医師が教える!糖尿病の症状、事前の予防方法と治療の仕方

糖尿病
  • LINEで送る

監修:簡野晃次医師

やたらとのどが渇いたり、頻繁にトイレに行ったりしませんか?

成人の10人に1人は糖尿病

厚生労働省の調査によると、糖尿病の人は全国で約740万人、予備軍も含めると約1620万人。40歳以上の10人に1人が糖尿病といわれています。

糖尿病の発病には食べ過ぎや飲みすぎ、運動不足などが大きく関係しているといわれ、食生活が欧米化して豊かになったことや、車社会になって歩く機会が減ったことなどによって患者数は年々増加しており、まさに飽食の時代の国民病といえます。

インスリンが不足して血糖値が高い状態が続く病気

糖尿病とは、すい臓から分泌されるインスリンというホルモンの量が不足したり、働きが悪くなったりして、血糖(血液中のブドウ糖)値が高くなる病気です。

食事から摂取した炭水化物は体内でブドウ糖に分解されるため、血糖値が高くなります。するとインスリンが分泌され、ブドウ糖がエネルギー源として全身の細胞に取り込まれるのを助けたり、余ったブドウ糖をグリコーゲンとして肝臓へ貯蔵したりします。その結果、血糖値は低くなります。

ところが、インスリンの分泌量が不足したり、正常に働かなくなったりすると、細胞がブドウ糖をエネルギーとして取り込むことができなくなり、血糖が高い状態が続いてしまうのです。

血糖値

血糖値の正常値は、早朝空腹110mg/dl以下、食後の最も高い時で140mg/dl以下ですが、糖尿病型(糖尿病の可能性が高い)になると、早朝空腹時126mg/dl以上、ブドウ糖負荷後2時間値が200mg/dl以上になってしまいます。

重症になると早朝空腹時200mg/dl、食後血糖値が300~500mg/dl程度まで上がってしまうこともあります。

悪化すると末梢神経、網膜、腎臓に合併症がおきる

糖尿病の初期にはほとんど自覚症状がありませんが、血糖が高い状態が続くと、やたらとのどが渇く、しょっちゅうトイレに行く、全身がだるい、疲れやすい、食べているのに体重が減る、などの症状が現われます。

きちんと治療して血糖値をコントロールしないと、だんだん糖尿病が進行し、末梢神経や自律神経がおかされて手足のしびれや痛み、感覚の低下や消失、筋力低下などの症状があらわれます。

これは糖尿病(性)神経障害という糖尿病の合併症の1つです。ほかに、目の網膜の血管がおかされて最悪の場合は失明する糖尿病(性)網膜症、腎臓がおかされ、やがては腎不全を起こして人工透析が必要になる糖尿病(性)腎症などの合併症が起こります。

糖尿病の薬物療法

1型糖尿病と2型糖尿病

糖尿病には、1型糖尿病と2型糖尿病の2つのタイプがあります。

糖尿病の分類

飲み薬で血糖値が下がらない場合はインスリン療法を

糖尿病、特に2型糖尿病の治療では、食事療法と運動療法が基本です。けれども、それだけでは血糖値が下がらないときは、薬物療法も併せて行います。

薬物療法には、血糖降下剤などを服用する方法と、インスリン療法があります。血糖値がそれほど高くない場合は、食事療法と運動療法に加えて飲み薬を服用するだけで血糖をコントロールできます。しかし、血糖値が高い場合や、妊娠中またはその可能性がある場合などは、インスリン療法を行います。

また、1型糖尿病はほとんどインスリンが分泌されないので、インスリン注射によってインスリンを補わなければなりません。

1日1~4回注射するインスリン療法

インスリン注射は、1日1~4回、毎日自分で注射するもので、注射器の扱い方や注射のやり方を指導すれば子どもでも簡単に注射を打つことができます。注射に使うインスリン製剤には、効き目が現われるまでの時間や、効き目が持続する時間の長短によってさまざまなタイプがあります。

インスリン製剤のタイプや量、1日に何回打つかなどは、血糖値や健康状態、生活スタイル、年齢などに応じて処方されます。

血糖値の自己測定が必要

血糖値は、健康状態や食事の内容、運動量などによって、1日のうちでも変動します。そのため特にインスリン療法を行っている場合は、毎日血糖値を測り、血糖値の増減をきちんと把握しておかなければなりません。

