い食品や、動物性脂肪の多い食品を食べ過ぎないようしましょう。また、甘いものやアルコール、炭水化物を摂りすぎると中性脂肪が増加します。野菜やキノコ類、海藻類など、いろいろな食材をバランスよく食べるようにしましょう。

また、アジ、サバ、サンマなど背の青い魚の脂には、コレステロール値を低下させる働きがあるといわれています。蒸し焼きなどにして食べるとよいでしょう。大豆油やサフラワー油、ゴマ油などに含まれるリノール酸もコレステロールを低下させるといわれています。ただし、摂りすぎると反対にコレステロール値が上昇するので注意しましょう。

コレステロール値を上げる食品

ウニ、イカ、たこ、いくら、タラコ、レバー、鶏卵、うなぎ、バター、アイスクリーム、洋菓子など。

コレステロール値を下げる食品

魚(アジ、サバ、サンマなど)、野菜、キノコ類、豆類、海藻、くだもの、植物油など。

2.1日の適正カロリーを守る

自分の適正カロリー以上に食べ過ぎて、肥満気味になってくると、高脂血症や糖尿病などを発病する危険が高まります。また、食事の時間が不規則だったり、夜遅く食事したりすると太りやすくなるので注意しましょう。

肥満傾向にある人は、減量するだけでコレステロールや中性脂肪の値が改善するので、現在の体重の5~10%程度を目標に体重を減らしましょう。

3.禁煙しよう

喫煙は、動脈硬化を進行させる大きな原因となります。また、肺がんなどさまざまな病気や肌の老化なども招きます。

4.適度な運動をする

ウォーキングなどの有酸素運動を最低週3回、1回20~30分程度行うと、コレステロールや中性脂肪値が改善します。

関連記事

  • LINEで送る