女性ホルモンは年齢により変化する!3つのステージと卵巣の機能

女性ホルモンのステージ
  • LINEで送る

監修

霞ヶ関土居美佐クリニック

院長: 土居 美佐 先生

1991年3月 大分医科大学(現 大分大学)医学部医学科 卒業
東京大学医学部付属病院 産婦人科学教室研修医、 愛育病院を経て、
東京労災病院産婦人科医長、 東京厚生年金 病院産婦人科医長に就任。
2008年8月 霞ヶ関土居美佐クリニックを設立

このコラムを読んでくださっている皆さんは、ご自分が「女性ホルモンのステージ」のどこに位置しているのか意識された事があるでしょうか。「女性ホルモンのステージ」という言葉自体あまり聞き慣れない言葉かもしれません。

女性ホルモンは月経周期だけではなく、年齢に伴ってダイナミックに変化します。女性ホルモンが変化する時期により、大まかに3つのステージに分けることができます。

女性ホルモンのステージと月経(性)周期

1.初潮の始まり

女性ホルモン

日本人女性の初潮(始めて月経がおきる)年齢は大体 11 歳ぐらいです。月経が始まるということは、からだのなかで卵巣から女性ホルモンが分泌され、排卵が始まった証拠なのです。初潮以降は女性ホルモンは徐々に分泌量が増えてきますが、数年は不安定な時期が続きます。

その結果、思春期の月経は不順傾向となります。

例えば、婦人科の外来診療を担当しておりますと、高校生の患者さんとお母様が来院されて「初潮はきたが、不順で次の生理がいつくるのか分からない。出血量が多かったり少なかったりする。」といった内容のご心配をよく聞きます。

先に書きましたように、初潮後の数年間は女性ホルモンの分泌は不安定で、排卵もあったりなかったりするので、思春期の生理不順はあまり心配ありません。

2.性成熟期

女性ホルモン

女性ホルモンの分泌は18歳位で安定します。個人差はありますが、ほとんどの女性は遅くても25歳までには安定します。その後は30歳代後半まで卵巣機能はピークを迎え、女性ホルモンの分泌は充実し安定したステージを迎えます。この時期が性成熟期です。

女性ホルモンの分泌が充実しているはずの性成熟期の生理不順は思春期の生理不順と意味合いが異なります。この時期に、月経周期が25日から38日の間から外れる女性は、排卵や女性ホルモンの分泌がうまく行われていない可能性が高いのです。

ちなみに月経周期というのは、生理の1日目から次の生理が始まる前日までの日数のことです。

3.閉経

女性ホルモン

閉経を迎えると卵巣機能は完全に停止し、女性ホルモンの分泌と排卵が行われなくなり生殖機能が失われます。閉経以降は再び女性ホルモンが分泌されたり排卵したりということはありません。閉経してから5年以上経過すると、心身は女性ホルモンがない状態に適応し始めるので更年期症状は軽快し、しだいに消失します。

このように、女性の一生は女性ホルモンと共にあると言っても過言ではありません。そして、女性に特有の心身の変調は、この女性ホルモンのステージのダイナミックな変化によって引き起こされます。

したがって、女性ホルモンの変化とそれに伴う心身の変調を理解しておくことは、健康管理だけではなく、女性の人生設計にとっても大変有意義な事だと言えます。

まずは、自分が女性ホルモンのどのステージに位置しているのかを知ることから始めてみましょう。そして、月経のある方は、ご自分の月経(性)周期がわかりますか?今日は月経周期のどのあたりになるかわかりますか?ご自身の女性ホルモンを知ることが、体調管理の第一歩になります。

卵巣の機能とは

1.女性ホルモンの分泌と排卵をする機能がある

卵巣の機能とは、女性ホルモンを分泌することと排卵をすることのふたつです。卵巣の機能が悪いということは「女性ホルモンの分泌が悪い」「排卵していない」の両方、あるいは片方を意味します。もちろん両方のほうが病状的にはより重いわけです。女性ホルモンの分泌レベルを知るためには血液検査で、排卵の有無を知るためには基礎体温を計測することでわかります。

次回は女性ホルモンの役割、周期的な変動、お肌へ影響に関してお話したいと思います。

<次回記事を読みたい!>
女性ホルモンが肌へ与える影響と効果的なスキンケアの時期とは!医師が解説

関連記事

  • LINEで送る

お近くの婦人科を検索!

ネット受付・予約もできる

病院検索サイト

ご自宅や職場の近くで婦人科を探したいときは、検索サイト『EPARKクリニック・病院』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を確認することができます。

EPARK
  • 科目をしぼって簡単検索♪
  • 充実の医院情報満載!
  • 待ち時間を削減!Web受付にも対応!

婦人科一覧へ!