そうすることによって、インスリン製剤や食事の量を調整して血糖値をコントロールすることができます。

食事療法と運動療法が大切

糖尿病の食事療法

糖尿病の場合、食事療法が治療の大きな柱となります。食事療法を始めるにあたって、まず年齢や性別、体重、1日の活動量などをもとに1日に必要な栄養所要量(kcal)を決め、1日の摂取エネルギーがそれを超えないようにメニューを決めていきます。

その際、「糖尿病食事療法のための食品交換表」(日本糖尿病学会作成)を使うと便利です。

これは、基本的な食品を炭水化物の多い食品、たんぱく質の多い食品など6つの食品群と調味料に分類し、全部の食品について80kcalを1単位として重さと目安量を示したもので、この分類に基づいて食品をバランスよく組み合わせることによって、栄養の偏りをなくし、糖分やエネルギーの摂りすぎ、または不足を防ぐことができます。

同じ量の糖質ならGI値の低い食品を食べよう

また、食品交換表の分類法や使い方をマスターしたら、GI(Glycemic Index=グリセミック・インデックス。血糖上昇係数)値にも注目してみましょう。低インシュリンダイエットでおなじみのGI値は、もともと糖尿病の食事療法のために研究されたもので、同じ量の糖質ならGI値の低い食品を食べた方が食後の血糖値の上昇がゆるやかで高血糖の状態を少しでも防ぐことができます。

食品のGI値

一般的に、白パンなど精製されたものより、精製度の低い全粒粉パンなどの方が、GI値が低くなります。また、柔らかくて消化吸収の早い食品はGI値が高く、半固形・固形のものは低い傾向にあります。

糖尿病の運動療法

一日の運動量

糖尿病の治療では、運動療法も重要です。毎日適度な運動を行うことで、インスリンの働きをよくしたり、エネルギーを消費して体脂肪を減らしたり、心臓や肺など内臓の働きを活性化させたりします。また、骨粗しょう症の予防にも役立ちます。

1日の運動量は、1日の摂取エネルギーの10%程度を消費することを目安にしましょう。

たとえば、有酸素運動のウォーキング(70m/分で40分行えば120kcal消費)や、ストレッチ(10分・40kcal)など柔軟性や調整力を養う運動、筋力トレーニング(10分・40kcal)などをバランスよく組み合わせ、1日30~60分ほど運動するとよいでしょう。

ただし運動する前に、どんな運動をどの程度行ってよいか、健康状態を検査し、主治医とよく相談してから始めましょう。

糖尿病を防ぐには?

2型糖尿病は、食べ過ぎやアルコールの摂り過ぎ、肥満、運動不足、ストレスなどが発病の引き金となります。糖尿病にならないようにするためには、次のようなことに気をつけましょう。両親や兄弟、祖父母などに糖尿病の人がいる場合は、特に注意が必要です。

エネルギーを摂り過ぎない

エネルギーを摂り過ぎたり、炭水化物や糖分が多すぎたりするような食生活を続けていると、血糖値の高い状態が続いて糖尿病を発病しやすくなります。また、エネルギーの摂り過ぎで肥満してしまうとインスリンの働きが悪くなり、糖尿病の誘因となります。

そのため、1日の栄養所要量を守り、たんぱく質や野菜、海藻類などもバランスよく食べることが大切です。今現在肥満している人は、体重を落とす努力をしましょう。

アルコールを飲みすぎない

アルコール飲料には糖分が多いものもあり、アルコールを分解するのにインスリンが使われたり、燃焼しやすいアルコールから先に燃えて、炭水化物や中性脂肪の分解が遅れたりします。

そのため、アルコールをたくさん飲み続けていると血糖値や中性脂肪値が上昇し、糖尿病や肥満を招きやすくなります。1回に飲む量は日本酒なら一合程度、ビールなら500mlぐらいに留めるのが理想的です。

1日3食、できるだけ規則正しい時間に食べる

食事を抜いたり、食事の時間が不規則だったりすると、血糖値の増減が激しくなってしまいます。

また、1日2食だと1回あたりの食事量が多くなりがちで、食後の高血糖や肥満を招きやすくなります。

ストレスをためない

ストレスも糖尿病の発病に関係するといわれています。ストレスは早めに解消して、心身の疲れをためないようにしましょう。

適度な運動を

運動不足は糖尿病だけでなく、生活習慣病全般の危険因子。
運動する時間がない場合も、自宅から駅まで歩くなど、できるだけ体を動かす機会をつくりましょう。

喫煙を控える

喫煙も、糖尿病の危険因子の1つとされています。動脈硬化や心筋梗塞なども招きやすくなりますので、できれば禁煙を。

関連記事

  • LINEで送る