喫煙者は要注意!COPD(慢性閉塞性肺疾患)とはどんな病気?

COPD
  • LINEで送る

監修:蒲田三師会

喫煙者は要注意。別名「肺の生活習慣病」

風邪でもないのに咳が続く。ちょっとの階段の上り下りで息切が切れる。COPDは、肺への空気の出し入れが慢性的に悪くなり、ゆっくりと悪化していく病気。「肺の生活習慣病」ともいわれています。

COPDとはどんな病気

COPDは、慢性閉塞性肺疾患という肺の病気です。タバコや有害なガス、粒子を吸い込み続けていると肺に慢性的に炎症が起こり、組織が死滅。肺への空気の流れが悪くなってしまうことから発症します。

COPDの発症メカニズム

階段を上っただけで息切れがしたり、咳やたんが毎日のように続くようならCOPDを疑いましょう。

とくに、喫煙歴のある人は要注意。COPDは別名「タバコ病」と呼ばれるほど、患者の90%以上が喫煙者だといわれています。

また、タバコを吸わなくても、化学工場に勤めていたり、幹線道路沿いに住んでいて、化学物質やホコリなどに日常的にさらされている人も注意が必要です。

COPDを放置しておくと…

COPDのやっかいなところは、炎症が続くことによって肺の組織が破壊されてしまうことです。一度破壊された組織はもう元には戻りません。

きちんと診断を受け、適切な治療を行わずに放置すると、そのうち日常生活も困難になり、心臓や消化器など、全身にトラブルが起こります。そして、さらに症状が重くなると、呼吸不全や心不全を起こし、最後には命を落とすこともあります。年々死亡者が増えているのも、この病気の特徴です。

禁煙が有効な治療法

COPDの治療は、それぞれの症状や重症度に応じて、呼吸を楽にする薬やリハビリテーション、酸素療法などが行われます。

COPDの原因が喫煙という人で、なおかつ軽症であれば、禁煙が有効な治療法となります。
咳やたんなどの気になる症状が続く人は、内科(呼吸器科)を受診して、詳しく検査を受けましょう。早期に治療に取り組むことで、将来大変な苦痛を味わわずにすむかもしれません。

COPDの推定患者数

関連記事

  • LINEで送る